<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

本「八百万の死にざま」'The Life-changing Magic of Tidying   

今年の冬は久しぶりに暖かい。きょうは、知り合いが出場しているサッカー皇后杯準決勝を観てきました。応援しているチームは負けてしまったけれど、久しぶりにサッカーを見て、彼女の頑張る姿を見て、元気をもらいました。

さて、最近読んだ本の紹介。

まずはこれ。
「八百万の死にざま」 ローレンス・ブロック 田口俊樹訳
e0123392_21592827.jpg

まさにハードボイルドミステリー小説でした。「ハードボイルド」hardboiled という意味が今ひとつわかっていなかったのですが、この小説はそうだろうなと思いました。私が思うハードボイルド小説とは、酒、うらぶれたバー、きれいな女性、暴力、冷酷さ 、死のにおい、粋なセリフ、垣間見える優しさ などが登場する小説ですかね。タイトルの「八百万の死にざま」というのは、ニューヨークに住む八百万の人々に、それぞれの死に方があるというところからきているようです。翻訳家の田口俊樹さんの傑作という新聞の書評にも惹かれて読んでみました。男の人はこういうの好きだろうな、という感想。

そしてこれ。
'The Life-Changing Magic of Tidying ' Marie Kondo
e0123392_22194734.jpg

「人生がときめく片付けの魔法」近藤麻理恵さんの著書の英訳版です。海外でベストセラーになっていると聞いて、どんなふうに書かれているのかな、という興味から英語版を読んでみました。「ときめき」というのは spark joy と訳していました。 いろいろとはっとさせられる記述があり、すごいなあと思いましたが、私はまだしばらく実践できそうにないな。そこまで割り切れない。たとえば、スマホを買っても入っていた箱はすぐ捨てましょう、とあるのだが、私はしばらく置いてからしか捨てられない。それに、洋服は私にとっては芸術作品的な存在でもある。絶対着ないと分かっていてもおいておきたいものもある。だって、もとは平べったい布があんな風に立体的になるなんてすばらしいなあと思ってしまう。そんなに捨ててばかりいたら、歴史が残らない気もする。最近は断捨離とかミニマム生活とかが大流行だけれど、『ファミリーヒストリー』なんかを見ていると、こんなものが残っていたのね~とうれしくなることがあるのだから、やはり「残す」ことも大切だと思うんだよな。そのときに「ときめき」がなくても別のシーンでとても重要な意味を持ってくるものだってあるんだから。なんて言っている私の部屋は今日も雑然。だからいけないのですよね。。。。

by oakpark | 2015-12-23 22:46 | | Comments(0)

2015年冬 編み物事情①   

この記事を書いていて前のも消えちゃったのですよ。どうもこのパソコンにはなれないわ。

さて、暖かい今年の冬も着々と編み物進めています。私の編み物は、作品を仕上げることよりも、編む行為そのものが目的なので、ひと冬で仕上がったり仕上がらなかったりします。3年くらいかかっているのもあったりして、家族の者には不思議がられています。

今年はとりあえずこれが仕上がりました。
e0123392_21122545.jpg

今年はニット帽が大流行ですね。見かけるたびに、あれなら編めるなあ、と思ったりします。これは、オカダヤのオリジナル毛糸「カドゥー」2個半を10号4本棒針で編みました。もう一つくらいニット帽を編もうかな。

そしてこれは去年からの持ち越しのセーター。ハマナカの「ソノモノ アルパカウール」という毛糸でとても触り心地がよくて編みやすい。 本に載っていたこのセーターが面白い形をしているので編んでみましたが、着ると全然似合わない。このあとほどくことになりそう。
e0123392_21162883.jpg


モデルさんが着ると素敵なのですが。
e0123392_2117122.jpg

by oakpark | 2015-12-12 21:17 | 日常生活 | Comments(0)

2015年テニス!   

なぜか記事が消えてしまった。もう一度書いておこう。

今、久しぶりにテニスに燃えている。スクールのクラスは真ん中クラスでなかなか上にあげてもらえない。私の担当コーチが厳しくて理論派。きっとテニス歴は長いが、いろいろ穴ぼこだらけの私のテニスのどこかを物足りなく思っておられるのだろう。別のクラスのコーチは、上のクラスの実力はあると言ってくださるけれど、私は自分のクラスのコーチに認めてもらいたい、と頑張っているところ。

そんな私のテニスに対する考え方に影響を与えた最近の言葉を紹介。

フィギュアスケートの宮原知子さん。
振付師から、「初恋のころを思い出しながら滑ってごらん」と言われたけれど、うまくできなかったので、はじめてスケートに出会った頃を思い出しながら滑った。
いいなあ、可愛いなあ、けなげだなあ、と思った。私も12歳のころ、初めて毛のボール(当時は黄色じゃなくて白でした)を触り、ラケットで打ったころのことを思い出してがんばりたい。テニスの一番好きなところは、ボールがラケットの真ん中にあたりすぱーんと飛んでいく爽快感。

