久しぶりののラブコメ♪   

疲れているときや、な~んも考えたくないとき、ラブコメが見たくなります。でも、ラブコメって難しい。はまると楽しいのだが、はまらないとばかばかしさに腹が立つ。 
↓ これは、けっこうよかったほう。

● 『かぞくはじめました』(Life As We Know It, 2010)
   監督:グレッグ・バーランティ  出演:キャサリン・ハイグル  ジョシュ・デュアメル
e0123392_19484428.jpg

私は面白かったと思ったのですが、日本未公開なのですね。主演二人があまり有名でないから?にしても、最近日本で公開される映画って、刺激の強いものか、じみ~で芸術性が高そうなものか両極端な気が。

ストーリーは、今までにも何度か聞いたとがあるようなありふれたもの。こういう映画あったよなあ。タイトル思い出せないけれど。ある新婚夫婦が、お互いの親友(ホリーとエリック)をくっつけようとする。ところが二人は水と油。全く合いそうにない。だが、夫婦は一人娘の誕生日会など、ことあるごとに二人を呼び4人で楽しいときを過ごしていた。ホリーは勤め先のベーカリに時々やってくるお医者様に片思い。プロバスケットボールの試合をテレビ中継する仕事をしているエリックは、ハンサムでマッチョでもてもて。とっかえひっかえ女性と付き合い、のーてんきな毎日を過ごしている。ある日、突然新婚夫婦が交通事故で亡くなり、1歳の一人娘が残されてしまう。しかも、なんと娘の養育を、ホリーとエリックにまかせる遺言を残していたのだ。さ~て、 水と油の二人が、一つ屋根の下で慣れない子育てを始めたからさ~大変。 最初はいがみ合っていた二人だが、そのうちに。。。

てなぐあいで、もう結末はわかりますね。でも、ラブコメはそれでいいんです。要は、そこに行き着くまでをどう見せるかですから。 ラブコメは主演の男女の魅力につきますよね。好みの俳優ならばお気に入りの映画になるだろうし、そうでない場合は記憶にも残らない映画として忘れ去られてしまいます。

特に女優さんが好みに合うかどうかは大きい。今回の主演のキャサリン・ハイグルは好みが分かれるかもしれません。そこそこ美人でスタイルもいいけれど、どこにでもいそうな、インパクトが弱い容貌だし、ちょっと大味な感じ? でも、私は、がんばっているしいいと思います。変な顔をしても、上品さが残っているのがいいです。他の作品としては『幸せになるための27のドレス』しか見たことないのですが。がんばっているし、笑える演技をしてくれます。

そして今回の男優さん、ジョシュ・デュアメルはなかなかのイケメンでした。私ははじめて見たのですが、「トランスフォーマー」とかに出ているのですね。 演技もなかなか良かったのですが、最後の告白の場面だけがちょっと。。。私も厳しい目で見てしまうのですが。

そう、恋愛映画って実はとっても演じるのが難しいと思うのですよ。実生活では恋人でもなんでもない人のことを、好きで好きでたまらないように第三者に見せなきゃいけないのですもの。観ていて、あ~、絶対あなた、彼女のこと好きじゃないでしょ、なんて思ってしまったら興ざめです。でも、そういうことが多々ある。「好きだ!」という気持ちを演じるのって、恐怖とか怒りとか不安とか悲しみなんかの気持ちを演じるより難しいんじゃないかしら。それがうまく行っている場合は拍手を送りたくなる。 けれど、普通の恋愛映画がアカデミー賞に選ばれることってあまりないですよね。本当は難しいのになあ。


さて、映画ネタにくっつけて、多くの人にとってどうでも良いことを書いてしまいましょう。

最近のニュースから、エルヴィスの孫娘であるライリー・キーオ(22歳)が婚約したそうです。そして相手は、「Magic Mike 」という映画で共演したアレックス・ペティファー(21歳 英国人)という人らしい。なかなかのイケメンさんであります。この人。
e0123392_20344023.jpg

ライリー・キーオも美しくなりましたねえ。
e0123392_20353511.jpg

右側はお母さんのリサ・マリー。一瞬、マイケル・ジャクソンかと思った。 それにしても、リサ・も英国人と結婚したし、ライリーちゃんもですか。エルヴィスもイギリスで人気あったそうだし。縁があるのかしらね。しかも、ライリーちゃんもリサもそのお母さんのプリシラも初婚年齢若い(プリシラ22歳、リサ20歳、ライリー、このまま行くと22~3歳)ですねえ。こういうのも、遺伝ってあるのかな。

で、もうひとつ、そのライリーちゃんとアレックス君が共演した「Magic Mike」には、最近私が追っかけている「ホワイト・カラー」のマット・ボマー君も出演しているのですよね。男性ストリッパーという役で。ライリーちゃんとのからみ、あるのかしら? スティーブン・ソダバーグ監督作品ですが、テーマが微妙だけに日本公開あるかどうか、どうでしょうね。まあ、DVDになったら観ましょ。

by oakpark | 2012-03-18 20:43 | 映画 | Comments(1)

Commented at 2012-03-19 17:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< やっと終わった! 甘~い香り >>