冬将軍がやってきた   

寒い、寒い、寒い~~~~。
毎年、この時期になると、急激に寒くなる気がする。

昨晩、仕事帰り、家路を急ぎながら、「13年前、こんな寒さの中で、あの地震が起こったのだなあ」と思いをめぐらせていた。

13年前のあの日、朝8時ごろにテレビのスイッチを入れると、真っ二つに割れて落ちている道路と、そこからもくもくと白い煙が上がる映像が目に飛び込んできた。寝起きのぼ~っとした頭で「これはなんだろう~~。何かの特番?朝から?」と思った。 ニュースに耳を傾けると、それは地震の報道で、真っ二つに割れた道路の映像は実家から歩いて5分ほどの場所からの中継だった。「うっそ~」と思い、すぐ実家に電話をかけると、つながらない。やはりそうなのか。あせる気持ちで3歳の長女にすぐ服を着せ、駅前の公衆電話まで走った。お腹には長男がいて、予定日は3月初旬、あともう少ししたら実家に帰るつもりだった。 坂を走り降りながら、周りを歩いている人がいやにのんびりしているように思え、苛立たしかった。電話をかけると通じた。いつもの母の、おっとりした声。「そうなんよ。すごいゆれだったんよ。ピアノが飛んで、食器棚が倒れて。。。。」 でも、みんな無事だった。良かった。

しかしその後の復旧には時間がかかった。水道が開通したのは2月の下旬。それまでずっと、みんなで交代で水を汲みに行っていたそうだ。当然帰省はなしになり、弟と、当時4年生だったいとこが、東京の私のうちにお風呂に入りにやってきた。地震の被害のあった一帯は修羅場なのに、ほんの電車で30分の大阪に出るといつもと同じ風景というのが奇異に感じた、と弟は言っていた。

今年も新聞の記事を読むと、聞き慣れた場所の名前が並んでいる。西宮市立用海小学校。芦屋市立精道小学校。 どれも全部実家とほんの目と鼻の先だ。本当に実家の近くのことだったんだなあ、と思わずにはいられない。瓦礫に埋まって救出を待っていた人は寒かっただろうな。

長男の出産を終えお宮参りのために帰省した際、父が車で市内を回ってくれた。近所の木造一戸建ての多くがぺしゃんこにつぶれ、西宮えびす神社の近くの目抜き通りの商店街も瓦礫の山だった。 どれだけ多くの人が傷ついたのだろうと思うと、胸がつぶれる思いだった。 その後、再び帰省した時は、新しい建物が次々に建ち、今度は人々の生命力に驚かされた。



さむ~~い一月。
そういえば、明日はセンター試験ですね。 いつもこの頃本当に寒くなる。
○年前、私が初年度の共通一次試験を受けに行った日も寒かった。雪のちらつく日で、お気に入りの赤のダッフルコートを着て、不安な気持ちで試験会場の神戸市立外大の門をくぐったことを覚えている。

今年高校受験の長女は、今日が願書提出の日。赤の落書きのあるバッグはまずいということで,地震当時私のお腹にいた、同じ中学に通う弟のバッグと交換し(弟は嫌がっていたが)、シャツのボタンを全部留め、ネクタイきちんと締めて、ソックタッチで靴下をとめて、出かけていった。いよいだなあ。

寒い冬、風邪をひかないように、受験生の皆さん、がんばりましょう!!!!

by oakpark | 2008-01-18 09:25 | 雑感 | Comments(6)

Commented by Kaz. at 2008-01-18 22:36 x
あっ、実家は神戸なんですか!?
いやぁ~、自分もそうなんですが、あの震災の時は大変でした。
今も思い出すたびに、まだ昨日のように感じます。

13年ですよね、しかし。
う~ん・・・。
Commented by oakpark at 2008-01-19 00:22
★ kaz. さん

実家は西宮なんです。歩いて5分で芦屋なので、西宮の一番海側で一番西側のあたりです~。 あ、でも、今では両親は、両親の故郷の愛媛県に住んでいます。元実家には、独身の弟がひとりで住んでいます~。

kaz.さんは神戸にお住まいなのですか。神戸も大変でしたね。
三宮あたりもかなり被害を受けていましたね。今ではもうすっかり綺麗になっているのかな。中学時代、よくお友達と三宮に遊びに行きました。また行きたいな~。
Commented by Lover doll at 2008-01-19 09:10 x
阪神大震災・・・・
私はずっと東京なので、そのニュースを聞いたのももちろん東京でした。
小学生のとき、私の友達のおばあちゃんとおじいちゃんが神戸に住んでいたらしく、文集にその地震のことを書いていて「おばあちゃん達が無事でよかったです」と言っていたのを今でも覚えています。
そのときは8歳くらいだったので、ただ、ただ、「怖いなぁ、かわいそうだなぁ」と思っていました。
Juneさんのお母さまもみなさん無事で本当に良かったですね!><

私が他に今でもものすごく記憶のある出来事は、やっぱり2001.9.1のテロです。
もう私が年齢的に大きくなっていたからかもしれないけど、あのときも学校ですごい話題になりました。
とても遠い国アメリカなのに、私たちのイメージでは”大きな強いアメリカ”というイメージが強かったので、あんなに弱く見えたアメリカに衝撃を受けました。


震災や台風などは自然な出来事で、私たちの力ではどうにもできないから本当に怖いですよね・・・。
Commented by Chiblits at 2008-01-19 13:55 x
阪神大震災は1月だったのですか。寒い時だったのですね。関西は親戚もお友達もいないのでよく知らないのですが、最近は完全に復興したのでしょうか。仮住まいの方たちはちゃんと家が建ったのでしょうか。数年前見たドキュメンタリーでは未だ仮住まいの方たちがいらしたようでしたけど。
Commented by June at 2008-01-19 18:18 x
★ Lover doll さん

逆算すると、8歳ですね、Lover dollさん(笑)
まだ、小学生だったのですね~。
お友達の作文を覚えてらっしゃるなんて、えらいな~。
きっと、それだけ、衝撃的だったのでしょうね。
あれはほんとうにびっくりしました。一瞬、親を失ってしまったかと思いましたから。 そのあと、3月に出産し入院中に 地下鉄サリン事件が起こったので、いろいろあった年でした。

同時多発テロの映像もびっくりしましたね。
やはり、テレビをつけると、もくもくと煙を上げるビルの映像が目に入ってきました。 アメリカのような大国でこんなことが起こるなんて! と思ったことを覚えています。
Commented by June at 2008-01-19 18:23 x
★Chiblitsさん

アメリカではきっと全然報道はないでしょうね。
日本では、特に我が家が購読している朝○新聞では、毎年、震災のあった1月17日あたりになると、記事にかなりスペースを割いて、「あの日を忘れない」というような特集が組まれています。
もう、仮設住宅はないとおもいます。
日記に書いたいとこ一家も仮設住宅にしばらくの間住んでいました。

そういえば、私がアメリカに住んでいた頃(1992年~1993年)にロスで地震。あくる日にスーパーに買い物に行くと、みんなが自身のことを話題にしていました。そても珍しいことだったようです。

<< イギリス映画♪ 「クイーン」「... 私とミステリー   「交渉人」... >>