<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

面白いなと思った表現   

今日、関東地方では初雪が降りました。ここ数年は毎年雪が降っていますが、この冬はまだないなあと思っていたら、ついにきましたね。これからが受験シーズン本番。我が家は今年は受験生がいませんが、知り合いのお子さんの中に何人か受験生がいます。受験の妨げになるような雪が降りませんように。

さて、きょうは、私が最近観た外国ドラマなどのせりふの中で、面白いなあと思った表現をいくつか紹介しますね。

まず、cradle robber という表現。これなんだかわかりますか?辞書を引くと、cradle snatcher という言い方もあるみたいですが、どちらも、「ゆりかごから奪う人」ですよね。赤ちゃん泥棒か何かかなと思ったのですが、ドラマの中のせりふでどうもそんな意味ではなさそう。実はこれ「ずっと年若い相手と結婚する(恋仲になる)」って意味なんだそうです。ずっと年若いからって「ゆりかご」までいかなくてもいいのにねえと思いましたが。

次に、apple polisher という表現。そのまま訳すと「りんごを磨く人」となりますが、これで「おべっか使い、ごますり」という意味になるそうです。先生にお土産として持って行くりんごをぴかぴかに磨いたところからそうなったとか。そういえば、海外の(というかアメリカでしたが)のスーパーで売っているりんごはぴかぴかしてましたね。そのほうが価値が高いのかな。私の感覚だと、ぴかぴかのりんごはなんだかうそくさい。一番好きなりんごは「ふじ」でふじはざらっとしてて、そのほうがおいしそうですものね~。

これらはまだ成り立ちがわかる表現ですが、この前ドラマを観ていて出てきた表現に a skelton in the closetというのがありました。Every family has a skelton in the closet. みたいに使うのですが、これは「一家内の秘密、内輪の恥」という意味だそうです。なんで skelton(骸骨)やねん?です。 クローゼットに骸骨がいる家なんてねえ。。。

最後に、私の知人の10歳のお嬢さんが発した言葉から。「ちょっときいてくださいよ~」とその知人は電話で言いました。「うちの娘がこんなこというんですが、これあってるんですかねえ。知ってましたか?」 はい、知りませんでした。 My feet are sleeping.で「しびれが切れた」なんて。 お母さんの知らない言葉を知っているお嬢さん、すごい。でもまあ、事情が事情ですからねえ。ちょっと説明しますと、知人は日本人ですが、ご主人がアメリカ人で今アメリカに住んでいます。お嬢さんは生まれこそ日本ですが、その後アメリカに移住してそちらの学校に通っているので今では英語が母国語になりつつあります。それにしても、お母さんも知らなかった生活用語をどこでpick up したのでしょうねえ。お友達とか学校の先生とかからでしょうが、「足がしびれる」シチュエーションなんてあったんですねえ。。。椅子とテーブルの国なのに。 そうか、もしかしたら本からかもね。読書好きのお嬢さんのようなので。 自分の子どもに英語を教えてもらうって言うのもなかなかexcitingですね!

また、面白い表現を見つけたら紹介しますね。

今日はこの歌が聞きたい気分。 ベイシティーローラーズも歌ってましたね。

by oakpark | 2015-01-30 23:58 | 気になる英語表現 | Comments(0)

米テレビドラマ「キャッスル」   

またまた面白いドラマをDlifeで見つけました。
日本語タイトルは「キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き」です。
e0123392_23512442.png


おちゃらけたミステリー作家キャッスルと、真面目で正義感の強い美人警官ベケットのコンビが事件を解決していく話です。キャッスルのおちゃらけ具合もよいのですが、私が気に入ったのはベケットのファッションです。 私好みなんです~~。

こんなんとか。
e0123392_23551465.png


こんなん。
e0123392_2355433.png


いや~、まさに私好みです。 まだシーズン1の最初のほうしか観ていませんが、現在ではシーズン5までいっているようです。で、最近の写真をチラッと見ると、ベケットの髪が長くなってる~~。短いほうが好きだわ。あまり表情を崩さない、クールビューティなところがかっこいい。電話が入って「ベケット」と受ける姿もかっこいい。このかっこよさを崩さずにシーズンを進めて欲しいですね。ってもう進んでるんだけど。

