<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

本『映画と本の意外な関係!』 町山智浩   

映画評論家の町山智浩さんは、映画に関することやアメリカの歴史や、現在の政治や文化についてなど、いろいろなことを書いて本にしているが、こういうことも書くのですね、という新鮮な驚きがありました。映画と本都の関係や、映画の中のせりふの元ネタになった詩についてなど、とっても知的レベルの高い内容になっています。こういう本もどんどん書いていただきたいです。
e0123392_15532191.jpg
'いろいろと興味深い内容がありましたが、なかでも、私の大好きな恋愛映画「恋人までの距離 (Before Sunrise '95)」とその続編映画(でも私は最初のが一番好き)にかなりのページを割いてくれていてうれしかったです。この映画は、アメリカ人大学生のジェシー(イーサン ホーク)が、ヨーロッパ旅行中に偶然出会ったかわいい女の子、セリーヌ(ジュリー デルビー)一晩、語り合いながら街を歩く、というただそれだけの映画。ほとんどがとめどなくあふれてくる会話で構成されています。ここまでしゃべり続けるのもすごいなあ、と思うし、それだけ、一偶然の出会いでうまがあったんだろうな、とほほえましくなります。そして、ジェシーの飛行機の時間が来て、電話番号も聞かず別れてしまいます。

町山さんの解説を読みながら、今までの自分の人生を振り返り、たまたまた出会い、自分に好意を持ってくれたのに邪険に扱ってしまったなあと、思う事例が2件あるなあ、と思い出していました。どちらも女の子なんですけどね。

一つ目は、小学校の一年生の時。名前も顔も忘れてしまいました。覚えているのは雰囲気だけ。賢そうな女の子でした。正確には覚えていないし、実は本当にそんなことがあったかどうかも最近では自信がないのですが、ある時その女の子に、「今日、うちに遊びに来て」と誘われたのです。当時私は団地に住んでいて、女の子の家は同じ団地内だけれど、自分の家からは少し遠いと感じる場所にあったと思います。そのときのかんじ、え?なんで私を誘うのかな。特に友達ってわけでもないのにな、と思ったことをかすかに覚えています。少し前の算数の時間にこんなことがありました。先生が算数セットの中にある棒で「11」を作ってください、と言いました。私は、単純に棒を2本出して、それを並べて「11」にしました。すると、先生が、はい、そこと、そこの子、前に出てきてみんなに見せてください、といいました。なぜか私が指名され、もう一人指名されたのが、その女の子でした。私は、何の疑問も持たず、2本の棒を高らかに掲げたのですが、なんとその女の子は10本の束と1本の棒を頭上に掲げいていたのでした先生が言いました。「さあみなさん、どちらが正しいでしょう?」そのあとはもうお分かりですね。私は50年後も忘れない大恥をかいたのでした。そんなことがあったせいか、私は約束を破ってその子の家に行かなかったのです。もしかしたら、その利発な女子は、私のことをかわいそうだと思ってくれたのかな、でも友達になりたいと思ってくれたのかな、といろいろ思ってしまうのですが、答えは永久にわからないまま。なぜなら、その女の子、あくる日に引っ越してしまったのです。なんであの時、意地を張らずに遊びに行かなかったんだろうと、その後時々思い出します。

もう一つは、24歳の時に、イギリスのカレッジのサマースクールに参加した時のこと。いろんな国から、いろんな年齢の外国人が参加していました。スペイン人が多かったかな。日本人も数人いました。韓国人もフランス人もいました。ヨーロッパの人たちは、日本人にはあまり興味がなさそうでした。そんな中、ひとりの東ドイツの女の子が私によく話しかけてくれました。お互いつたない英語で、少し会話を交わしました。でも、当時の私は東西に分断されているドイツのことにも、英語のつたないヨーロッパの人にもあまり興味がなかった。英語を学びたくて、英語ネイティブの人としゃべりたいと思っていた。あまり友好的な態度を示さず、連絡先も交換せずに別れてしまった。その5年後にベルリンの壁が崩壊したとき、あの時の彼女はどうしたかなあ、と思い出した。そういえば、西に住んでいる親戚とは会えない、というようなことも言っていたな、親戚とは会えたかな。ちゃんと連絡先を交換していたら、律儀そうな彼女とその後も交流を続け、興味深い話もたくさん聞けただろうに。

「恋人までの距離」の続編の「ビフォア サンセット」で、ジェシーが「なんで僕たち、あの時電話番号を交換しなかったんだろう」というと、セリーヌが「若いうちは一つ一つの出会いを大事にしないからよ」と言うのだけれど、まさにその通り。もっと大事にしておけばよかった。

「恋人たちの距離」の最後で、ジェシーがセリーヌとの別れを惜しんで詩を暗唱するシーンがある(らしい by町山さん)。それは、W.H.オーデンという詩人のこういう詩らしい。 心にしみる。

年月がウサギのように
逃げ去っても
僕はこの腕に
永遠の花を抱く
世界最初の愛のように

しかし街中の時計が
鐘を鳴らし始めた
時はごまかせないよ
時は征服でいないよと

by oakpark | 2017-02-25 16:41 | | Comments(0)

「沈黙」遠藤周作 を読んだ   

このところ、腰を据えてパソコンに向かえず、じっくり考えて文章を書くこともままならない日々。
でも、メモ程度には、読んだ本、観た映画、 考えてこと、などを残していこうと思う。

遠藤周作の「沈黙」を読んだ。有名な本なのに、読んだことがなかった。 マーティン スコセッシ監督の「サイレンス」が公開され、町山智浩さんの解説が素晴らしいと、ツイッターで多くの人が書いているので、これは映画を観なければ、そして原作の本も読まなくては、そして町山さんの解説を聞かなければ、と思った。

順序として、本来は、本→映画→解説 なのかもしれないが、まず本を買い、読み始め、そして我慢できなくなり、有料だけれど解説を先に聴いてしまった。そして読了。映画は映画館で観る勇気がないので、レンタルで観ることになりそう(しかもとばしながら・・・?)

