「ジーノの家」 内田洋子   

e0123392_21471777.jpg


今年の夏、5年ぶりに海外に旅行に出かける予定です。楽しみなんだけれど、子供たちをおいていくので不安でもあります。 大丈夫かしらん。 しかも、出発日が近づいているというのに下調べが全然出来ていない。5年前、家族でハワイに行った時は、ほとんどの旅程を私が考えました。どこに行くか、どういう順番で行くか、全て細かく決めておいたおかげで、効率よく楽しめる旅になり、家族みんなから感謝されたものです。しかし今回は、ホテルと移動方法を決めたらホッとしてしまって、どこを回るかとか、どこで食べるかを考えるのをついつい後回しにしてしまい今に至っています。しかも、そうこうするうちに、オリンピック始まっちゃったし。 どうしてもテレビに釘付けになっちゃうし。 ますます下調べができません~。 そもそも私は、何かしようとするとき、たっぷり時間がないとできないタイプなんです。隙間の時間でしゃしゃしゃっと、仕上げちゃうような器用なタイプではない。とかなんとか、言い訳している場合じゃないんだってば。

上の本は、旅の下調べの一環で今年の春くらいに購入したもの。旅程の中にイタリアが入っているので、イタリア気分を味わおうと思ったわけですね。つまり、旅の準備の初期の初期の段階で読むべき本を、つい最近読みおわったのです。これでイタリア気分満載になり、イタリアについてどんどん調べる、予定だったのですが。。。

この本の著者は1959年生まれ。イタリアに惚れ込んで、30年以上住み続け、今度こそ日本に帰ろう、帰ろうと思いながら、ずるずるイタリアに住み続けてしまう程、イタリアが大好きらしい。 

私の貧弱な知識からイタリアという国に持つイメージといえば、ピザ、スパゲティ、おしゃれな男、すり、カンツォーネ、歴史的な建造物、など。。。恥ずかしながら、今まで特に強烈に興味をそそられたことがない。なんとなく、自分とはあまり縁のない、遠い国のように思える。

内田洋子さんの本を読んで、エッセイ本としては、すばらしいなあとは思ったけれど、イタリアがイメージしやすくなった、ってことはなかったな。 たとえば、「内気なイタリア人」なんて、あまり想像できない。私の中では、イタリア人はみんな陽気な人たち。本当はそんなはずないんだろうけれど。どんな国なのか。

イタリアでの滞在期間は短いけれど、何か面白い発見があればいいな。

by oakpark | 2012-07-28 23:52 | | Comments(2)

Commented by hiromi at 2012-08-02 17:15 x
あら、ヨーロッパ旅行に行くことを全然知りませんでしたわ。
イタリアだけではないのですね。

お子さんたちは置いて、夫婦で夏休み?
私も暑いし、忙しいしで旅行の下調べは0です。
何もかもパックになってる旅行なので、
もうそれでいいかーってメンドクサクなってきてる。
早朝から出かけるのに前日まで仕事だし
行くことで満足しちゃおかなという気分です。

また旅行話 聞かせてください。
Commented by June at 2012-08-02 22:37 x
♪ hiromiさん

ヨーロッパ旅行ではないのですよ。イタリアとアメリカです。アメリカは例のあれですよ、あれ。没後35年なんでねえ~。

久しぶりの海外なので、私も、行くことだけで満足しちゃいそうです。二人だけなので、なんとかなるかな、というのもあるし。 家族全員で旅行というのは我が家はなかなかむずかいいわあ。 hiromiさんちは、お子さんたちが親に合わせてくれるからいいよね~。

涼しくなったら、また旅の話でもしましょう♪

<< 柔道がおかしい 若者の夏 >>