2011年 01月 08日 ( 1 )   

今日は1月8日です~♪   

さて、何の日でしょう。
このブログをずっと読んでくださっている方がもしいらっしゃったら、その方はもうお分かりでしょう。なんたって、ブログをはじめてから毎年、1月8日にこのことを書いているのですから~。2007年の6月にブログを始めたので、今までに3回書いたことになりますね。さて、今年もしつこく書くことにしよう。

はい、きょうは、私の大好きなエルヴィス・プレスリーの誕生日でございます。私がエルヴィスのファンになったのは、忘れもしません、2005年の10月でした。8月末に興味を持ち、9月いっぱいファンになっていいものかどうか熟慮し、10月にはすっかりファンになっていました。なので、今年で6回目の誕生日を迎えたことになりますね。めでたい、めでたい。 誕生日にあわせて毎年開催されている「エルヴィス誕生日イベント」にも欠かさず参加していましたが、今年はあろうことか次女のミニバスのイベントと重なってしまい泣く泣く欠席します。残念だわ~。今年はあす1月9日に有楽町のよみうりホールで開催されますよ。これです。もし興味がある方は(いないと思うが)、足を運んでみてくださいね♪

さて、エルヴィスですが、いつも言っていることですが、日本では認知度が低いです。私の出身大学の東京での認知度と同じくらい低いかも(?) みんな名前は知っているんだけれど、「あの、太った人でしょ」くらいしか知らない。これも何度も言いますが、本当に太っちゃったのは、亡くなる前のほんの一年くらいだったんだから~。 エルヴィスのことを悪く言う人は、たいがい、「ビートルズみたいに作曲していない」とか「やすっちい映画にばかり出た」とか「ドーナツを食べ過ぎて太っちゃった」「ド派手な衣装を着て道化師みたいだった」とか言うんです。全く外れているとはいえない部分もたしかにあるにはあるけれど(でも、ドーナツは違うよ)、エルヴィスが後世に与えた影響力は計り知れないものがあると思うのです。今でも映画を見ているとよく「エルヴィスみたいな。。。。」というせりふが出てくるし、歌の歌詞にも出てくる。「エルヴィスみたい」といえば、とにかく華やかで大きくてみんなの憧れ、夢のような存在を表すのです。 Elvis という文字を見ただけで、ぱっと明るイメージが思い浮かぶ。そんな存在の人って他にいるでしょうか。 

Elvis に影響を受けたアーティストってたくさんいるけれど、私が知っている範囲の有名どころでは、ジョン・レノン、ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、U2のボノ ですかねえ。 あと、フー のロジャー・ダルトリーはテレビで(たぶん 「エド・サリバン・ショー」だと思います)、エルヴィスを見て、なんていかす顔だろう、なんてかっこいいんだろう、僕もあんなふうになりたいと思った人。フーのピート・タウンゼントが、そんな盟友ロジャーの体験と器量がが悪いと思っていた幼い頃の自分を重ね合わせて書いた「Real Good Looking Boy」という曲は、私も大好きで、歌詞の後半ではなぜか涙ぐみそうになったりもします。 「子供の頃に『あの顔』を見た。なんてハンサムな人だろうと思った。初めて自分の顔を鏡でまじまじと見て、僕だってあんな風になれると思った。母さんのところに行って、僕もあんなふうに空高く舞い上がるんだよと言った。すると母さんは、お前はぶさいくなんだよ。彼とは似ても似つかないよ。代々受け継がれた遺伝子のせいでそんなったんだよ。でも僕は君に出会い、ありのままでいいんだ、ありのままが美しいと知ったよ。君はかぐわしい香りと共に舞い降りてきて、僕の人生を明るくしてくれたよ。神は彼に美しい顔を与え、彼が僕にそれ以上のもを教えてくれた。そして愛しい君に出会えた。君のおかげで僕は僕自身がいかすやつだって思えるようになったよ」 
かなりの超訳ですが、大意はこんな感じだと思います。 

When I think back to the
first time in my childhood
When I saw that face
I thought right then,
'That's a real good looking boy'

I saw myself in the mirror
in profile
for the first time
I thought,
'Hey! That's a real good looking boy'

And I felt then
that I moved
With all those lucky fucks and angels
High in the theatre
In the sky

So I ran to my mother
I said,
'Mom - take a look at me
Have you ever seen a teen
Fly so high?'

That's a real good looking boy
That's a real good looking boy

She said,
'Son, well, you know,
you're an ugly boy.
You don't really look like him

In this long line
There's been some
real strange genes
You've got 'em all
You've got 'em all
With some extras thrown in'

That's a real good looking boy
That's a real good looking boy
That's a real good looking boy
That's a real good looking boy

Wise men say
Only fools, only fools rush in
But I - I can't help
Falling in love, in love with you

Now I'm here with you little darling
And you say, 'You're beautiful as you are'
And I've managed somehow to survive

You arrived in my life like a fragrance and
you help me find a way to laugh
Now I Know how so-called beauty lies

God gave him a face
Then he gave me something above
God gave me a grace
Man, he gave me your sweet, sweet, sweet love

You make me feel like I'm a real good looking boy
I feel I'm a real good looking boy
That's a real good looking boy
That's a real good looking boy

ここで言う、he や that face がエルヴィスのことだというのは曲のはじめと中間に『好きにならずにいられない』のメロディーが入っていることや、このライブ映像からもわかります。

本当に、ぐっとくる曲です。

エルヴィスの名前が出てきてぐっと来る曲として、これもあげておかなければ。 マーク・コーンの Walking In Memphis 。 1991年の曲だそうですが、今でもよくラジオでかかっています。「ブルースウェードシューズをはいて~」という出だしの歌詞は、もちろんエルヴィスのヒット曲「ブルー・スウェード・シューズ」にちなんています。 中盤では「エルヴィスの幽霊を見たよ。グレースランドまで追いかけていった」という歌詞が出てきます。 


76年前のきょうこの日にエルヴィスが生まれたからこそ、これらの名曲が生まれたんだなあ~、ということで長い日記を読んでくださってありがとうございました!

by oakpark | 2011-01-08 22:03 | ELVIS | Comments(4)