本「自殺」 「The Scrap 懐かしの1980年代」   

シルバーウィークに両親の住む愛媛県大三島に行ってきた。片道3時間と少しの新幹線の旅なので 、いつも読書が楽しみだ。本を読み始めるとすぐに眠くなる時も多いのだが、今回はわりに調子がよく、行きと帰りで1冊ずつ読むことができた。

まず行きに読んだのはこれ。
e0123392_2352352.jpg

「自殺」末井昭著。

これを机の上に置いていると、次女に「お母さん、何を読んでるの~~!?」と驚かれた。新聞の書評欄で見つけ、図書館で予約した。 内容は、7歳の時に母親がダイナマイト自殺をしたという経験を持つ末井昭さんが、自分自身の生い立ちを語ったり、いろんな、自殺未遂経験者、両親が自殺経験者といった方にインタビューしながら、人間の生と死を考えるというものです。読んでいて、人間というのはなんと愚かでかわいらしく、複雑で興味深い生き物なんだ、と思いました。何が良くて何が悪いとか、どう生きるべきとか、全然決められないなあと思いました。

帰りの新幹線で読んだのはこれ。
e0123392_001255.jpg

「The Scrap 懐かしの80年代」 村上春樹著

村上春樹さんの小説は、私にはよくわからない部分も多いのですが、エッセイは大好きです。アメリカ好きだし、着眼点も愉快だし、ひょうひょうとした語り口が心地よいです。
今回のこの本は、本屋の「80年代特集コーナー」に置いてあって、今の私の知識でもって80年代を読むとどんなことが見えてくるのかなあ、という興味から購入してみました。80年代のファッションはあまり好きではないけれど、世相は、懐かしいから。

すると、いろいろ発見がありましたよ~~~。当時はわからなかっただろうけれど、今読んだらわかる俳優の名前とかもあるしね。サム・シェパードとジェシカ・ラングとか? 一番驚いたことは、アン・マーグレットがTV版の「欲望という名の電車」に出演していて、その相手役(映画のマーロン・ブランドの役)を TVドラマ「ホワイト・カラー」で、主役のニールのお父さんを演じていた、トリート・ウイリアムズであったことかな。 (多くの人にとってはどうでもいいことですね)
80年代は,エンタメ系がいろいろ面白かった時代ですよね。バック・トゥー・ザ・フューチャーとかもあったし。ET,とか、いろいろ話題作の映画がたくさんありましたね。

私は20代。いろいろと、楽しかったなあ。。。。。


そうそう、今回の大三島は、弟の帰省とたまたまかぶり、何年振りかで旧家族4人で過ごしました。弟がギターを弾きながら、クラプトンの 'Wonderful Tonight'を歌ってくれたり、一緒にカラオケでペトロ&カプリシャスの「別れの朝」を歌ったりして、楽しかったけれど、両親の老いも,そして自分の老いも,しんみり感じた休日でした。

いつもの多々羅大橋周辺は、サイクリング客で賑わっていました。

by oakpark | 2015-09-23 23:47 | | Comments(0)

<< 映画「クラウド アトラス」、「... ガウチョパンツって?・・・ >>