私の大好きだった『カーネーション』が。。。。。   

あ~、私の大好きだった『カーネーション』が全く別物になってしまいました。主人公糸子役が尾野真千子さんから夏木マリさんに変わってしまったからです。思えば、これほどまでに夢中になった朝ドラはなかったな。尾野真千子・糸子と小林薫・善作の掛け合いが小気味よく、その他の登場人物もみんな個性的で(テーラーの主人とか)ぐいぐい引き込まれていき、毎日『カーネーション』を見るのが楽しみでした。

特に、関西弁の流れのよさが本当にうれしくて、懐かしくて、私ってやはり関西弁が好きだったんだなあ~と再発見したドラマでもありました。今までも関西弁のドラマは観てきたけれど、ここまで関西出身者で固めたドラマもめずらしいのでは。最初のころは奈津役の栗山千明さんと春太郎役小泉孝太郎さん以外は全員関西出身者でした。関西弁というとお笑い芸人を思い浮かべるけれど、お笑い芸人の関西弁は独特というか、普段の生活ではああいう話し方はあまりしなかったりしますよね。へんにデフォルメしていない自然で普通の関西弁を『カーネーション』で聞く事ができてうれしかった。もちろん尾野真千子さん、小林薫さん、をはじめ共演者の方々の演技力、そして愛らしさがドラマをことさら華やかで楽しいものにしてくれていたのでした。

と・こ・ろ・が、夏木マリさんの糸子は愛らしくない。一生懸命関西弁をまねしておられるのはわかるけれど、やはり不自然。脚本家の渡辺あやさんが視聴者を笑かそうとして書いているであろうせりふが夏木さんでは全然笑えないのです。きょうの「なんでカステラに金箔なんて貼らなあかんねん」というのも、尾野さんだったらくすっと笑っただろうなと思ってしまった。普段自虐ギャグをしゃべっている人でないと出せない「あじ」というのが関東出身の夏木さんには残念ながらないなあ~。もともと『絹の靴下』のセクシー歌手で、おもろいことを言って人から笑われるようなキャラではないというもわかってしまっているし。

90歳代の糸子まで描くので尾野さんでは無理があるのはわかるけれど、どうして関西出身の役者を使わなかったのだろう、と思わずにはいられない。 これは夏木さんが悪いのではなく、NHKのミスキャストだと思います。

言葉の響きって本当に大事ですね。今日NHKのスタジオパークでは『カーネーション』で糸子が思いを寄せる相手、周防役を演じていた綾野剛さんがゲストでしたが、長崎弁が上手だったと長崎出身の方が言っておられました。ネットでちょっと調べてみると、自分の初恋の人のしゃべり方に似ていたとブログに書いている長崎出身の方もいたりして。へ~、そうだったんだ。長崎弁のことはわからないからなあ。

私が関西弁をいいなと思ったのは大学1年生の頃でしたね。それまでは自分が関西弁をしゃべっているということすら意識はしなかった。でも、大学生になって、兵庫県に住んでいた私よりずっと強い関西弁をしゃべる子たちが学内にうようよいました。中でも大阪南部(それこそ岸和田あたり?)出身らしき男の子たちがしゃべっているのを聞いていると、おかしくておかしくて。べつになんということはない普通のことをしゃべっているのに、すごく笑えたのを覚えています。それまで女子校に通っていた私には新鮮だった。 それからかな、大阪弁って面白いと思うようになったのは。

その頃のことを思い出すのがこの本なのです。関西出身の方で私世代の方は是非読んでみてください。絶対共感できる部分がたくさんあるはずですよ~。
e0123392_19441318.jpg

by oakpark | 2012-03-08 19:44 | 雑感 | Comments(2)

Commented by willow42 at 2012-03-08 21:19 x
やっぱりちょっとね。夏木マリは嫌いではないのだけど、夏木マリは違ったなー…。
ネイティブの関西人でいなかったかなぁ。京唄子がもうちょっと若かったらいけた?ダメ?
もう少し薄化粧にしてもらって。アカン?
私はメグミさんが死んじゃっててショックでした。六角精児ならフケづくりで
なんとか70代くらいまでいけそうだったのに。

最初に行ってた大学に岸和田出身の子がいて、「食べり~」とか、語尾に
「り」とつけるのが変わってるなーって思ってました。関西弁もイロイロあるね。

この本、さっそく図書館で予約しちゃった。
Commented by oakpark at 2012-03-08 23:14
♪ willow さん

ね、やっぱり無理があったよねえ。全然笑えないんだもん。『カーネーション』感想サイトなんかを見ていると、三林京子とか、十朱幸代のほうが良かった、なんて声もありましたよ。そうねえ、だれがよかったかしらねえ。前作同様、人気がた落ちの危惧が。。。。でも脚本はがんばっているよね。あのヤンキーの兄ちゃんとか、金券ショップの兄ちゃんとか、今後おもしろそうじゃない?

メグミさんも死んじゃったの? あの写真の人たちは全部死んじゃったの?じゃあ、八重子さんも?さびしいね。

「食べり~」の「り~」は私も聞いたことあるかも。でも「~け」はなかったわ。八重子の田丸さんは和泉市出身だけれど、子供の頃聞いて身についていた「~け」はおっさんの「~け」だったらしいよ。知ってるかもしれないけれど、ここに書いてあります。http://www9.nhk.or.jp/carnation/special/tamae/index_4.html

この本、絶対面白いよ! 是非読んでみてね~。

<< 甘~い香り 「ホワイト・カラー」シーズン2... >>