杏のふむふむ   

やっと少しだけ秋の気配がやってきました。
昨日は、朝ちょこっとだけ仕事、昼に乙女座同士でお誕生日会、夜は別のお友達のお子さんのバレエの発表会を観に行き、充実した(疲れた)一日でした。さて、これからの季節も頑張るぞー。

きょうは、読んでほんわかした本をご紹介。 杏さんの初エッセイ本、「杏のふむふむ」です。
e0123392_972481.jpg


杏さんのことは、特にファンというわけではないのですが、なんとなく気になっていたのですよ。
俳優の渡辺謙さんのお嬢さんということは知っていたので、最初メディアに出始めたころは、「親の七光りなのかなあ」なんて思っていました。でも、あれよあれよとメジャーになっていき、しょっちゅう、画面で目にすることになり、どうして、こんなに重用されているのかしら?なんて、不思議に思っていました。

でも、「歴女」という言葉が流行する前からの読書好きということを知ったり、あと、大きかったのは「妖怪人間ベム」でのベラ役ですかね。 この作品は私世代が子供のころにかなり話題をさらっていたアニメの実写版。どんなふうに演じるのかな、と思ったのと同時に、若干,無理じゃないか、なんて失礼ながら思っていたんです。ところが、見てみると(というか夫が熱心に見ていました)、期待以上のすばらしさ。もちろん、アニメと同じような雰囲気は出せないけれど、それは、主役のベムも同じだし、そもそも、漫画を実写にするんだし、と、いろいろ差し引くと、杏さんの演技は、すばらしかった。

次に、お?とおもったのはNHKの朝ドラ「ごちそうさん」の主演ですかね。最初キャストを聞いたとき、え、なんか新鮮さが足りないかも、と思いました。 でも、でも、ここでも杏さんは、ひたむきで純粋な主人公を好演されていたのです。 このころから、この人はただものではないぞ、、、と思い始めました。 そして、東出昌大さんと結婚。 なんか、なるほど~と思ってしまった。

本屋で、この本を見かけたとき、え、あの杏さんが読書家の杏さんがエッセイを書いたんだ。どんなのかなあ、、という好奇心がわくと同時に、やはり、「解説 村上春樹」というのは大きかった。えええ~~、あの、村上春樹さんが解説! そして、私が、この人すごいぞ、と思っていた目は正しかった、なんて変に納得し、満足し、即手に取り、レジに向かったのでした。ほとんど迷わず。

内容的に、最初のほうはふつーかな、と思いましたが、読み進むうちに、杏さんの素晴らしい感性、人との出会いを大切にして、丁寧に生きている姿が目に浮かんできて、私もこんな風に余裕を持っていきたいなあ、ととほっこりしてきたのです。実際の杏さんは、きっと超忙しい生活をされているのでしょうが、同時に、こんな風に心にも栄養を注いでいるんだなあ、なんて感心しました。

ということで、ほっこりしたい人におすすめの本です。

杏さん、第2弾も期待してますよ~。
そして、東出君をよろしくね~。 新婚生活のことも書いてほしいなあ。

by oakpark | 2015-09-14 09:45 | | Comments(0)

<< ガウチョパンツって?・・・ 今年の夏♪ >>