映画「イン・ハー・シューズ」(In Her Shoes 2005)   

e0123392_2116221.jpg


以前に一度レンタルし、最初のシーンだけ見て、「あ~今はこういう気分じゃないかも」と思い、見ずに返却してしまった映画。でもあちこちのブログで評判がいいようだし、レンタルショップでも常に何本か借りられている(これはひとつの目安です。みんな良い映画をよく知っている♪)ので、もう一度挑戦することにしました。

とてもよかったです!なんとなく、ありきたりの軽い映画かな~と思っていましたが、予想に反して何層にもネタが仕込まれた深みのある映画でした。 私はキャメロン・ディアスが同じようなキャラを演じていた「ホリデイ」よりこっちのほうがずっと好きでした~(これもよくレンタルされているが)。

性格の違う二人の姉妹の物語。
弁護士の姉I(トニ・コレット)は自分の容貌にコンプレックスをもっていて、なかなか男性に対しても積極的になれないタイプ。妹(キャメロン・ディアス)はスタイル抜群で、男性を誘惑するのもお手の物。ところが計算が苦手で難読症もあり、なかなか定職に就けない。ある日、また失敗をやらかして姉の家に転がり込んでいた妹が、姉の(やっとできた?)恋人を寝取ってしまう。完全に切れてしまった姉は妹と断絶宣言。妹は、それまで消息不明だった祖母(シャーリー・マクレーン)の居場所を調べて押しかけていく。祖母からニューヨーク行きの資金をせしめようとたくらんでのことだった。しかし、祖母が働く老人ホームの手伝いをするうちに、徐々に本来のやさしい心を取り戻していく。そして思うは姉のこと。一方姉のほうも新しい恋を手に入れ、私生活にゆとりが出来てくると妹を心配し始める。 二人の母の秘密。母と父、そして祖母の関係。老人ホームの住人たちの個性などがさりげなくうまく絡み合って、心温まる物語に仕上がっています。
そして、タイトルにもある靴がいいの! トニ・コレット演じる姉は靴の収集が趣味で、クローゼットの中にずら~っと並んだ靴が圧巻。どれもこれもすごく素敵で、私も久々にハイヒールを履きたくなってきました。外反母趾なのに(笑) でもハイヒールを履いて背筋を伸ばして歩くのって、女性の特権ですよね。ハイヒールが履けないくらい歳をとるまえに、もうひと花咲かせようかしら(笑) 先立つものがないが。。。
英語の in ~'s shoes は「~の立場に身をおいて」という意味なので、これにかけて、「相手の立場になって物事を考えよう」ということも映画のテーマのひとつになっていると思われます。愛する人、大事な人だからこそ、その人の立場になって考えてみる。当たり前のことだけれど、ついつい、自分中心の思考になってしまいがちな私には、肝に銘じておきたい言葉です、ハイ。

トニ・コレットは「リトル・ミス・サンシャシン」でも同じようなキャラを演じていて、性格の良い普通人という役柄が良く似合う。でも本当はいろんな役を演じられる実力者です。
キャメロン・ディアスは決して正統派美人じゃないけれど、くしゃっとした笑顔がかわいくて、悪女から純真な乙女まで演じ分けることができる‘魅せる’役者さんですよね。
シャーリー・マクレーンも相変わらずかわいくて。私としては孫のキャメロンとトランプでジン・ラミーをしているシーンが、大、大、大好きな映画「アパートの鍵貸します」を思い出しさせてくれてちょっとじ~~んときました。

そして、最後に、in ~'s shoes とくれば、エルヴィスファンなら絶対この曲を思い出しますよね♪ 私はこの英語のフレーズ、エルヴィスファンになってから知りました。
Walk a Mile In My Shoes

by oakpark | 2008-06-13 21:16 | 映画 | Comments(5)

Commented by choro at 2008-07-04 20:41 x
こんばんは~♪

これは素敵な映画でしたね~
毎日靴の生活をしている外国人にとっては、日本人には考えられないくらい靴は重要なアイテムなんでしょうね。
だから【自分に合う靴】=【自分に合った人生】と言っている感じがしてしまいました。

しかし素敵な靴がたくさん出てきて、ハイヒールなんてもうずっと履いていない私もJuneさんと同じくまた履きたいな~なんて思ったのですが、きっと疲れて30分ももたないだろうな~(笑)

古い記事ですが、TBさせてくださいね。
Commented by choro at 2008-07-04 20:43 x
TB入らないみたいです。すみません。<(_ _)>
Commented by June at 2008-07-04 22:42 x
★choroさん

TBの件、すみません。どうも設定が上手く行かなくて。何でもOKにしてしまうと、へんなところからばかりTBされてしまうのですよね。どうしたらよいものやら。。。これから勉強します!

>だから【自分に合う靴】=【自分に合った人生】と言っている感じがしてしまいました
なるほど~。自分に合わない人生を追い求めても上手く行かないということなのかもしれませんね。考えさせられます~。

私も20代の頃は、まあまあヒールのある靴を履いていましたが、30代はいつもぺちゃんこでした。でも、40代後半に入り、もう一度トライしようかな、なんて。最近、歩く距離の短そうな日に、時々、4~5センチくらいのヒールの靴を履いています♪ 足幅が狭くてきれいな足の持ち主の人がうらやましいです。あと、手のきれいな人も♪
Commented by nandakanda46 at 2008-09-02 12:59 x
新作は殆ど観ない私。されどこの作品は久々にまさにハリウッドの良心を感じさせるに充分。S・マクレーンは一体いつになったらヘタクソになるのだろうか?。唯一欠点はカメラに工夫がない事。自信はないが今公開中のなになにの魔女のお婆さん役はマクレーンの娘ってホント?。
Commented by June at 2008-09-03 23:55 x
★ nandakanda 46さん

この作品、ご覧になったのですね!
なかなか良くできた映画でしたよね。
シャーリー・マクレーンは「アパートの鍵貸します」が大好きなんです。あの時、かわいかったですよね~。どの年代でも活躍し続けるなんてすごいです。
私はまだ見ていませんが「西の魔女が死んだ」のおばあさん役は、シャーリー・マクレーンの娘のサチ・パーカーだそうです。

<< リヴァー・フェニックス映画「恋... 最近読んだ本 「夜間飛行」「誰... >>