<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

本「ヒタメン 三島由紀夫が女に逢う時」 岩下尚史 著   

毎日、いろいろ書きたいことは沸いてくるのですが、なかなか時間が取れません。今日は、少し前に読んだ本の紹介。

e0123392_2258711.png


先日、と言っても少し前ですが、たまたまテレビで三島由紀夫を扱っている番組を観ました。「戦後史証言プロジェクト 日本人は何を目指してきたのかです」 
三島由紀夫といえば、何冊か著作を読みましたが、難解で、なんで1ページの間にこんなにたくさん知らない日本語があるの~?というかんじで、(たしか「豊饒の海」を読んだとき)、どんだけ、頭のいい人なんだ、という印象。そしてもちろん、どうしてあんなふうにこの世を去ってしまったのか、また、やはり、同性愛者なのだろうか、といろいろ昔から興味はあったのですが、あえて調べたりすることはありませんでした。今、ウィキペディアを開いてみると、ものすごい量の情報が書かれています。今度時間のあるときにゆっくり読んでみたい。

この本のことはお友達が教えてくれました。面白いよ、と言われ、すぐに図書館で予約しました。確かに面白かった。どんどん読んでしまいました。内容としては、三島由紀夫、本名平塚公威が1959年から3年か付き合った女性、豊田貞子さんが三島由紀夫との思い出を語る部分が8割、そして、実はこちらのほうが面白かったのですが、三島由紀夫を子どものころから知っている友人の女性、湯浅あつこさんが、貞子さんの証言を裏付けたり、三島由紀夫という人物そのものを語る部分が残りの2割という構成になっています。実はそんなに驚くような話はなく、結構私が三島由紀夫に持っていたイメージと重なる部分は多かったです。読んでいて、やっぱりね、、、と思いました。

ただ、二人の女性が口をそろえて「三島由紀夫ほど良い人間はいない」と言っているのはちょっと意外でした。貞子さんが「付き合っていた3年間の間に、一度でもいやな思いをしたことがない」と言えば、湯浅あつこさんは「公ちゃんほど良い人間はいない」と言い、「同じ日本人として誇れる人物」と言う。17歳で亡くなった妹のことをとても愛していたというエピソードや、母が祖母に溺愛されていたというエピソードにも興味を持ちました。 文壇を嫌い、友人はいなかったと本人は言っていたそう。人気作家となった石原慎太郎や、親友だったという黛敏郎が女性にもてているのを見て、嫉妬し、それを口に出していたとは、かわいらしい面もあったのですね。そういえば、また、エルヴィスがらみだけれど『生まれ変わったらエルヴィス・プレスリーになりたい』と言ったとか?。 同性愛者なのかなと思っていたが、そうではなく、男女を問わず、愛情深く、また愛を求める人物だったのではないかな。そんなふうに、優しくて、気の小さいところ持った青年だった三島由紀夫がなぜ日本国を憂い、ああいう大胆な行動に出たのだろう。 これについてはまた別の機会に調べることにしよう。

とにかく、面白い本でした。特に湯浅さんの証言部分が秀逸。湯浅あつこさんはロイ・ジェームズの奥さん。ああ懐かしい。日曜の朝にラジオの番組を聴いていたなあ。

あと、「ひためん」というのは能楽用語で、漢字で書くと「直面」。面(おもて)を着けずに、素顔であること。 この素顔もまた、面のひとつと考えることから、こう呼ばれているそうです。

今回、再び三島由紀夫に対する興味がわき、まだ読んでいなかった「仮面の告白」と「愛の渇き」を購入しました。いつ読めるかなあ。友達は「音楽」というのが面白かったと言っていたけれど、今調べると、なんて内容だあ。 そういえば、三島由紀夫は付き合った女性とあった出来事をかなりの部分、小説に使っているようです。小説家と付き合うのって考えものね。

by oakpark | 2015-03-23 23:34 | | Comments(0)

大三島は実家?   

3月に入り、日差しが春めいてきましたね。また別れと出会いの季節があり、新しい年度が始まっていきますね。 私の場合、仕事柄というのもあるけれど、どうしても学校の年度で物事を区切りたくなる傾向にあるようです。新しい年が明けて、さあ!という人もあると思いますが、私は、「でも、まだ寒いし、、、、」という感じで、いろいろ(部屋の片付けとか、、、)が始められない。気分も晴れない。暖かくなり始めてやっと気分が上向きになりますね~~。そろそろあたらしいお洋服も欲しいかも。

さて、前回布施明のショーに行ってきた話を書きましたが、その直前に、両親が住む愛媛県大三島に行ってきました。大三島については過去に何度か 書いています。しかし、ここが『実家』といえるのかどうか思い悩むところなのですよね。大三島は両親の出身地。二人とも同じ村で生まれ小学校時代を過ごし、その後母は広島の女学校へ、父は今治の高校へ進学しました。卒業後父は西宮で就職し夜間大学に通い、母は(本人曰く)狭き門を突破して広島にある繊維会社に就職。そういえばそのころ、繊維会社って花形企業だったかもしれません。そして劇的な再会を遂げて結婚。と言いたいところですが、父のほうの親族が「あんた、そろそろ結婚せんとあかんのちゃう?だれにする?そういえば、○○家の長女、まだ結婚してないからあれはどお?」てなかんじで縁組されたそうです。もっと詳しく言うと、その親族は次女はどお?と言ったそうですが、父のほうで「いや、長女がいい」と言ったそうで、そこのところに若干ながら本人の意志があるように思いますが、母のほうはどう思っていたのかな? そういえば、聞いたことがない。今度聞いてみよう。そして両親は兵庫県西宮で結婚生活を送りました。当然、私も西宮で育ったわけで、もちろん西宮には愛着があります。けれど大三島は、夏休みや冬休みに出かけに行くところであって、楽しかったけれどそんなに思いいれがあるというわけではない。『実家』というと〈思いいれ〉のある場所であるはずと思うのですが。。。今、広辞苑で調べてみますと 『実家』=自分の生まれた家。父母の家。とあります。なんと。ってことは、まさしく大三島のあの家は私の『実家』ではありませんか。現在父母の家であるだけではなく、その家で私は生まれたのですから。産婆さんの手で。。。 でも、やっぱり『実家』というには抵抗があるなあ。。。。どっちかというと「おばあちゃんのいえ」ですもの。 こんなのです。
e0123392_13431851.jpg