いろいろ考えた。
町山さんのいう、スコセッシの抱く劣等感が、遠藤周作の劣等感と共鳴し、「サイレンス」構想へ。スコセッシのメンター的存在であったエリア カザンへの想いも、込められている、とは。

ひるがえって、現実社会。
ただいま、受験の真っ盛り。 教え子も、そしてわが子(末っ子)も。
なかなか思い通りにはいかない。

「沈黙」で、踏み絵を踏んだ人と、踏まなかった人との違いは?と考えた時、とっても卑近な例、ではあるが、同じくらいの努力あるいは、それ以上の努力をしたのに、大学に受かる人と、受からない人の違いは? を思ってしまう。

もしかしたら、受からなかった人のほうが得たものは大きいのかもしれないのだ。

by oakpark | 2017-02-22 12:33 | | Comments(0)

Hulu 観てます Mentalist, Sex and the City, 「追憶」   

さて、相変わらず、なかなかブログが書けません。 日々、いろんなことを感じていて、書き留めておきたいなあと思うのだけれど、別のことに時間がとられることが多いこの頃です。

なので、ここに書いていなかったけれど、去年からHulu に加入しています。月々1000円ほどでドラマや映画が見放題です。主に、英語のリスニングを鍛えるために、英語のドラマや映画を観ています。字幕なしで観るぞ! あるいは、英語字幕で観るぞ! と思って見始めるのだけれどいつも途中でわからなさに耐えられなくなり、日本語字幕にしてしまう、心の弱い私です。

今のところ、シリーズ全部見たアメリカテレビドラマは「メンタリスト」。なかなかよくできたドラマでした。脚本家さん、すごいわ。アメリカドラマは、日本と違って、人気が高ければ、いつまでも続くので、続編に次ぐ続編を、最初のころと齟齬がないように継ぎ足していかなければいけません。大概、シーズン3、とか、4くらいから、だんだん面白くなくなってくるものです。私の大好きな「ホワイト カラー」もそんな感じでした。 最初の勢いがなくなったなと、シーズン4,5くらいに思いました。ところが、「メンタリスト」は後になるほど面白くなっていったように思います。一つの大きなミステリーが解決すると、今度は人間ドラマとして素晴らしかったし、ラブストーリーとしても感激しました。シーズン7でいい感じで終わりました。

このドラマでも描かれていた、おちゃらけた男性とまじめな女性という組み合わせは、恋愛映画のベストカップルですね。「風と共に去りぬ」もそうだし、「ローマの休日」もそうじゃないですか? そして、私は久しぶりに、バーバラ ストライザンドとロバート レッドフォード共演の名作「追憶」を思い出していました。 そして、家にDVDがあったので、久しぶりに鑑賞しました。
e0123392_21003451.jpg

というのも、最初のHuluの話に戻るのですが、「メンタリスト」に続き、'Sex and The City'を観たからなんです。あの、過激でファッショナブルで話題だったドラマです。いやほんと過激でした〜。HBOとはいえ、テレビで放映していたなんて、大丈夫だったのでしょうか。過激シーンはあまり好きでない場合もあったけど、毎回変わるファッションと、女同士の友情描き方はすばらしかった。こんなふうになんでも話せる友達がいたらいいだろうなあ、と思いました。そして、このドラマの第2シーズンのラストのエピソードに「追憶」に絡めて、主人公が心情を吐露する名場面があるのです。このシーン、何度見てもすばらしい。4人の掛け合いのセリフ、追憶のテーマソングの歌唱、カーリーヘアの女の子は、complicated (複雑)だとする解釈など、など。そういえば「追憶」で、社会運動をしていた頃のケイティ(バーバラ ストライザンド)は、カーリーヘアで、ハンサムなはベル(ロバート レッドフォード)と付き合い始めると、巻き毛を伸ばし、二人が別れた後、またカーリーヘアに戻っています。改めて「追憶」を観ると、'Sex and the City'は、まさにこの映画へのオマージュだったのか、と思わずにはいられません。 それほど美人ではにけどチャーミングな女の子が、誰が見てもハンサムで人気者の男の子に恋するシチュエーションなんてそっくり。女の子は賢くて、男子にも負けないと粋がっているけれど、恋心というのは、いかんともしがたい。その辺の女の子の切なさが、「追憶」では、すごく上手に描かれています。SATCのおかげで、この名作映画をもう一度観ることができて、良かった。 この時のロバート レッドフォードは、役に本人の雰囲気がぴったりで、とっても説得力のある演技です。「華麗なるギャツビー」は、あまり合ってなかったなあ。「追憶」を観ていて、もうひとつ。前日に読み終えた、遠藤周作の「沈黙」とも、あることでつながった。この話はまた別の機会に。




by oakpark | 2017-02-08 21:20 | 海外テレビドラマ | Comments(0)