今年最初の映画(DVD)は・・・   

カルチャーセンター・洋画講座の課題映画、『レインマン』(1988年 バリー・レヴィンソン監督、 ダスティン・ホフマン、トム・クルーズ ほか)でした。
e0123392_2231364.jpg

今回、久しぶりに観たのですが、とっても良い映画でした。 昔観た映画を、もう一度観る場合、評価は二つに分かれます。初めての新鮮さがない分、驚きが減って、最初ほど感動しない場合と、私が人生経験を経た分以前より深く感じ入る場合。今回は、明らかに後者でした。少し前に、やはり講座の課題で観た『炎のランナー』は後者でしたから、その違いをはっきり認識しました。

ヤッピーで、金儲け主義で、誠実さのかけらもない、カーディーラーのチャーリー(トム・クルーズ)は、ある日ガールフレンドとパーム・スプリングに旅行(いかにも80年代らしい場所だ)に行く途中に、父親の死を知る。表情一つ変えずに電話を受けたチャーリーは、長年確執のあった父の葬式へ参加するため、とりあえず故郷に戻る。そこで、父の遺言によって、遺産のほとんどが自分ではなく、そのとき初めて存在を知った自閉症の兄に渡ることを知る。父の自分に対する仕打ちを怨み、突然現れた兄を疎ましく思ったチャーリーは、懐柔作戦によって遺産の半分をもぎ取ってやろうと、兄を半ば誘拐のような形で施設から連れ出し、車でロスまで二人旅をする。

自閉症という病気を取り扱った映画ではあるけれど、いわゆるロード・ムービーのジャンルに入れてもいいような作りになっています。旅を通して、最初は疎ましくしか思えなかった兄の存在が、徐々にかけがえのない家族の一員のように思えてくる過程が、とてもさりげなく丁寧に、温かい目線で描かれています。映画の最後のほうで、チャーリーが弁護士に「どうして兄がいることを今まで隠していたんだ?」と詰問すると、「知ったところで君に何が出来た?」と言われ、 "It'd been nice to know him for more than just the past six days" (この(一緒に旅した)6日間よりも長い時間彼のことを知っていればよかっただろうに)と返した言葉に彼の成長を見ました。 レイモンドに対して"I like having you for my brother”(兄貴がいてうれしいよ) と言った言葉にジーンときました。

そして、今回一番印象的だったのがラストシーンでした。チャーリーとレイモンドの二度目の別れのシーン。電車に乗りこんだレイモンドが顔をあげなかったのが良かった。じっと見送るチャーリー(トム・クルーズ)がサングラスなのも良かったのかも。ここであまり目の演技をされるとかえってさめる。引き算の演出がとても良いと思えたラストでした。このラストで、私の中でこの映画の評価が2段階くらい上がりました。 映画はエンディングが大事ですよね。

それにしても、この頃のトム・クルーズ、きれい!! こちらにも驚かされました。1962年生まれなので、26歳ということになります。 いや、ほんとに美しいです。

by oakpark | 2010-01-11 23:04 | 映画 | Comments(4)

Commented by nandakanda46 at 2010-01-12 00:14 x
juneさん、今晩は。しょっぱなから、この映画ブログ、気合い入ってますね~。観てなくても(観ましたけど)こっちまで、じーんと来る名解説に感銘を。余り敷居が高くなるとコメントがしずらいです。まじ。「トップガン」で生意気そーだなと想ったけど好きですね。クレオパトラの鼻がじゃないけれど、トム君の背がもう少し高ければハリウッドの歴史は・・なんてネ。
Commented by ユッキー at 2010-01-12 06:24 x
わたしも、観ました、この映画は。そ、トムクルーズ、若かったんですよね、ステキでしたもの。もう一度、観たいナァ~・・・・。
Commented by June at 2010-01-12 23:19 x
♪ nandakanda さん

こんにちは!いえね、今年はちょっと気合を入れてブログを書こうと思っているのですよ。去年の後半はあまりアップしなかったので。敷居が高いなんてとんでもない。いつでもウェルカムです。ただ、基本、私のつぶやきなので、変なことを書いても多めに見てくださいね~。間違ったことを書いていたら、どうぞ指摘してください!

久しぶりにこの映画を観て、トムくんの最新作を観てみたくなりました。
Commented by June at 2010-01-12 23:21 x
♪ ユッキーさん

この映画、かなり話題になっていましたものね。 昔観たときもいいなあ~と思ったけれど、今回またいいな~と思いましたよ。トム・クルーズも素敵です。いろんな映画や俳優さんを見たあとで、若いトム君を見て、やはり魅力的だな、残るはずだなと思いましたよ!

<< 受験シーズン到来! わお! >>