5年ぶりの大阪   

このブログを始めてもうすぐ丸6年です。ちょっと気分を変えたくて、ブログのデザインをいろいろ試していますが、なかなか決まりません。今までは「日記」というかんじだったので、今度は少しのびのび~というデザインにしたいと思ったのですが、あんまりのびのびしすぎるのも不安で、適度に囲ってくれているほうが安心する。こんな私は絶対広い部屋には住めないんだろうなあ。

さて、さて、5年ぶりに大阪に行ってきました。大阪は、大学と職場があったところ。合計で11年通ったところです。もちろん、その期間、大阪は、私の買い物の場であり、飲み会の場であり、デートの場でもありました。JRの大阪駅周辺は激変してしまい、昔の面影が全然ない。でも、ところどころ、古い建物も残っていてほっとしました。

5年前は、阪急百貨店と阪急52番街の間に挟まれたアーケードが工事中で、象徴だった高い天井とステンドグラスがなくなったことに腹をたて、「もう、ここは、私の知っている大阪じゃない!」とまで思いましたが、今回は覚悟を決めて行っただけあって、それほどショックは受けず、むしろ、「最初からこうだったと思えば悪くないかも」と思いました。うまく撮れていないけれど、阪急側から見たところ。この道を何回歩いたことか。。。あ~、なつかしい。
e0123392_23574279.jpg


今回の大阪行きの目的は同窓会。それも、職場の同窓会。職場があった駅はこれだ~。駅の様子もすっかり変っていました。昔はどんなだったかなあ~。
e0123392_23303451.jpg


久しぶりに見る阪急大阪駅は、くし型のプラットフォームで、整然としていて美しい。当事はなんとも感じなかったけれど、これぞ、電車の終点の駅ですね。電車から降りて改札に向かうと、自動改札が通れるかどうか、大きな〇、×があって、いつもそれで視力検査していましたっけ。今はないです。さびしい~。電車下りて改札に向かっていくところ。
e0123392_23334212.jpg


今回は、昔よく歩いたところをいろいろ歩いてみた。ここも懐かしいなあ。(なぜでしょう?)
e0123392_23471315.jpg



さて、本日のビッグニュース。ポール・マッカートニーがグレースランドを始めて訪れた。長女に、「それってすごいことなの?」って聞かれる。すごいことだよ~。ポールが訪れるなんて、エルヴィスがすごいってわかるから。でも、それだけ、ビートルズがすごいってことでもあるけれどね。ポールもジョンも、エルヴィスのファンだったんですよ~、日本のみなさん!!

こんな動画がありました。 ポールが、エルヴィスのオリジナルバンドのギタリスト、スコッティ・ムーアと、ドラマーのDJフォンタナとセッションして、'That's All Right 'を歌ってます。


この動画を探していると、これに遭遇。この曲は、絶対オリジナルのボブ・ディランが好きだけれど、エルヴィスの声の調子もよさそう。カントリー風に歌っていると思いませんか? この曲、好きだわ~。

by oakpark | 2013-05-28 23:53 | 日常生活 | Comments(2)

Commented by romi at 2013-06-08 23:46 x
同窓会、お疲れ様でした。どうでしたか?(^o^)
私もたまにふと学生時代を謳歌した土地を訪れたくなります!
でも切っ掛けがないから行けないのです。
同窓会、いいなあー。
Commented by June at 2013-06-10 09:32 x
♪ romiさん

同窓会は、楽しかったよ~。
30年ぶりに会う人がほとんどでした。やっぱり、みんな相応にとしをとったけれど、体の動きとか雰囲気とか昔のままなのが不思議でした。人間のくせって一生続くものなのですね。
迷っていたけれど、行ってよかったよ。

romiさんもお声がかかったら是非行ってね。
私は今度は小学校時代にうろうろしていた土地を訪れたいです。いつになるかなあ。。。。

<< 「幸せの行方」「ヒア・アフター... 気になる英語表現③ 日本語の考... >>