e0123392_1345064.jpg

A型で几帳面な父(玄関にたたずむ)が手入れをしている庭。右手奥のほうに梅が咲いています。

実家かどうかわからない大三島ですが、できれば、半年に一回くらいは行きたいと思っています。前回の大三島行きが去年の9月だったので、今回もほぼ半年後でした。今回の旅の目的としては ① 80歳を超えた両親にできるだけ会っておきたい。 ② 母方の祖母の13回忌の法要に出席。 そして、③としてこれ。
e0123392_1355115.jpg

なんだこれ?とお思いでしょう。これは、私が結婚するときに、実家(ほんものの)近くの商店で買ってもらった、人生初の「マイ包丁」です。鉄の刃をステンレスが包んでいる構造で、研ぐのがむずかしい。これをA型で包丁とぎが得意な父にやってもらおうと考えたわけです。 ステンレスのものとか鉄のものとかいろんな包丁を使ってみましたが、やはりこれが適度な重さもあり、また『西宮』と彫ってあるところも渋く、一番いいなあと思い至ったからなんです。 81歳の父、丁寧にといでくれました。ありがとね~、おとうさん。また半年後!

by oakpark | 2015-03-07 14:00 | 日常生活 | Comments(0)

布施明のライブに行ってきた!   

布施明のライブに行ってきた!
特にファンというわけではないのだが、昔から「歌がうまい歌手」ということで認定されている人なので、行けるときに行ったおきたいと思った。その直前に、シャンソン歌手のジュリエット・グレコがライブ活動を引退するというニュースを聞き、残念!と思ったのもある。去年日本に来ていたのに、娘の受験などがあり、出かけていく勇気がなかった。 ジュリエット・グレコのことはここにも書いたが気になる歌手だった。去年が最後のチャンスだったんだ。「行きたい」と思ったら行っておかないとだめだな、ということで、その直後に新聞で見た布施明のライブを即申し込んだ。

布施明といえば、「シクラメンのかほり」ですかね? どの曲が先ず思い浮かびますか?「霧の摩周湖」もありました。「君は薔薇より美しい」もありましたね~。紅白で最後に歌った「My Way」も印象に残りました。

でも、私のリアルタイムでの一番印象に残っている曲はやはり「シクラメンのかほり」ですかね。レコード大賞をとったときのことがなんとなく頭に残っています。確かギターを弾きながら椅子に座って歌っていたような。このころの布施明、かっこよかったです~。その後、アメリカ人女優、オリビア・ハッセーと結婚するのですから、「かっこよさ」の基準は万国共通なのだなあと、子供心に思った記憶があります(あ、もう子どもじゃないか、1980年なら)。

今回のライブ、布施明の美声を堪能しましたが、バラードが多く、やや単調に感じました。そんな中「君は薔薇より美しい」が光ってました! 軽快で明るくて思わず身体を揺らしたくなるようなパワーのある曲。名曲ですね。ミッキー吉野さん作曲です。

楽しみにしていた「マイウエイ」はアンコールで歌われました。やはり、大切にしている曲なのでしょうね。この曲を歌いこなせる人はそうそういませんから。ただ、聞きなれている英語歌詞ではなく日本語歌詞だったので、違和感はありました。最初に聞いたときに衝撃を受けた冒頭部分の、'the end is near ~♪'
は、「今船出が近づく~♪」だし、私が一番好きな部分、'Regrets, I had a few, but then again, too few to mention'の部分は、なぜか「涙と微笑みにあふれ~」となんとなく綺麗にごまかされてしまった感じ。布施さんの「マイウェイ」は、全体にぼんやりしたかんじなんです(私には)。ドキッとする部分がない。そこが物足りないと感じたのかな。

そういえば、オープニング曲が「君に涙とほほえみを」です。ここからこのフレーズを取ったのかしら。17歳の布施明さんがサンレモ音楽祭で歌った曲だそう。オープニングでは、たぶんそのときの音源が流れ、スポットライトが当たる中、ご当人が現れ、今の声で歌い継ぐという演出になっていました。元は、ボビー・ソロという歌手が、1965年のサンレモ音楽祭で歌い優勝した曲だそうです。サンレモ音楽祭、なんて、私は、エルヴィスがらみで知りましたが、ひとつ下の夫はもちろん知りませんでした。音楽界にもいろんな歴史があって今につながっているのですね。


布施明さん、17歳でデビューして、今年で50周年だそうです。まだまだお元気でがんばって欲しいです。

by oakpark | 2015-03-01 22:57 | 日常生活 | Comments(0)