好きな曲見つけた!   

ときどき、「すごく好きだな~」と思う曲に出会うことがあります。 車で聴いているラジオでだったり、雑誌や新聞や本などで紹介されていてyoutubeで聴いてみて、いいな~と思ったり。

先日出会った曲は、前にこのブログでも紹介した、ラジオの英語教育番組「攻略英語リスニング」で紹介されたもの。その日のテーマは「ブルックリン橋」。ブルックリン橋はニューヨークのマンハッタンとブルックリンを結ぶ、アメリカで最古の吊り橋のひとつだそうです。その建設にはいろいろと紆余曲折があり、1883年にオープンとなりました。最初の日だけで、15万人の人と1800台の車がこの橋を通過した。ところがオープンの6日後、橋が崩落するというデマがとびかい、橋の上の人々がパニックに陥り、12人の人が亡くなるという大惨事となった。そこで、橋が安全であるということを証明するために, P.Tバーナムというサーカスの団長が20頭以上の象を引き連れて橋を渡るというパフォーマンスを行ったそうです。象とはおもしろいですね。そういえば、昔、象が筆箱を踏むというCMがありましたね。「重い」といえば、「象」なんですね。でも、それだけの象を所有していた、あるいは借りたのかもしれないけれど、自由にできる力があったP.Tバーナムとはどういう人なのか。

さて、ここでやっと、好きな曲の話になるのですが、柴原先生がおっしゃるに、なんとこのブルックリン橋を象と共に渡ったP.Tバーナム率いるサーカス団「バーナム&ベイリー」が、ナット・キング・コールの歌唱で有名な'It's Only a Paper Moon'の歌詞に出てくるというのです。オールディーズは結構好きなのですぐにyoutubeで調べてみました。聞いたことのある曲でした!そして、ライブ映像のナット・キング・コールがなんとかっこいいことか、と思いました。歌が上手なことは知っていて「モナ・リザ」なんかが有名なことも知っていましたが(エルヴィスがプライベートで歌っているから。。笑)、この'It's Only a Paper Moon'を歌っている姿にはしびれました。余裕があって、かっこいい。表情とか雰囲気とか、これぞエンターテナー。
これです。
「モナ・リザ」のようなしっとりした歌唱もいいけれど、私はこういう軽快なほうが好き。そして問題の歌詞のほうですが、調べてみるとありました~。

It's only a paper moon
Hanging over a cardboard sea
But it wouldn't be make beleive
If you believe in me
It is only a canvas sky
Sailing over a muslin tree
But it wouldn't be make believe
If you believe in me
Without your love
It's a honky -tonk parade
Without your love
It's a melody played in a penny arcade
It's a Barnum and Bailey world
Just as phony as it can be
But it wouldn't be make believe
If you believe in me

「バーナム&ベイリー ワールドのようにまやかしの世界だ」と言うような意味ですよね。サーカス=まやかしと表現しているのでしょうね。あと、ちょっと不思議に思ったのは、歌詞の中で、2行目のhangingと6行目のsailing は入れ替えたほうが意味が通るし、実際ほかの歌手ではそのように歌っているのですが、なぜかナット・キング・コールはライブ版もレコード盤もこのように歌っています。こっちのほうが面白いと思ったのかな。ウィキペディアのよると、もともとは卓越したジャズピアニストで、のちに艶のある声を買われて歌手にもなったのだとか。45歳で肺がんで亡くなっています。

次に、これまた偶然知った曲なのですが、とっても気に入ったので紹介します。こういう明るい曲がいいですね~。「マイ・ガイ」という曲。 歌うのはメアリー・ウェルズというモータウンレーベルの歌手。日本ではあまり有名ではないですよね?(私が知らないだけか)。1964年に21歳で録音したこの曲がアメリカで7週連続1位となったそうで、この収益で初期のモータウンを支えたそうです。 彼女も喉頭がんで49歳で亡くなっています。
これです。

そして最後に、2,3日前にカーラジオで、AFN(American Forces Network)から流れてきて、「あ、こういうシンプルなロックもやっぱりいいなあ~と思ったのでした。 'First Love'という曲です。ぜひ聞いてみてくださいね。kid Rockという人が歌っているのですが、kidというよりおっさんでした。。。。

今回は、3曲ともライブ映像でそろえてみました。ライブって、ところどころうまく歌えていないときがあったりするけれど、感情がリズムに乗って、スタジオでは出せないパワーをだすところがいいですね。メアリ・ウェルズの最後の「あ、あ、あ、あ~」とリズムを刻むところ、とかかっこいい♪

また、偶然いい曲に出会いたいな。

by oakpark | 2015-04-18 23:58 | 好きな曲 | Comments(3)

Commented at 2015-04-27 15:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oakpark at 2015-04-30 00:37
manaさん
コメントありがとうございます。
私も慣れないタブレットからです。
今夜はひとりかい?からエルヴィスのファンになられたとは私と同じです。
嬉しいです。またよろしくお願いします。
Commented by june at 2015-04-30 10:22 x
♪manaさん

再びこんにちは。今度はパソコンから入力しています。
ナット・キング・コールもハリー・ベラフォンテも張りのある深い声で聴きごたえがありますね。私も大好きです。でも、youtubeでナット・キング・コールの「ラブ・ミー・テンダー」を聴いてみて、う~ん、うまければいいというものでもないな、と思いました(笑)。歌手にはそれぞれの持ち味がありますね。だからいいんですね。

<< 疲れた週末 関西思い出旅行② >>