Dlife 「グッド・ラック・チャーリー」   

またまたDlife チャンネルの番組の紹介です~。

少し前は「リベンジ」にはまっていた私ですが、だんだんストーリーが複雑になってきて少し食傷気味になってきました。なんでこんなにいつもいつも他人を陥れることばかり考えてるの?誰に対して復讐しようとしているんだっけ。突如登場したエミリーのお母さんは、結局いいもんだったのか。。複雑でわからない~。もっとシンプルに行って欲しい、と思うけれど、そうもいかないのでしょうね。一つ一つのエピソードで完結する番組ではない連続モノはストーリーを面白おかしく伸ばしていくのが大変そう。新しい登場人物も投入されているけれど、ちょっと新鮮さが薄れてきたかな。

というわけで、今一番気に入っているのが、「グッド・ラック・チャーリー」というシットコムもの。アメリカ本国では、ディズニーチャンネルで放送されているようで、いわゆるファミリー向けの一話完結型のコメディーです。
e0123392_020481.jpg


これは楽しい番組ですよ。愉快で楽しいダンカンファミリーの日常を描いているというただそれだけ。でも登場人物がみんな個性的で、おかしいの。
ママ(エイミー)・・・明るく愉快なママ。舞台でスポットライトにあたるのが大好き。昔ダンスをしていたのかな。今は4児(シーズン4からは5児)の母で病院に勤務。
パパ(ボブ)・・・体が大きくて頼もしいパパ。害虫駆除の仕事をしている。
PJ・・・・ダンカン家の長男。ちょっとおまぬけなところがある。
テディ・・・一応この番組の主役。ダンカン家の長女。美人で学業も優秀。スペンサーという彼氏がいる。
ゲイブ・・・・ダンカン家の次男。結構ずるがしこい。PJより頭良さそう。となりに住むおばさんと犬猿の仲。
チャーリー・・・生まれたばかりから撮影が始まりもう4歳くらい?とってもキュートな女の子。


テディ役のブリジット・メンドラーの コメディエンヌぶりもすごいし、ママ役のレイ・エリン・ベーケーのはじけっぷりもすばらしい。アメリカには芸達者な俳優さんがたくさんいるなあと感心します。特にコメディーの分野が日本と全然違う。日本だとコメディーはお笑い芸人がやるもののようで、普通の俳優でコメディが得意な人は少ないですよね。笑わせる演技って案外むずかしいと思う。間とか表情とかリズム感とか、いろいろ。

このドラマの登場人物みんな好きだけれど、一番のお気に入りは次男のゲイブくん。ブラッドリー・スティーブンス・ペリーという男の子が演じているけれど、将来有望かも。ただ、声変わりが始まり、以前のようなキュートさが薄れてきたのは仕方ないか。しかもいい声になってきてるのよ。最新のインタビューを聞くと。さて、どんな青年に成長するか。頼むから太らないでね。タレ眉がかわいい♪
e0123392_0305293.jpg


あと、テディの親友のアイビーも好きだわ。

もちろん、チャーリーもすっごくかわいい。あんなにかわいい孫がほしいなあ。。。

このドラマを観て笑うといやなこともふっとんじゃいますよ~。Dlifeチャンネルで土、日に放送されています。ぜびぜび週末はDlifeで『グッドラック・チャーリー』を!(だから~、Dlifeのまわしものじゃないってば)
テディ役のブリジッド・メンドラーが歌う主題歌'Hang in There,baby'

by oakpark | 2013-06-17 00:36 | 海外テレビドラマ | Comments(0)

<< 映画「グレート・ギャツビー」 内村航平くんを見てきた! >>