今日の出来事   

大地震から6日目。 長女の卒業旅行も、次女のミニバスチームの卒業イベントも、私のエルヴィスイベントもすべて中止になった。今週はテニススクールも仕事もお休み。ニュースを見ていてもつらくて気分が沈みがち。 昨日はお天気も悪かったせいもあって何もする気がしなかった。

今朝はお天気が良くなり、ちょっと気持ちも上昇。昨日は自宅待機だった夫も出勤し、風邪でお休みしていた次女も学校に行き、長女はいつものようにまだ寝ていた8時過ぎ、長男からメールが入り「教科書を購入するためのお金を忘れたから駅まで届けて欲しい」とのこと。これから洗濯、というところだったけれど仕方がない。すっぴんでサングラスだけかけて、出来るだけ使わないようにしている車で出かけていった。

途中で、長蛇の車の列を発見。先頭らしきところに目を凝らすと、やっぱりガソリンスタンドだ。なになに?9時半開店。(停電がなければ)1000台分あり、と見えるぞ。これはラッキー。まだ半分くらいは残っているけれど、早いうちに入れておこうと思い、まずは長男にお金を届けた。 そして帰り道。最後尾はどこかと探したら、ガソリンスタンドのあるブロックを一周している。ざっと50台くらいは並んでいるか。まあ、今日は午後に次女が入学する予定の中学の物品販売に行く用事があるだけだから、少々時間がかかっても並ぼう。

順番がきたら満タンに出来るわけだけれど、こういう時節柄少しでも節約だ。待っている間はエンジンを切ろう。ラジオでも聞こうかなと思ったけれど、バッテリーがあがったりしたらしゃれにならん。本をもって来たらよかった。通りを行く人をぼや~っと眺めたり、携帯で友達にメールを送ったりしながら待つこと1時間。9時半きっかりに列が動き始めた。すると、前方の信号がパタッと消えた。え?停電? やるやるといいながら実施されていなかった停電がついに実施されたのか。それにしても、なんの前触れもなく、なんの放送もなくいきなり停電とは乱暴な。 かなりの交通量の交差点だからみんなとまどっているようだ。歩行者はどのタイミングで渡ったらいいかわからない。 遠慮がちの人はなかなか渡れないでいるようだ。誰か交通整理をする人はいないのか。 それより! 停電になったらガソリンは入れてもらえないのではないだろうか。看板には (停電のない場合)と確かに読めたぞ。 せっかく並んだのに~。 でももうしばらく待とう。すると、誰も列から離脱する人はなく、徐々に前に進んでいる。 あとでわかったのだが、ガソリンスタンドのあるブロックは停電になっていなかったのだ。ラッキーだった。

これでやっとガソリンを入れられるぞ。 少しずつ進む列。 ガソリン節約のためいちいちエンジンを止めていたら、動き出したときにスタートが遅れ、前にあいてしまったスペースにトラックが入ってきた。くそ~。クラクションを遠慮がちに(だって怖い人だったらいやだもの)を鳴らす。するとそのトラック、この列がガソリンの列だと知らず、ただ左折するために左によってきただけだったみたいで、そそくさと右車線に出て行った。いい人だ~。これを教訓に私はその後エンジンを止めるのをやめた。ま、順番がきたら満タンになるんだし。ところがすぐ前の人がやはりいちいちエンジンを止めている。しかも車の中でお仕事かお勉強をしているらしく、前の車が動いてもすぐに動き出さないので、すぐにかなりのスペースがあいてしまう。 そんなことをしていたら~。他の車に入られちゃうじゃない!とさもしい気持ちになる私。はやくいけ!とクラクションを鳴らしたくなるのをじっと我慢して並び続けること2時間、やっと順番が回ってきた。わ~い。ついでにお手洗いも貸してもらおうっと。 で、「マンタン」と言おうとしたら、なんと~。『お一人様2000円分でお願いいたします』の張り紙が!遠目で「1000台分」とあったと思ったのは「2000円分」だったのだ~。  2000円分で 13.89ℓ。ガソリンメーターのメモリ一つ半分しか増えなかったよ。でも、でも、被災地に必要なガソリンを供給するためにも私たちは必要最小限で我慢しなくちゃね。と自分に言い聞かせ、急いで帰路につく。早くしないと次女が帰ってくる時間だ。

