旅行記 ⑨ ローマはやはりすばらしい   

さて、記憶が薄れないうちに旅行記を完成させないと。

フィレンチェからユーロスターでローマに向かう車中、次のホテルはどこかいな、とローマの地図を広げていると、私の隣に座っていたイタリア人のおばさんが覗き込んできました。「何を探しているの?教えてあげましょうか?」って雰囲気でした。私も、ローマに関しては全然下調べをしていなかったので、渡りに船、、、と言いたいところですが、おばさんはイタリア語しか喋れず、私はイタリア語が全くわからない。私は英語で、彼女はイタリア語でコミュニケーションを図ろうとしますが、お互い相手の言うことが????で、全く意思の疎通ができません。二人共しゃべりたい気持ち満々なのに、気持ちが伝わらないって歯がゆいですね。ついに諦め、お互いニコッと笑い合って会話終了となりました。でも、彼女が地図を書いてくれたので、ホテルの位置はなんとな~くわかりました(ところがあとで、大苦労)。

私たちがそうやって話しているのを見て、夫の隣に座っていた日本人男性が夫に話しかけ、二人の会話が始まりました。実は私は、ふたりはいつ話し始めるかなあ~と密かに観察していたのですが、フィレンチェを出発して30分後くらいでしたかね。話し始めると、どんどん会話が弾みます。フィレンチェで何を見たかとか、ローマで何を見るべきかとか、子供たちがいくつかとか、いろいろ。そしてそのうち、そのご主人が夫にローマでは「ローマパス」というのを使えばいいと教えてくれたそうです。なんでも、これを持っていれば、地下鉄、バスは乗り放題だし、美術館、博物館は並ばずとも入れるとのこと。これはいい、ということで、ローマに着くとまずローマパスを手に入れようということになりました(夫の中で)。でも、これが私の計画を狂わせることに。。。
ローマパスってこんなの

駅に着くとすぐローマパスをゲットすることになったのですが、どこで売っているかわからない。とりあえず、インフォーメーションに行きましたが、さすが一国の首都の駅。インフォメーションにズラッと人が並んでいます。わ~、時間がかかりそうと思いましたが、窓口もずらっとたくさんあって、すぐに順番が回ってきました。そしてわかったことはローマパスは駅の売店に売っているとのこと。早速買いに行くと、一つ目の売店では売り切れ。二つ目の売店でようやく買うことができました。20ユーロなり。

そしてここからが問題。ホテルはナヴォーナ広場の近くなのですが、どうやっていくか。二人とも、〈イタリアーぼったくりースリがうようよー用心しなきゃ〉と決め付けていて、タクシーはなんとなく避けたい。では、バスなんだけれど、どの市バスに乗ればいいのか今ひとつわからない。頑張って何人もの人に聞きながらやっとバスに乗り、ナヴォーナ広場の近くで降りる。ここからがまた大変。道は入り組んでいるし、二人共方向音痴だし、ホテルは見つかりにくい小さいホテルだし。ここでも、手当たり次第に人に聞き、なんとかたどり着いたのは、ローマのテルミニ駅についてから2時間後くらいでした。タクシーだったらすぐだったろうになあ。

ナヴォーナ広場
e0123392_2043089.jpg


あくる日はローマ観光。これも大変な一日。なにせ、暑い。乾燥して太陽がジリジリしている感じ。
街の中には遺跡がいっぱい。
e0123392_20474459.jpg
e0123392_2048484.jpg

by oakpark | 2012-09-22 20:22 | 雑感 | Comments(2)

Commented by そしてごっどはんど at 2012-09-24 12:35 x
ちょっとした冒険でしたね。ガチンコの旅みたいな。

>おばさんはイタリア語しか喋れず
英語が話せれば大丈夫と思ってしまいますが、
そうでもないようですね。(私は英語も話せませんが)

>ローマパスは駅の売店に売っているとのこと
勉強になります。
Commented by June at 2012-09-24 19:41 x
♪ そしてごっどはんどさん

>ガチンコの旅
そうなんですよ~。なにせ貧乏旅行で。できるだけ余分なお金を使わないようにしたので、体力使いました。ユーロスターもネットで早めに買っておくと安いんですよ。当日買うより。

>コミュニケーション
言葉が通じないってしんどいですよね。でも、今回のイタリアの印象は意外に英語が通じる、、でした。お店で働く人はだいたい英語は少しはしゃべれる感じでしたよ。20年くらい前に行ったスペインでは英語も全然通じませんでしたから。

>ローマパス
有名なチケットのようです。確かに便利なのかもしれません。もう少しお金を出すと、ローマパス+観光バスのチケットもあったように思います。
ぜひ、いつかイタリアに行ってください。

<< 旅行記⑩ ローマは素晴らしい、... ミュージカル「ミリオン・ダラー... >>