そんなことを思っていた時に、今度は、今や日本テニス界の誇り、錦織圭選手の言葉を新聞で見た
「勝たなくてはいけないとプレッシャーを感じて、ボールをコートに入れにいったりしていた」なんと、ボールをコートに入れようと思っちゃいけないのね。そうか。自分の振りで、気持ちよく思い切っていけば、自然とボールはコートに入るってことか。なるほど~。目から鱗でした。いつも私はコートに入れることばかり考えていた。次からは気持ちよく振ることだけを考えよう。

大好きなテニスを納得いくまで進化させたいな。

今お気に入りのラケットはこれ。
e0123392_2181730.jpg

by oakpark | 2015-12-12 21:08 | テニス! | Comments(0)

名曲「好きにならずにいられない」Can't Help Falling In Love   

またまた久しぶりの投稿です。 今年度はなかなか書けません。。。。

前に書いたことがあったかどうか、実は私はパート勤務ですが、英語塾の講師をしています。そこの生徒さんにいつも言っていることがあります。「can't help ~ing(~せずにはいられない)の構文は絶対覚えよう!」なぜなら、エルヴィス・プレスリーの名曲『好きならずにいられない』の英語タイトルに入ってるから。とまあ、エルヴィスのことまで出してくることは、よほど興に乗った時以外めったにありませんが、英文法の「動名詞」を使った重要構文であるこの表現はいつもことさら力を入れて説明しています。

1961年に、エルヴィス主演の映画「ブルー・ハワイ」の挿入歌として作られた「好きにならずにいられない」は、日本のエルヴィスファンに〈好きな曲アンケート〉をすると必ず1、2位になる曲だそうです。そして私にとってもやはり、5番以内には常時入っている曲です。エルヴィスファンになりたてのころは、あまりにも有名すぎるこの曲は私の中でそれほど高い順位ではありませんでした。はじめて聴くエルヴィスのその他の曲のほうが魅力的に感じたのです。でも、その後時間がたてばたつほど、「好きにならずにいられない」の順位は上がっていきました。特に、いやなことがあったときや、むしゃくしゃするとき、気持ちがあれている時などにこの曲を聴くと、不思議と穏やかにゆったりした気分になることができます。私にとっては困ったときの特効薬のような曲なのです。

50年以上前に作られた曲ですが、今でも人気のある曲で、その証拠に、今季の女子フィギュアスケートで、ロシアのユリア・リプニツカヤ選手が、やはりエルヴィスの『悲しき悪魔』(Devil in Disguise)とのメドレーでショート・プログラムに使っています。 私はそれほどスケートに詳しくないですが、リプニツカヤ選手といえば、ソチオリンピックでロシアの団体金メダルに貢献した選手。当時はまだ14,5歳で、生意気な感じの可愛い選手でした。どうやらその後しばらく低迷時期があったようですね。今期のエルヴィス曲で復活のきっかけをつかんだのではないか、という評もみかけます。もしかしたらリプニツカヤ選手にとっても「癒し」効果があったかもしれません。17歳の今期のリプニツカヤ選手の演技。


そして、つい先日、新聞を読んでいたら、なんとグラミー賞受賞歌手、サム・スミスも今年のツアーで、「好きにならずにいられない」を歌っているようです。自身の曲'Not in That Way'とのメドレーで、全フレーズではありませんが、今を時めく人気歌手のサム・スミスが歌ってくれるとはうれしいです。多くの人にエルヴィスの曲を知ってもらえるので。その新聞の記事では、いろいろとサム・スミスの歌唱をほめたうえで「白眉はNot in That Way とエルヴィス・プレスリーの好きにならずにいられないのメドレーだろうか」とあり、わ~い、すご~い、と思ったら、記事を書いたのが萩原健太さんでした。

ご存知の方も多いと思いますが、この曲を、エルヴィスは70年代のライブショーで、最後の締めの曲として歌っていました。アンコールは一切なし。この曲が流れると、ショーも終わりだなあとだれもが思った曲なのでした。きっと、実際にライブでエルヴィスが歌うこの曲を聴いた人たちは、もう終わり?さびしいなあ、でもいい時間だったなあ、と少し複雑な思いでいたのでしょうね。

映画「ブルーハワイ」でこの曲が使われた当時は、まさか、この曲がここまで後世まで愛されることになるとはだれも思っていなかったのではないでしょうか。当時、大量に作られていたエルヴィス映画の挿入歌の一つという扱いだったのではないかな。だからだと思うのですが、最初の ♪~Wise men say Only fools rush in But I can't help falling in~~♪ の 'in'のキーが上がりきっていないように思うのですが。エルヴィスにしては珍しいと。なんでこのテイクを採用したのかな、と昔から思っていました。でも、オルゴールの音のみで始まり、エルヴィスの声がかぶさっていくこの映画バージョンも大好きです。

by oakpark | 2015-12-09 22:53 | ELVIS | Comments(2)