家につくと、家も停電中だった。洗濯は終わっていたので干すだけだ。放射能が心配だから今日は中に干そう。今日の昼食は、備蓄用に買っておいたカップラーメン。 ガスは使えるのでお湯を沸かすだけでいいし。午後から中学校に行かなくちゃ行けないから時間もないしね。 長女、次女、私でカップラーメンを食べた。停電が終わるはずの1時を過ぎても電気がつかなくて、少し前に起きてきたらしい長女はお冠。「なんで電気つかないの! ちゃんと時間を守って欲しいんだけれど!」 食事をしながら音楽を聴きたいと思っていたらしい。この長女、この春は大学には落ちるは、地震や停電の影響で予定していた遊びがキャンセルになるはで、全くついていない。よって、一触即発の機嫌の悪さだ。家族の誰も近づこうとしない。でも、本人曰く、外ではとっても良い人らいし。ほんとかな~。 で、1時を過ぎても電気がつかなかったのは東電さんが悪いのではなく、私がブレーカーを落としていたからだった。だって、これもやはりどこかで、「停電中はブレーカーをおとすべし」と書いてあったように思ったんだもの。 1時15分頃にこの事実に気づき、ブレーカーをあげると無事電気が戻ってきた。長女は・・・・笑っていた。よかった。停電中の便座はとっても冷たい。

さて中学校に行かなくちゃ。何を着ていこう。放射能が心配だから、洗える服。もっと言えば捨ててもいい服にしようっと。今朝の朝日新聞の『被爆をどう防ぐ』という記事の中で「(帰宅時は)服を着替え、脱いだ服はポリ袋に入れて口を縛る」とあったし。でも、ここで質問。ポリ袋に入れた服はその後どうすればいいのでしょうか。ポリ袋に入れたままずっと置いておくの?それとも捨てるのかな。同じことをテレビでも言っていたけれど、やはり「・・・・・・・・・口を縛る」で終わっているのですよ。誰か教えてください~。

次女と二人で中学まで歩き始めたけれど、あまりにも風が強くハードコンタクトの私にはつらすぎる天候。家に戻ってめがねに変えた。友達との待ち合わせ時間に間に合いそうになくなり、車で行くことにした。歩いて15分くらいの道のりだけれど、今日はあまり歩きたくない気分だし。放射能も怖いし。 中学校の近くにドラッグストアの大きな駐車場があるけれど、学校からのプリントにもそこには停めないようにとあったな。正直者の私は少し離れたところにある有料駐車場(最近多いですよね)に停めました。20分100円。 中学の通学バッグと体操服と上履きを購入。風が本当に強い。大丈夫かなあ、放射能。


友達情報で、明日は近くのガソリンスタンドが9時から開店するらしい。 もう少しないと心配だから朝から並ぼうかな。そしてその後は、しばらく手に入っていない牛乳をゲットするためにスーパーに並ぼう。

それにしても、なんで、こんなことになるの?
マスクのときもあっという間になくなったし。 大衆心理って不思議だ。。。


外国人もどんどん国外退去しているらしい。そりゃそうだわな。もし私が日本に住む外国人でも同じことを考えると思う。 そんな中、まさに地震のあった3月11日に来日したシンディ・ローパーが予定通り東京公演を行うらしい。親日家なんだそうだ。今度の震災で傷ついた人々の心を癒して欲しい。


スポーツ選手もそれぞれメッセージを発している。今朝の新聞のスポーツ欄にはインテル・ミラノの長友選手が「離れていても心は一つ  You'll Never Walk Alone」と書かれた日の丸を掲げた写真が載っていた。またこの曲が聴きたくなった。曲もいいけれど歌詞がいいんだよね~。やっぱ、エルヴィスで。 二つ目のフレーズ、エルヴィスは head up って歌ってます。どっちが正しいのか知らないけれど。

by oakpark | 2011-03-16 20:47 | 雑感 | Comments(0)

<< 今日の出来事② 皆さんのすむ地域はいかがでしたか >>