キャッスルの娘さんもかわいいです。これからの展開が楽しみだわ~~。
大好きな「ホワイト カラー」と似ている雰囲気なんだけれど、今回は女性陣のファッションに注目しています。

by oakpark | 2015-01-24 23:58 | 海外テレビドラマ | Comments(0)

いろいろある毎日   

しばらく忙しく、日記が書けませんでした。

息子の成人式のあとは、阪神淡路大震災20年目の日がありました。前にも書きましたが、3月生まれの息子はそのとき、私のおなかの中でした。朝起きてテレビをつけると実家近くの高速道路が横倒しになっていて煙が上がっているのを見てびっくりし、電話をかけてもつながらなくて、あせりになり、3歳の長女の手を引いて、駅前の公衆電話に走りました。道行く関東の人たちがやけにのんびりしているように見え、ちょっといらっとしたことを鮮明に覚えています。テレビの特番などを観て、この地震で命を落としてしまった人はなんと無念だっただろうかと悲しく腹立たしく思いました。

そして、3日前に届いた、大学時代の友人の訃報。 突然のウイルス性の病に倒れ、命を奪われました。発症から5日ほどだったようです。そんなことってあるのですね。本当にショックです。同じテニスサークルで、彼女は2学年下でした。普通、2学年下だとあまり交流がないのですが、明るく社交的な彼女は、誰とでも気さくにしゃべることができるタイプで、何度か一緒に遊んだなあという思い出があります。そんなこともいつかゆっくり話してみたいなあと思っていたのに。二人の息子さんと、愛するだんなさまを残してさぞかし無念だったでしょう。2年くらい前にお会いしたときも、楽しそうに家族の話をしてらして、彼女を中心に回っているような家族なんだなと思った記憶があります。もう会えないなんて信じられないけれど、空から私たちを見守ってくださいね。 

改めて、今日という日を大切にしっかり楽しく一生懸命生きなければ、と思いました。
やりたいと思っていることをやろうと。



やりたいこと、英語では、bucket list ともいいますね。私も考えると10くらいは思いつくかな。やりたくても、肉体的にできないこと、もありますが。 その中のひとつにダンスがあります。タップダンスとかやってみたいなあ(できる肉体があれば)。 この前、日記にも書いた、ライアン グスマンくんが主演の「ステップアップ レヴォリューション 4」という映画を観たのですが、ダンスってもうこんなところまで来てるのねえ、という驚きを覚えてました。軟体動物のようにくにゃくにゃ動かすダンスもあるのですが、私が一番気になったのが、このダンス。ダンスとも言えるかどうかというくらい、動きが小さいのですが、やっぱりすごく難しそう。そしてかっこいい~。 ちょっと観てみてくださいね。



でもやっぱり悲しいです。

by oakpark | 2015-01-24 00:50 | 日常生活 | Comments(0)

息子の成人式   

きょうは息子の成人式の日でした。
2年前の長女のときは、大雪で大変で、女の子なので朝から着付けやら何やらで大変で、ほんと疲れた記憶がありますが、今回はいたって簡単でした。家の前で一枚写真を撮っただけで、「いってらっしゃ~い」と送り出しました。ただ本人は、式典のあとの中学時代の同窓会の幹事&会計をしていたので、大変だったようです。ひと学年10クラスのマンモス校で200人強の同窓生が集まったようで、会費の徴収や、招待する先生方への連絡など、苦労していたようです。

それにしても、20年かあ。

テレビで報道されていると思いますが、息子の生まれた年、1995年はいろいろあった年でした。まだ息子がおなかにいるときに、阪神淡路大震災が起こり、急遽、実家に帰るのを取りやめてこちらで生むことになりました。入院中に地下鉄サリン事件が起こり、テレビはそのニュースでもちきりでした。

息子自身も生後3ヶ月の定期健診のときに、腎臓に病気が見つかり、その日のうちに入院し、半年後に手術しました。手術の日に車が渋滞して夫婦で遅刻し、すでに手術室に運び込まれたあとだったことは忘れられません。いつもとなりに寝ていた息子が突然いなくなり、なんて寂しいんだろうと感じたことを覚えています。その後も毎年検診で病院を訪れ、10年くらいたってやっと「もう来なくていいですよ」と言ってもらったときはうれしかった。

