「カーネーション」が終わった   

ついに、NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」が終わった。最終回は、まあ、あんなふうにするのが一番だったんだろうな、という終わり方だった。

私が「カーネーション」に出会ったのは確か、糸子役が子役の二宮星ちゃんから尾野真千子さんに代わる、第2週目、10月10日ごろだった。実は前作の連ドラも途中から観ていたのだが、後半のあまりのだれ具合に腹が立ち、もう朝ドラは観ないでおこうと思って、遠ざかっていたのだった。それが、ちらっと「カーネーション」を観たとたん、画面に釘付けになった。オノマチ糸子が魅力的ったらありゃしない。なんだか、昔を思い出す感覚だった。私自身も子供の頃、男まさりでおてんばで負けず嫌いの女の子だったもんだから(今は見る影もない。。。)、自分に重ね合わせる部分もあったのかも。

出演者の演技も脚本も演出もよく、一瞬たりとも見落としたくなくて、毎日録画し、リアルタイムで観ることができないときは,あとでゆっくりひとりで観たものだった。毎回、ほうっと、感心したり、涙ぐんだり、何かしら感じるところのあるドラマで、毎朝起きるのが楽しみだった。久しぶりに聞く、自然で威勢のいい関西弁に元気をもらった。あまりにも面白くて、前作のように失速しないでくれ、と願うようになったくらいだ。

ところが、結果的には、失速というわけではないけれど、やはり今回も後半にいくほど輝くを失っていくのが残念だった。前半は意外な展開、意外な演技、意外な演出がとっても良かったのに、最後のほうはありきたりで先が読めてしまい、もっと言うと「感動」の押し付けのように感じ、なぜか気持ちがさめていった。冷静に分析すると、全体として決して悪い出来ではないはずなのに。

長期間にわたるドラマ作りって大変なんだなあ、と思う。今回は特に前半が面白すぎたのがいけなかった。普通、最初は視聴者をひきつけるために特に面白いものだけれど、途中、少しだれる時期があり、最後に盛り上げて、ああ面白かったとなる。なのに今回は面白い時期が長すぎて、視聴者の目も厳しくなり、ハードルが上がってしまった。少しでもつまらない回があると、視聴者からのクレームがくる。面白さを持続させようと、どんどん新しい出し物(登場人物)を出していくうちに話が単調になってしまった。連続性がなく、切れ切れのエピソードになってしまった。

糸子が主役のドラマのはずが、いつのまにか小原家(コ○ノ家?)の娘たちのドラマのようになっていったのも残念な要因。初めのころは糸子の心情がよくわかったのに、後半はどういう人物なのか何を考えているのかがよくわからなかった。笑いの要素もなくなってしまったのも残念だった。どうせフィクションなんだから、事実を曲げてでももっと、面白くできたのでは。私としては3月以降で一番好きだったのが、ジョニーでした。ジョニーのエピソードを増やして欲しかったかも? でも、それだともっと主題からそれていくかしらね。

何はともあれ、半年間楽しませてくれてありがとうございました。しばらくは朝ドラは休もう。

by oakpark | 2012-04-02 01:20 | Comments(6)

Commented by そしてごっどはんど at 2012-04-02 17:23 x
恥ずかしながら「カーネーション」を観たことはないのですが、
尾野真千子は好きです。

と言っても「恋する日曜日 ゆらゆら〜バカンスはいつも雨」
「ギプス」「Mother」の三作品しか観たことがありませんが。
特別オーラを持っているタイプには見えないのですが、
気付くと尾野真千子が観たくて画面を見てしまうような、
そんな不思議な存在感が素敵です。
Commented by hiromi at 2012-04-02 18:40 x
最終回の途中で電話がかかってきてしまって
見逃がした部分があるので教えてください。
小原家の2階でだんじりの日にご近所さんがみんなで集まっているシーン、上品な夫婦と子供2人の家族が紹介されていたようですが、あれはどちらのご家族ですか?
誰かの子供さん夫婦?
わかんないまま終ってしまったので、なんだか心残りなんです。
知ってたら教えてー。

オノマチは
やはりNHKの「外事警察」と「火の魚」が良かったです。
美人さんじゃないけど、存在感のある芝居をする人だね。
どっちもすごく面白いドラマなので
レンタル屋で見つけたら是非是非。
Commented by June at 2012-04-02 20:15 x
♪ そしてごっどはんどさん

そうそう、尾野真千子さんって、他にもいろいろ出てらっしゃるのですよね。そのわりにはあまりメディアに出てきてなかったですよね。だから私は全然知らなかったのです。確かに、一見オーラはない、普通の人のように思えるのですが、見ているうちにどんどん見たくなる女優さんです。どんな表情をみせてくれるかなあとか、どんなふうにせりふを言うかなあとか、いろいろ興味がそそられるんです。
どこかに、壇れいに似ているといっている人がいましたが、存在感がないようである実力者という点では似ているかな。今回の金麦のCM好きです! あの上品なお顔で、〇〇開いて自転車に乗っているところがキュートです!

他の作品も観てみたいです。
Commented by June at 2012-04-02 20:20 x
♪ hiromiさん

あれはですねえ、病院のショーのところに出ていた末期がんの患者さんなのです。ちょっとこのエピソードの導入の仕方、どうよ、と私が思ったまさにそれです。周防の娘のエピも無理やり感があるしな。。。脚本家、代わったのか、と思うほどでした。。 

「火の魚」は、いろんな人が話題に出していますね。機会があったら見てみたいです~。再放送とかしてくれないかな。

Commented by hiromi at 2012-04-02 20:42 x
ああ、末期がんのお母さんね。
末期がんなのにだんじりの日は小野家に来られるぐらいに元気だったの?よくわかんないなー。髪も抜けて帽子かぶってたような気がするけど・・・

火の魚 カーネーション人気だからか7月にDVDが発売されるようです。たぶんツタヤレンタルにも並ぶと思いますよ。

http://www.amazon.co.jp/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E7%89%88-%E7%81%AB%E3%81%AE%E9%AD%9A%E3%80%90DVD%E3%80%91-%E9%BB%92%E5%B4%8E%E5%8D%9A/dp/B007P7F2WM/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1333366696&sr=8-4
Commented by June at 2012-04-02 23:29 x
そうそう、あのお母さんよ。
二人の息子が大きくなって。

朝ドラだから仕方がないのかもしれないけれど、悲劇は描かないのよねえ。それにしても楽観的過ぎないかな。「おひさま」の後半を思い出してしまった。

「火の魚」って室生犀星が原作なのね。それに渡辺あや脚本か。原田芳雄の遺作かしら。 いいドラマに当たると、なんだかうれしくなるよね。

<< 父と娘の韓国旅行 たかが紙袋、されど紙袋 >>