先週はいろいろありました。。   

昨日の日記の訂正から。『年下の男の子』はキャンディーズの5枚目のシングルでした。この曲以降、センターが蘭ちゃんに代わりましたが、引退を決めてから一度だけ「わな」という曲でミキちゃんがセンターになったそうです。これは蘭ちゃんとスーちゃん二人からの提案だったそう。「センター」って大事なんですね~。今やセンターがファンの投票で決められる時代ですからねえ。きびしい~。お暇な方はこちらをどうぞ。キャンディーズシングルメドレー

と、こんなどうでもよいことを書いていますが、先週はいろいろありました。

まず一番の事件(?)は、4月から次女が通う中学の指定校変更をしたことです。どのような手続きかといいますと、まず1月の第2週頃に、あなたの通う中学はここですよと知らせてくれる「学校指定通知」という葉書が来るのです。この指定された中学と違う中学に通いたい場合は、20日から27日の間に役場に行って「指定校変更願い」の用紙をもらいます。そして、ここからが大変なのですが、まず指定された学校の校長先生に会い、これこれこういう事情でこちらの学校には通いませんということを申し立てします。それで了解を得れば、今度は通いたい学校の校長先生に会い、これこれこういう事情でこちらの学校に通いたいので許可してくださいと頼みます。それでオーケーが出れば、もう一度役場に行って指定校変更の手続きをしてもらうという段取りです。家庭によってさまざまな理由があるでしょうが、うちの子の場合は、去年の引越しで隣の校区になったけれど、小学校時代時代に築いた友人関係を維持するためにも、お友達と同じ中学校に行きたいという理由です。もちろん姉も兄も通った中学なので制服もそのまま使え、愛着があるというのもあります。そういったことをすべて盛り込んで「指定校変更願い」の用紙にがんばって作文しました。次女には作文の内容をチェックされ、絶対20日の9時に役場に行けと厳しく言われ、結構プレッシャーがかかりましたよ。 中学の校長先生はお忙しいので、スケジュールをあわせるのも大変で、テニスの試合もあったし(そんなこと言えないし)、外出の予定もあって、スムーズに事が運ぶかどうか、どきどきしました。幸いなことに、そのようなケースなら大丈夫ですと、両方の中学の校長先生に言っていただけて、ほっとしました。通いたい学校は普通の公立中学ですが、なぜか人気が高く、毎年40~50人は越境で来られる方がいるそうです。人数が多いから厳しいよと周りの友人にも言われていたので無事に手続きが終わってよかったです。

あとは、私には珍しいことですが、お友達に誘っていただいて、東京ドームまでキルト展を見に行きました。
e0123392_23363738.jpg

いや~すごかったです。 作品のすばらしさにも驚きましたが、お客さんの多さにも驚きました。平日だというのにどこから湧いてきたのかと思うほどの数のおばさまたちが東京ドームに集結していましたよ。いやほんとお客さんの9割くらい女性だったのではないかなあ。男性は係員の人か製作者の親族かというかんじでしたねえ。作品を見るのに30分待ちというのもあったのですが、その作品の製作者はなんと三浦百恵さんでした。キルトを作られるとは知りませんでした。原色使いのはっきりした色合いの作品でした。30分並んだら近くから見れたのでしょうけれど、まあそこまでしなくてもということで遠目に見てきました。 そういえば、キャンディーズがオリコンで1位をとったのは最後の『微笑返し』だけだったけど、この時代はずっと百恵ちゃんが1位だったそうですね(いいかげんこの話題から離れろって)。 キャシー中島さんも会場に来てミニ講演をしておられました。こちらも遠目に見てきました。それにしても、布と糸だけでこれだけのことが出来るのね、人間の技ってすごいと思わずにいられないすばらしい作品の数々に圧倒されましたよ。 中学生、高校生の作品や、アメリカのアーミッシュが生活の中で実際に使用していた1870年ごろの古いキルトも展示されていました。一緒に行った、自分でもキルトを製作しているお友達は、本来キルトは実用にも耐えうるものであるべきで、あまりにもデザインに走りすぎるのはいかがなものかと言っていましたが、まあ、絵画かと思えるほど精緻な作品もありましたねえ。 目の保養になったと言いたいところなのですが、なったといえばなったのですが、しばらくその場にいると、なんとなく息苦しくなってきました。これらを作る膨大な労力が想像されて見ているだけで疲れてきてしまいましたよ。その辺が、美術館で過ごす時間とは少し違っていました。でも、いい経験でした~。

さて、そろそろサッカーが始まります。

by oakpark | 2011-01-29 23:59 | 雑感 | Comments(2)

Commented by ユッキー at 2011-01-31 22:46 x
ね、すごいでしょ。ドームのキルト展。
百恵さんのキルト歴、長いのよね。
人気ですものねぇ・・・・待ち行列ができてましたか。
ほんと、あの人ごみに、酔ってしまって、息苦しくなる。
わたしも、早々に、退散したことがあったわよ。

へ~、越境入学って、やつですか。
日本は、なんでも、手続きがタイヘンだわね。
こっちなんか、なんでも、いい加減だから、わたしの性格にピッタシで、いいわ。
Commented by June at 2011-01-31 23:30 x
♪ ユッキーさん

お、ユッキーさんも行かれたことがあるのですね。
いや、ほんと、すばらしかったです。キルトが好きな人ってたくさんいるのですね~。百恵さんのキルト暦長いのですか。私のお友達は一度だけ展示場で見かけたことがあるといっていました。あまり人の多いところには出かけていかれないようですね。

越境の手続き、結構めんどくさかったですよ~。
手続きの煩雑さもお国柄が出るのですね。
アメリカの運転免許取得が取っても簡単でびっくりしたことがあります。

<< 久しぶりにシェイクスピア キャンディーズ♪ >>