東日本大震災は、息子が高1のとき。しかもその日は息子の16回目の誕生日でした。グランドで陸上部の活動をしていて、体育館が大きく揺れて変だなあと思ったとあとで言ってました。その日は横浜にある高校に泊まり、翌日に帰ってきました。私は放射能のことやらが心配で相当あたふたしていましたが、いつもの通り、どっしりとしていたなあ。

感情を余り表に表さず、いつもどっしり構えている息子。今まで、何かしらの感情(怒りとか悲しみとか喜びとか)がほとばしり出る場面をほとんど見たことがありません。親の前だから隠しているのか、それともそういうことに出会っていないのか、それともあらわすすべを知らないのか、する必要がないのか。いずれにしても、がまんして苦しい思いをしていませんように。 20年間、ひたすら目の前にあることをこつこつこなしてきたけれど、今後は、その過程で得た栄養分を使っていろんな実を結べますように。そして、自分の人生を生きてください。母は見守るだけです。

e0123392_0411655.jpg

今では身長179センチのお父さんを超えるほど大きくなりました。
e0123392_0421733.jpg


そして私は、息子の高校時代のお友達の母たちと、「20歳まで育てました万歳会」でおいしい和食をいただいてきました。おいしかったあ~。
e0123392_0425061.jpg

by oakpark | 2015-01-13 00:43 | 日常生活 | Comments(0)

「Switch 朝井リョウ×東出昌大」「マッサン」   

ひさびさに、カテゴリ「日本のテレビ番組」です。普段テレビはあまり観ず、相変わらず、好きな番組は「ファミリー・ヒストリー」やスポーツ番組だったりするのですが、たまたま番組表で朝井リョウさんと東出昌大さんの対談番組を見つけ、録画して観ました。とっても面白かったし、お二人のファンになりました。まず、朝井さんは若くしてベストセラー「桐島、部活やめるってよ」を世に出し有名になったのに、普通の若者の感覚を持ち合わしていて、とても頭がよい。6歳から物語を書き始めたから、普通の青春はその時点で終わった、なんて自己分析がすごすぎる。私はこの人の著作は「桐島~」と「何者」しか読んでいないのですが、そのほかの作品も読んでみたい。でも、鋭すぎて人間のいやな部分を見せつけられていやな気分になりそうな気もします。でも読みたい。そして東出さんもまたデビューから3年、とんとん拍子に仕事が増え、セレブの仲間入りをしたはずなのに、ものすごく普通で好感を持ちました。「3年で大河ですね」と朝井さんに話を向けられて、「でも、変らないじゃん。仕事はし続けなければいけないし。これを思い出話にできないし」と話していたのが印象的でした。今のところ、けっして「うまい」役者さんではないけれど、本人も言っていたように「うまい」というのが褒め言葉かどうかもわからない。確かに、私も思うのだけれど、俳優にしても歌手にしても全員が「うまい」必要はないのです。「うまい」という範疇に入らない人が必要な場合もある。「うまい」人ばかりが集まると、暑苦しくなるしね~。東出さんには、「うまい」じゃなくて、存在感のある、というか、なんか気になる俳優さんになってほしい。でも、もうちょっと姿勢は良くしたほうがいいかもよ。

「マッサン」まだ見続けています。話がなかなか展開していかないけれど、実際もそうだったのかもしれないから仕方ないかな。実話を基にしているんだものね、勝手に創作できないか。母親役の泉ピン子さんが亡くなるシーンを見ました。私個人的な感想は、今回のピン子さんはあまり印象に残らなかったです。嫁に厳しく、最後にその嫁を認める姑って、ドラマにはよくありそうな気もするし。ただ、その亡くなるシーンで流れた「蛍の光」にはぐっときました。

「蛍の光」って今ではそれほど頻繁には聞かないけれど、私が子どものころはよく聞いた気がします。きっと私世代の人には、人生のいろんな場面で聞いた「蛍の光」が思い出されるのではないかな。卒業式かもしれないし、紅白歌合戦のフィナーレかもしれない。 みなさん、いつ聴いた「蛍の光」を覚えていますか?

