早速観てきました 映画「レ・ミゼラブル」   

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

映画通のお友達が薦めてくれたので、前から気になっていた 「レ・ミゼラブル」を、長女、次女と一緒に観て来ました。 ミュージカル好きの長女は大喜びでした。次女は「よくわからなかった」そう。小説を読んでいないとストーリーを追うのは難しいです、これは。

監督は、『英国王のスピーチ』の、トム・フーパー監督。

そういえば、長女と「レ・ミゼラブル」はちょっとした思い出があります。そのことを以前のこちらの日記に書いたのですが、結局このときの高校受験用のアンケート用紙に書く「愛読書」を、『ああ、無情』にしたのですよ。だから、長女は小学生用の「レ・ミゼラブル」は読んでいました。そして私も小学生の頃に小学生用を読んでいます。しかし、それはもう40年も前のこと、かなり忘れてました。5年前に読んでいた長女は当然ながら私よりは覚えていて、映画を観たあと、なぜあのときこうなったか、などを解説してくれました。人生の先輩としてはちょっと悔しい。もう一度読みなおそうかな。

感想。 まだこれから映画を観る方も多いと思うので、あまり書くべきではないのですが、、ちょっとだけ。まず、アン・ハサウェイがよかった!! アン・ハサウェイの歌う'I Dreamed a Dream'は 泣けた。ちょっとびっくり。なぜ今までミュージカルをやらなかったのだろう。 アマンダ・セイフライドも、「マンマ・ミーア」でも聞かせてくれたけれど、澄んだきれいな歌声。 エポニーヌ役の女優さんも上手でした。それに比べ男性陣の歌唱力が私はちょっと物足りなく感じた。脇役の、たぶんミュージカル俳優かオペラ歌手(?)出身の役者さんのほうが上手だったりして、致し方ないところだけれど、演技しながら歌うって難しいんだなあ~と思いました。特に、高音が苦しそうでした。それでも、あんな泥の中に埋まったりの迫真の演技は舞台では観る事ができない。 リアリティと作り物と。 観ながら、自分の中でどっちのスイッチを入れたらいいのか混乱する場面も少しあったかな。今度は、完全に作り物であるという前提で見ることができる舞台での「レ・ミゼラブル」を観てみたいな。

この日記にも書いた、お気に入りの俳優、エディ・レッドメインもがんばってました。彼は、名門イートン校(ウイリアム王子と同級だったとか)で、クワイヤに入っていたようで、しかもソロを歌ったくらいなので、かなりの歌唱力も持ち主なんです。ちょっと聞いてみてください。1:07頃にソロが始まります。18歳の頃のエディ。写真は右から3人目ね。

そんなエディも、やはり演技をしながら歌うのは苦戦していたように感じました。でも、アン・ハサウェイはすごかった。寝ながらとか歌っていたし。子役の二人も歌が上手でした~。やはり、ミュージカルは、歌が重要だなあと思います。聞かせどころがたくさんあるんですから。お金を払ってでも聞きたい歌じゃないと。

でも、もちろん、すごくよかったですよ、「レ・ミゼラブル」。暗くなりがちなお話しに、ちょっとした笑いを提供していたのが、ヘレナ・ボナム・カーターと、サシャ・バロン・コーエン。ヘレナ・ボナム・カーターは歌も上手でした。『眺めのいい部屋』あたりの頃は清純なイメージだったのに、だんだん怪女優的になってきました。多彩なんですね~。

最後に、いつ聞いても泣けてくる名曲'I Dreamed a Dream' をスーザン・ボイルで。

この曲を歌うお勧めの歌手がいたら教えて欲しいです。

by oakpark | 2013-01-03 19:46 | 映画 | Comments(2)

Commented by hiromi at 2013-01-04 23:21 x
行ってきましたかー
私はなんと原作を読んだこと無しで見ました。
なので話しがどう転んでいくのか知らずに見るので
刑事さんの選択はほほほーとびっくりしたり(笑
でも泣けました。

楽曲ではONE DAY MOREが良かったです。
ミュージカルだからこその演出でしたね。
それぞれの気持ちがどんどん重なっていくところでぐっときました。
そして民衆の歌のところでは立ちあがっていっしょに拳を振り上げたくなりました。ロックコンサートじゃないっつーの!

エディ君はマリウス役でしょ?
歌がとても良かったです。
なるほどクワイヤ育ちなんですね。
彼はこれからも歌のある役をどんどんやってほしい。
とても良い声だったもん。

男の子役の子は歌も芝居も上手でしたね。
主役の男性陣だって日本人の俳優を思い浮かべるぐらいなら
ずっと凄いと思いましたよ。
さすが、英語圏は役者の層が厚いんだなぁ。

映画仲間の友人は歌が気に入ってすぐにカラオケに行ってました。
http://joysound.com/ex/search/artist.htm;jsessionid=26E8992101655A8BEC7A48FFA1AEEAF2.s3?singerCd=0083394_01
Commented by June at 2013-01-05 00:17 x
hiromiさん

教えてくれてありがとう~。
たまたま翌日全員があいていたからすぐ行ってきたわ。150分超の長い映画だったけれど、長さを全然感じませんでした。 私は、何度か拍手をしたくなりました~。でも、港北109シアターのお客さんは静かで、誰も拍手してなかったです。

そうそう、マリウスくんですよ。 『マリリン 7日間の恋』を観た時も、いい声だなあと思っていたんです。歌声も素敵だわ。『マリリン~』の役柄もよかったのよ。もし機会があったら、こちらも見てみてね。子供たちに、お母さんのお気に入り、というと、お母さんの好みは似てるって言われました。

One Day More の演出、よかったですね。どんどん気持ちが高ぶっていく感じで。 このあたりは、映画にしかできない演出だと思いました。
ただ、え、ここもふしつける?ってとこもあったわ~。徹底してミュージカルだったね。

ミュージカル系の層の熱さは、やはり日本は負けるね。「Glee」とか 「Smash」なんかのテレビドラマに出てくる役者さんもみんなものすごくうまいからね~。

思い切って行ってよかったです。ありがとう~♪

<< 春に長財布と次女のセーター♪ 忙しかったです >>