'Just the way you are' 'Marry You ' GLEE バージョン   

もう一つ、海外ドラマ「Glee」のフィン役、コリー・モンティース君関連のことを書きます。

コリー君の死がかなり尾を引いています。キャンディーズのスーちゃんが亡くなったときもそうでしたが、Youtubeでいろんなパフォーマンスを見ています。

その中で特に気に入ったのが、ブルーノ・マーズ原作のこの2曲です。どちらも歌詞がとってもストレートでロマンティックで、劇中でも私生活でも恋人だったリア・ミッシェルとコリー君が画面に登場するだけで目頭が熱くなってしまいます。 あまりにも気に入って、ブルーノのCDをアマゾンで注文してしまいました。ブルーノ・マーズのことはもちろん知っていて、かなり人気があるということも知っていたのですが、曲のよさがリアルに伝わってきたきっかけはコリー君はじめGleeのメンバーのパフォーマンスのおかげということになります。もちろんブルーノの歌唱もとっても素敵です。長女は一声聞いて、「私はこっちのほうがいい」と言ってました。次女はコリー君のほうがいいそうです(二人に聞かせたのは私です)。

どちらも、シーズン2のフィン(コリー君)のママとカートのパパの結婚式のシーンのようです。実は私はシーズン1しか見ていないので、話の流れはわからないのですが、フィンのママとカートのパパが惹かれあっているというシーンはシーズン1からありましたね。そして、ゲイのカートがフィンに惹かれている時期もありました。だから、このパフォーマンスで、フィンがカートに「来いよ」って感じで指差しているのに後ろにいたレイチェル(リア・ミッシェル)がわざとフィンのほうに行くふりをして、笑いながらカートを押し出すシーン(1分10秒あたり)がほほえましく生きてくるんですよね。恥ずかしそうなカートもいいし、大笑いのレイチェルもかわいい。そして何より、フィンが頼もしくてかっこいいなあ~。

上のパフォーマンスは途中、はしょられているのでフルバージョンはこちらです。いい曲だなあ。Do I look OK? と彼女が聞いて、「君の顔をみるとき、どこも変えると事はないよ。そのままの君がすばらしいんだ」と返すくだりは、エリック・クラプトンの'Wonderful Tonight'を思い出します~。

そういえば、次女の友人の帰国子女の男の子が、ガールフレンド(こちらも次女の友人)へのラブレターに、ソックリそのままこの曲の歌詞を使ったんですって。まだ、中3ですからね~。もらった女の子、amazing とかの単語を辞書で引き、やっとこさ意味を理解したそうな。いや~青春だなあ。

それともう一曲。'Marry You'もいいですね~。これも結婚式のシーンで使われていますが、こちらのバージョンを見てください。今歌っているメンバーの写真が出るのでわかりやすいです。みんな個性的で上手です~。コリー君からはじまります。私、女子ではクインの声が好きかも。三番目に出てきます。


ドラマ「Glee」はNHKで7月23日からシーズン3が放送されます。コリー君を偲ぶため、録画して観ようと思っています。HPはこちら

by oakpark | 2013-07-21 00:42 | 好きな曲 | Comments(0)

<< 映画 『最後のマイウェイ』 ショックです。「Glee」のフ... >>