私が「蛍の光」を聞いて思い出す光景が神戸港での父との別れです。子どものころ、確か、私が6~7歳で、弟が3~4さいのころだったと思うのだけれど、いつもは、母の実家である愛媛県大三島に当時住んでいた兵庫県から行くのに、電車か父の車で尾道や三原まで行って、そのあと船で島にわたっていたのに、そのときだけなぜか神戸港から大きな船に乗って島に向かいました。父は一緒に行かず、港から見送ってくれていて、テープを切ったのですよ。あれはどうやってやったのか。船側から父に向かってテープを投げたのかな。テープの端と端をお互いに持って、船が岸壁から離れていくときに、自然に切れていくのだけれど、私はすごくさびしかったのを覚えているのです。永久の別れのように。お父さん、どうなっちゃうのだろう、と心配していたのを思い出します。そのとき流れていたのが「蛍の光」。寂しくて悲しい私の気持ちを増幅するような美しい調べでした。そして、船室では弟がぐずっていて「おらあ ぐずらだよ」というアニメのお菓子を持っていたことを覚えています。あのころの弟はかわいかったなあ。

「蛍の光」は私の中では’さびしい’を連想する曲です。

by oakpark | 2015-01-11 23:47 | 日本のテレビ番組 | Comments(8)

「ABC ナイトライン」から   

このブログを読んでくださっている方ならよくご存知だと思うのですが、私は政治経済ネタに弱いです。リスニングを鍛えるために英語でニュースを聞かねば、と思うのですが、あまり興味のない話題も多かったりする。。。 本当はこんなことではいけないんでしょうけれど、それなりの年をくったおばさんとしては。

そんなとき、iphoneのポッドキャストで「ABCNight Line」というニュース番組を見つけ、これなら私でもいけるかも?と思いました。 家庭内問題のニュースや、エンタメ界のニュースや、わりと身近で庶民的なニュースも取り上げてくれています。 もちろん、大きな事件が起こったときは、そのニュースがメインニュースとして最初に紹介されるのですが、大きなニュースがないときは、肥満問題などにたくさん時間が割かれてつまらないときもあります。アメリカ人が何に興味を持っているかがよくわかります。日本のニュースではそれほど取り上げられない問題ですね。私は、駅まで歩いていくときや、料理をするときに時々イヤホンで聞いてます。

昨日久しぶりに「ナイトライン」を聞きましたが、メインニュースは、もちろんフランスで起こった新聞社銃撃事件です。 兄弟の犯人がまだ逃走中ということで、'at large' という表現が何度も出てきました。で、思ったのです.at large で、なぜ「逃走中」という意味になるのかしら?と。 そして調べてみると、largeという単語はラテン語のlargusという語が起源で、このlargusという語には「豊富な 自由な」という意味があるというのです。この「自由な」という意味から、「まだつかまっていない」→「逃走中」となるようです。ここに辞書があります。

そして2番目のニュースとしてエルヴィス登場です。やはりアメリカではビッグな存在なのね。80回目の誕生日ということで、もし生きていたらどんなふうになっているでしょうね、とキャスターの人も言ってました。元妻のプリシラのグレースランドでの式典での発言の音源も流れました。そう、アメリカのラジオのニュースって、アナウンサーの声以外に現地の音声が入ったりしますよね。日本だとインタビューされた声はあるかもしれないけれど、事件に巻き込まれて「きゃー」と叫んでいる声とかは入らないですよね。アメリカのニュースでは、そういう現場の銃声とか、臨場感のある音が挿入されることが多いです。どうやって録音しているのかな。

