2015年テニス!   

なぜか記事が消えてしまった。もう一度書いておこう。

今、久しぶりにテニスに燃えている。スクールのクラスは真ん中クラスでなかなか上にあげてもらえない。私の担当コーチが厳しくて理論派。きっとテニス歴は長いが、いろいろ穴ぼこだらけの私のテニスのどこかを物足りなく思っておられるのだろう。別のクラスのコーチは、上のクラスの実力はあると言ってくださるけれど、私は自分のクラスのコーチに認めてもらいたい、と頑張っているところ。

そんな私のテニスに対する考え方に影響を与えた最近の言葉を紹介。

フィギュアスケートの宮原知子さん。
振付師から、「初恋のころを思い出しながら滑ってごらん」と言われたけれど、うまくできなかったので、はじめてスケートに出会った頃を思い出しながら滑った。
いいなあ、可愛いなあ、けなげだなあ、と思った。私も12歳のころ、初めて毛のボール(当時は黄色じゃなくて白でした)を触り、ラケットで打ったころのことを思い出してがんばりたい。テニスの一番好きなところは、ボールがラケットの真ん中にあたりすぱーんと飛んでいく爽快感。

そんなことを思っていた時に、今度は、今や日本テニス界の誇り、錦織圭選手の言葉を新聞で見た
「勝たなくてはいけないとプレッシャーを感じて、ボールをコートに入れにいったりしていた」なんと、ボールをコートに入れようと思っちゃいけないのね。そうか。自分の振りで、気持ちよく思い切っていけば、自然とボールはコートに入るってことか。なるほど~。目から鱗でした。いつも私はコートに入れることばかり考えていた。次からは気持ちよく振ることだけを考えよう。

大好きなテニスを納得いくまで進化させたいな。

今お気に入りのラケットはこれ。
e0123392_2181730.jpg

by oakpark | 2015-12-12 21:08 | テニス! | Comments(0)

<< 2015年冬 編み物事情① 名曲「好きにならずにいられない... >>