アメリカ関連映画&本   

くるくる忙しい毎日です。 手帳でこの1,2週間の自分の行動を見てみると、習い事(お習字、テニス)、お友達のお見舞い、息子の部活の保護者会、カルチャーセンター、エルヴィス関連の会、近所のお友達とのお茶会、そして仕事をしてきています。12月に入ると、息子のクラスの保護者との忘年会、次女のミニバスチームの保護者忘年会、長女の塾の面談、近所の友達を呼んでビデオ鑑賞会、そして仕事が予定されています。

何かとバタバタして、まだクリスマスツリーも出していません。 近所を見渡すと、先週あたりから、クリスマス電飾を施している家も見受けられますが、節電という観点からするとどうなのでしょうかね。うちは今年はやめておこうかと思ったりもします。 節電、節電といわれ、停電にまでなったあの騒ぎはどこに行ってしまったのでしょうか。

さて、そんな中、最近(と言っても、ここ3ヶ月位かけて)観た映画、読んだ本の中から、アメリカ関連のものを紹介します。

たまたまなのですが、テレビで放映されていた、アメリカの西部開拓時代を描いた映画を2本観ました。

*『西部開拓史』 (How the West was Won ,1962)
   監督:ヘンリー・ハサウェイ、ジョン・フォード、ジョージ・マーシャル
   出演:カール・マルデン、キャロル・ベイカー、ジェームズ・スチュアート、ジェン・ウェイン、デビー・レイノ    ルズ、グレゴリー・ペック、ジョージ・ペパード、リチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ
e0123392_14183463.jpg


*『シマロン』 (Cimarron, 1960)
監督:アンソニー・マン   出演:グレン・フォード、マリア・シェル、ラス・タンブリン、アン・バクスター
e0123392_14314979.jpg


西部開拓時代は、本当にあんなふうに、ヨーイドン!で馬を走らせて、早いもん順に土地をとっていっていたのでしょうかね。なんにもない荒野で、家を建て、土地を耕し、食料を確保して、生活していくって大変だったのでしょうねえ。大変な重労働なのに、男性はシャツにズボンにジャケット、女性はぞろぞろと長いスカート。動きにくかったでしょうねえ。 『西部開拓史』の出演者の豪華なこと。 気合の入った映画でした。

それに関連して、というわけでもないけれど、前から少しずつ読んでいた本をやっと読み終えました。
e0123392_1436481.jpg


*「学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史 上・下」 ハワード・ジン著、鳥見真生訳
*「検証 アメリカ500年の物語」 猿谷要 著

どちらも、大変わかりやすく、おもしろかったです。 アメリカという国がどういう経費を経て、どういう犠牲を払って、世界の大国に成長していったかがよくわかります。「検証アメリカ500年の物語」では、歴代の大統領の特徴などもわかりやすく解説されています。一番人気のない大統領のひとりが、南北戦争で北軍の勝利の立役者でもあったグランド将軍というのも不思議な感じです。ニクソンは、ケネディーに僅差で破れ、次の大統領選では僅差で勝利し、その次は今度こそ大差で勝利しようと色気を出したことがウォーターゲート事件につながった、という流れも、なるほど~と思いました。

さて、アメリカの歴史といえば、ロックの誕生も外せませんね!
ロックミュージックの誕生は1950年代初頭。黒人が持ち込んだリズムとヨーロッパのアイルランド系白人が持ち込んだフィドルを使ったカントリーミュージックの融合に端を発している、、、、、
というのは、先週の土曜日、NHK教育で夜11時から放映されていた「スコラ 音楽の学校 ロックへの道①」で学びました。次回12月4日(土)の放送では、いよいよ我が愛しのエルヴィス・プレスリーの登場です。
このブログをご覧になっている方、是非、この番組も観てみてくださいね。同じ12月4日の午前11時からは前回の分の再放送もありますよ。坂本龍一氏が先生役で、若い世代に様々なジャンルの音楽を解説するこの番組、とっても面白いですよ。
番組サイトはここです。

by oakpark | 2011-11-30 14:58 | 映画&本 | Comments(0)

<< 一番‘虚しい’家事、、、、、、... 秋冬ファッション、私のこだわり >>