1月7日のニュースでは、ビル・コスビーのセクハラの話しとか、恋愛小説作家のニコラス・スパークスが奥さんと別れた話しなどが放送されていました。私のリスニングあっているかしらとネットで調べたらありました~~。ここです。25年連れ添った奥さんだったのですね。あんなにたくさんのべったべたな恋愛小説を書いているのにね。作品を見ると、私、かなり読んでます、映画見てます。「君に読む物語」は映画観ました。「ウォーク・トゥ・リメンバー」は映画と本。「メッセージ・イン・ア・ボトル」は本。本読んで映画観るのやめました。「最後の初恋」は映画、「親愛なる君へ」は映画。本もってますがまだ読んでない。「ラストソング」「セイフヘイブン」は映画観ました。いや~、私って、ニコラス・スパークスのファンだったのかしら。 こんなの男目線の恋愛よ!と文句言いながらやはり時々浸りたくなる世界だったりします、はい。作品群は、こちらのウィキペディアで。

ニュース「ナイトライン」は最後にキャスターが 'Good night ,America' と言って終わるのですが、それがなかなかかっこいいんですよ。

最後にきょうまたAFNで見つけて曲。見つけたといっても全部有名なんだろうけど、世間的には。
アナ・ケンドリックって女優さんですよね。「トワイライト」とかにも出てた。歌もうまいなあ~。

by oakpark | 2015-01-09 21:25 | 気になる英語表現 | Comments(0)

ラジオで何度も流れる曲   

時計の針が12時を回ってしまいましたが、昨日、1月8日はエルヴィスの誕生日でした。なんと、80回目の誕生日です。生きていれば80歳か~~、う~ん。

さて、話は変わりますが、少し前からこのブログにも、最近私が車の中でAFN(American Forces Network)を聴いていると書きました。気づいたのですが、このラジオ局、ヒットしている曲、リクエストされた曲を結構何度もかけるのですよ。車に乗るときにしか聴かないので、そんなに長い時間聞いているわけではないのに、同じ曲を何度も耳にします。少し前は、'Try'でした。そして今は、この曲。何度も聴いているうちに大好きになりました。

サム・スミスという人の 'I am not the only one' という曲です。 あまりにも何度もかかるので、信号待ちで歌詞をメモリ、あとで検索しました。音だけ聴いていて、黒人の歌手なのかなあと思っていましたが、違いました。イギリス人で、しかも、22歳だとは! うちの長女と一緒~? もっともっと年季のある歌手だと思った。この衝撃は、始めてラジオで宇多田ヒカルを聴いたとき以来かも。

アメリカのラジオ局って、流行っている曲を素直に何度も流すのね~と思ったとき、(ここからこじつけのように聞こえるかもしれませんが)、エルヴィスのメジャーデビュー曲、「ザッツ・オールライト・ママ」を思い出したのです。ラジオで流れる歌声から黒人の歌手だと思われたとか3時間のラジオ番組の間に7回かかり、急遽ゲストに呼ばれることになって、映画館にいたエルヴィスをママが迎えに来たとか、いろいろ逸話のある伝説的な曲です。今聞くと、とくに斬新さがあるわけではない曲ですが、きっと、当事は白人の若者がこれを歌っているということで衝撃的だったのでしょうね。 だから、今年の誕生日は、この曲で。19歳のときの歌唱を紹介します。声が若い~~~。それに、南部なまりだ~。

by oakpark | 2015-01-09 00:46 | ELVIS | Comments(0)

2015年!   

あけましておめでとうございます。

2015年が始まりました~。このブログを始めて8回目のお正月です。中学生と小学生だった子どもたちも、大学生と高校生になりました。 私も50代の後半に突入です。わ~、早いなあ、人生進むの。ぼやぼやしてられないですね。でも、相変わらず、好きなものや、やっていることって、昔とほとんど同じ気がします。成長がないのか、気持ちが若いのか。 かっこいい男子を見ると、きゃっとなるし、好みの素敵なお洋服を見つけると、いいな~、ほしいなあ~と思います。 心惹かれる音楽に出会うこともあります。 まだまだ人生楽しめそうです。 今年も、年相応の世の中の役に立てることも少しはしながら、自分の感性を大事にして、毎日を楽しみたいと思います。 そしてこのブログには、どうでもいいような、私の感性に引っかかったことを書いていこうと思っています。

