旅行記⑧ フィレンチェは「豚に真珠」だったかも。。。   

そしていよいよ、ウッフィツィ美術館へ。
ここは、もしかしたら美術好きの人にとってはあこがれの場所なのではないでしょうか。「地球の歩き方」にも〈メディチ家の財力を結集したルネッサンス美術の全てがここにある)と書いてあります。しかし私たち(特に私)はこの美術館の値打ちをあまり分からず訪れたのでした。

チケット売り場で並んでいたら日本人の家族がいました。その人たちは二度目にこの美術館に入場しようとしていたみたいです。「見所はどこですか」と尋ねると、美術に明るそうな奥さんの方が「この前日本に来た『受胎告知』がすごかったですよ~。日本では何時間も並んで、見られた時間なんて5分くらいなのに、すごく近くからじっくり見ることができますよ~」なんて言われ、夫と二人曖昧な笑顔を浮かべて「そうなんなんですね」と適当に合わせていました。

中には入り、ふたりで、「受胎告知」だけは見なあかんね、と確認し合ったのですが、なんと、「受胎告知」がいっぱいある~。ここにもあそこにも~。レオナルド・ダ・ビンチのとかマルティーニのとかあ。日本に来たのってどれだろう。それにイエス様を抱いたマリア様の絵もいっぱい。テーマがほとんど同じなんじゃないの~。 日頃から私よりは絵にくわしいと豪語している夫に「教えてよ」とせまると、「いや、おれがくわしいのはルネッサンス以降や」とか言うし。

ツアーじゃないとこういう時に困るんですよね。何が有名で何が重要か。ここまで来たんだから何を見ておかなければいけないか、がわからない。とりあえず、お客さんがたくさん前にいる絵が有名なんだろうということで、それらの絵を中心に回りました。たくさんありすぎてじっくり見ていると何日あっても足りない感じでしたね~。 そして、これらの重要だろうと思われる絵の絵葉書を買いました。だいたいあってるかしら?
e0123392_15395194.jpg


このあと、アカデミア美術館で、7メートルもある「ダビデ像」を見て、だいたいフィレンチェ観光はしたつもりになった私たち。またまた早めにホテルに戻って休憩することに。

次はいよいよローマです。ユーロスターに乗りこみ、今度は座席を間違えないようにしました。ユーロスターの座席は向い合わせになるようになっています。4人がけの席に、私と夫が窓側の向かい合わせの座席、私の隣が大柄のイタリア人の中年女性、夫の隣が日本人一家の旦那さん、通路をはさんで向こう側の4人がけに日本人一家の奥さんとお嬢さん二人(大学生と中学生だとあとで判明)です。お嬢さん方は最初からずっと爆睡。 夫とその旦那さんは言葉を交わすのかどうなのか、私は興味を持って見ていました~~。


つづく。

by oakpark | 2012-09-09 15:49 | 雑感 | Comments(4)

Commented by そしてごっどはんど at 2012-09-09 21:19 x
私も美術を語れる知識はありませんが、
たとえば絵画だと、自分で描いてみるとわかるんですよ、
名作と言われる物の技法とか画期的なところが。

Juneさん、これを機会に美術に詳しくなるのでは?
Commented by June at 2012-09-09 22:52 x
♪ そしてごっどはんどさん

>自分で描く
ひえ~。そういうことは考えてもみませんでした。私には無理です~。とにかく、小さい頃から絵が苦手で苦手で。 でも、なんでも勉強って真似ることから始めるのですものね。たしかに裸婦とかむずかしそう。あの丸いラインが。

美術に詳しくはなれそうにありませんが、テレビの「イタリア語講座」のテキスト買いました!
Commented by yaya at 2012-09-09 22:55 x
>ウッフィツィ美術館
美術好きの私はフィレンチェに行ったらなにをおいても真っ先に行くところです。(笑)
左側から5作品は超有名、中下はジオットかな?
右上はパルミジャニーノの「首の長い聖母」、右下は判りません。見た事ないかも。
実際にみると「ビーナス誕生」って写真で見るより数段綺麗ですよね~♪
>ドゥオーモ
色がきれいですよね~(^-^)
Commented by June at 2012-09-10 09:21 x
♪ yaya さん

やはり、そうですしょうね~。 日本だと1枚で超話題になりそうな絵がたくさんあったようにおもいます(詳しくないのでわからないが)

右下の絵は、なぜか現物で惹かれたのです。美術品として惹かれたというより、「この子はどういう子なのかな。。。」ってかんじです。多分有名じゃない絵です。Bronzinoという人が描いた絵です。中下はマルティーニの『受胎告知』。ってことはやはり日本に来たのはダ・ヴィンチのほうなのですかね。『受胎告知』が'Annuciazione'というのも覚えました。「首の長い聖母」っていうのですか、これ。私はこれはこの女性綺麗だな、と思ったのです。多くの絵に描かれている豊満な女性と、少し違うと思いい、印象に残りました。
「春」と「ビーナス誕生」は人気でした~。

<< ミュージカル「ミリオン・ダラー... 旅行記⑦ フィレンチェは「豚に... >>