それと今年はまたテニスをがんばろうかなあと思っています。前みたいに試合にも出てみたいかも。 4年位前は結構がんばってテニスをしていたのですが、その後、子どもたちの受験が立て続けにあったり、足を痛めたりして2年間くらいお休みし、去年あたりからまたぼちぼち始めました。すると、錦織選手の活躍などがあり、テニスが脚光を浴びることになり、ますます、いいなあ~、テニスと思うようになってきました。

というわけで、週1回、スクールでテニスをするのに加えて、夫の会社のテニスコートをとって、お友達に声をかけて一緒にテニスをする、ということも今年はやっていこうと思っています。探せば、テニスをする人って結構いるのですよね。そうやって友達の輪を広げるのも楽しいかもしれない。

今年は元旦からテニスをしてきました。スクールの特別レッスンだったのですが、途中から雪が降り始めてびっくりしました。天気予報では曇りだったのに。 寒い時期のテニスって、耳が冷たい。身体は動くと温まるけれど耳とか頭は冷たいままです。耳あてのようなものが必要と痛感しました。そういえば、今日の箱根駅伝で最後失速してしまった駒澤大学の選手は、低体温症だったとか。寒い時期のスポーツも要注意ですね。

それと、次女が観ていたテレビを一緒に見ていると、とんねるずの番組にアガシ選手が出てきました。その前に出ていた、錦織選手も、マイケル・チャン選手ももちろんすごいけれど、アガシ選手の打つ球が速くてびっくりしました。 アガシ選手といえば、昔ライオンの鬣のような髪型で人気のあった選手で(その後、かつらだったと告白しているようです)、女優のブルック・シールズと結婚し離婚し、元世界ランキング1位のドイツ人テニス選手のシュテフィ・グラフと結婚した選手です。アガシとグラフの結婚って、どうよ~とびっくりした記憶があります。 その後、二人のことは特に調べたりしなかったのですが、久しぶりにグラフのことを思い出していました。
クリス・エバートとか、トレーシー・オースティンやヒンギスのようなアイドル的な派手さのあるタイプではなく、ナブラチロアのような筋肉質でタフななタイプでもなく、でも、いつも黙々とテニスをしていて強かった。女らしい感じもありました。 本当はどういう人だったのかな。かたやアガシは派手なパフォーマンスだったような気がする。 二人はどういうところで共通点を見出し、惹かれあったのかな。 グラフといえば、私はこのシーンが好きです。有名だから多くの人が知っているでしょうが。こんな機転が利くなんて頭のいい人なんだろうなとおもっていました。


アガシ選手が'OPEN'という自伝を書いているみたい。ちょっと興味わいてきたなあ。。。。


それと、昨日、かっこいい俳優さん発見。 最近あまりなかったんだけれど、この感覚。しかも、この俳優さん、それまでのシーンでは、なんてことない、若干野暮ったい感じにさえ思っていたのだが、ダンスをし始めたとたん、めちゃくちゃかっこよくなったのですよ。びっくり。前にもブログに書いたことがある、「プリティ・リトル・ライアーズ」というドラマで、主役の1人アリアの2番目の彼になりかけている役を演じている、ライアン・グズマンという俳優さん。カントリーダンスをするのですが、とってもなれている感じで、この人ダンスの人だわ~と思ったのですが、調べてみると、「Step Up Revolution」というダンス映画で主演をしていたからダンスが上手だったみたいです。しかも、この映画に出る前はダンスは素人だったとか。アメリカのエンタメ界の人たちは、歌って踊れる人が多いです。そういう人じゃないと残れないのかもしれませんね。でも、最近は日本でもダンスをしている若者が増えましたよね。やはり、元来、人間って、音楽に合わせて身体を動かしたい本能があるのかもしれません。  ちょっと、カントリーダンスのシーンを見てくださいね。みんながいっせいに同じ動きをするカントリーダンス、結構好きです。習ってみたいかも~~~。

最後のほうに出てくるのが、エズラでアリアの元彼ね。そのエズラがアリアの新しい彼を見て気にしている。彼(ジェイク)も気にしているってシーン。こういう男の嫉妬のシーンって、ちょっとそそられます。。。


という、ミーハー路線で行くので、今年もよろしく!

by oakpark | 2015-01-03 00:17 | 雑感 | Comments(2)