<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

映画「荒馬と女」「ビリー・ザ・キッド」「小さな巨人」   

少し前にも書きましたが、6年くらい通っているカルチャーセンターの映画講座の講師が変わりました。今度の先生はどんな映画を選んでくださるのか楽しみです。あまり有名ではない隠れた名作を選んでくださるといいな。前の先生はイギリス人でしたが、今度はアメリカ人の先生なので、違った視点で映画を選んでくださるかも。

初回講座のテーマはアメリカ人の先生らしく「従来の西部劇とは違う本当のアメリカ西部」。悪者のインディアンが出てきて、正義のために白人がかっこよく決闘を繰り広げる、といったよくある西部劇とは一線を画する映画が取り上げられているのかなと私は解釈しています。

1回目は「荒馬と女」(1961,The Misfits)(監督:ジョン・ヒューストン 出演:クラーク・ゲーブル マリリン・モンロー モンゴメリー・クリフト
e0123392_14334286.jpg

これが遺作になったクラーク・ゲーブルが老いたカウボーイを熱演していました。この撮影が大変すぎて命を縮めたとも言われているらしい。出演作品が少ないモンゴメリー・クリフトを見られたこともよかったです。そういえば、私が贔屓にしている「ホワイト・カラー」のマット・ボマーがモンゴメリー・クリフトの自伝映画でモンゴメリー・クリフトを演じることが決定したようで、こちらも楽しみ。モンティの男前の裏に隠された暗さや寂しさ、狂気っぽいものをマット君がどこまで演じられるかな。この映画でもモンティは命知らずのカウボーイを演じています。マリリン・モンローはいつものようにかわいくて、いつものように「女」そのもの。荒くれの西部の男の世界では「女」という存在は歓迎もされるけれど邪魔でもあるんだなあと思いました。カウボーイという職業が時代遅れになりつつあるのにそれにしがみつこうとしている男たちと、男の世界を理解できない女の話し、かな。

2回目がこの前紹介した「ラスト・ピクチャショー

3回目は「ビリー・ザ・キッド」(1973, Patt Garrett and Billy the Kid) (監督:サム・ペキンパー 出演:ジェームズ・コバーン クリス・クリストファーソン)
e0123392_16201397.jpg

伝説のならず者ビリー・ザ・キッドと彼のライバルでもあり親友でもあったパット・ギャレットとの対決、心の交流を軸にしながら、廃れゆくカウボーイの悲哀、ガンマンやシェリフたちをめぐる価値観の推移などを描いた映画かなと思います。ときおり、キリスト教的モチーフがちりばめられていることも印象に残りました。ただ私には、なぜビリー・ザ・キッドがヒーローなのかわかりづらかったし、感情移入しづらかったです。元々はビリーと同じならず者で、保安官に転じてビリーと対決することになったパット・ギャレットの誇り高き佇まいをジェームズ・コバーンが渋く演じていて味わい深かったですが、なぜ彼がこういう生き方をしているのかも理解しづらかった。家族を支えるため?と言われても納得できない気がしました。「荒野の7人」でもかっこよかったですが、ジェームズ・コバーンにはひと昔前の「男くささ」があってかっこいいですね。 ビリーを演じていた、歌手&作曲家でもあるクリス・クリストファーソンは、私はエルヴィスを通じて名前を知っていました。エルヴィスが何曲か、彼の曲を歌っていますし、バーバラ・ストライザンドからエルヴィスへオファーがあった映画「スター誕生」への出演をエルヴィスが断ったことで、役がクリストファーソンに行ったいうエピソードを知っていたからです。でもこの映画は観ていません。いつか観てみたいな。人気のある大物なのでしょうが、ビリー役はあまり魅力的に思えなかった。とても21歳には見えないし。声はとっても素敵なのだけど。この映画で共演し、のちに結婚したリター・クーリッジとの熱々のデュエット。リタの声も素敵です~。

そしてやっぱり、エルヴィスバージョンも。

エルヴィスはほかに、クリストファーソン作の'Why Me Lord'というゴスペルも好きだったみたいでライブでも取り上げていますが、低音部分はバックコーラスのJDサムナーに歌わせ、気持ち良さそうに聞いていたようです。 クリストファーソンのWhy Me Lord 低いよ~。


さて映画の話に戻し、4回目の講座が「小さな巨人」(1970, Little Big Man)(監督・アーサー・ペン 出演:ダスティン・ホフマン フェイ・ダナウェイ リチャード・マリガン)
e0123392_16511599.jpg

この映画も講座をとっていなければ絶対観ない映画。レンタルショップにはなくて1500円で購入しました。南北戦争後の混沌としたアメリカで、ひとりの白人の男が白人社会とインディアン社会の間を行ったりきたりしながら、人生を学ぶお話し。ジャック(ダスティン・ホフマン)はある日、家族で草原を横切っているときにインディアン(ポウニー族)に襲われ家族を虐殺される。姉とともに残され恐怖に震えていたときにシャイアン族のインディアンに拾われインディアンとして育てられる。その後白人との戦いの最中に白人に助けられ、牧師の元に預けられ、敬虔なクリスチャンになるように育てられるが、牧師の妻(フェイ・ダナウェイ)の不貞を目撃し、信仰に疑問をもち逃げ出す。そしてヘビの油売りになり、、その後ガンマンになり、、、、などなど。アメリカの西部劇に出てくるいろんな要素をダスティン・ホフマン一人が体験していく、コメディ要素もある映画。長かったけれど面白かった。さらにこの映画について特筆すべきことは、この映画がアメリカ映画史においてはじめてインディアンの視点にたって作られたということ。つまりインディアン=悪者という描き方ではないのです。むしろ、自然界に存在するすべてのものに命があるとして平和に暮らすインディアンと金のため名誉のため醜い争いをする白人社会を皮肉っぽく対比して描いているのです。どちらかというと、白人=愚か者 という描き方です。白人たちが自分たちの欲のためにインディアンを保護地区に追いやったばかりでなく、保護地区で金鉱が見つかるやいなや協定を無視して容赦なく侵攻していき、女、子どもにも情けを見せることなく見境なくインディアンたちを虐殺したというアメリカの暗い歴史には心が痛みました。

そして、さすがダスティン・ホフマンは才能ある役者さんだなあと改めて思った映画でもありました。手に入りにくいとは思いますが、アメリカの歴史に興味のある人にはお勧めです。

by oakpark | 2013-11-30 17:06 | 映画 | Comments(0)

70年代好き♪   

70年代の映像を見るのが好きです。何と言っても女性たちの装いがとってもおしゃれ~。髪型も不思議~。華やかで奇抜で独創性があって、見ていてとっても楽しい。自分がああいう服装、髪型ができるかというと、無理だとは思いますが、見るだけでうきうきしてきますね~。

というわけで、最近70年代づいています。

先日立川で観たエルヴィスの映画「オンステージ」のもう一つの楽しみは女性の観客の服装やお化粧を見ること。今とほとんど変わらない髪型をしている人がいるかと思えば、どんだけ逆毛しているの?というくらい盛ってる人もいますね。洋服の色使いも明るくポップなかんじ。ラスベガスだからみんな目一杯おしゃれをしてきているのでしょうね。 楽しい雰囲気が伝わってきて大好きです。

そして最近見ている海外テレビドラマ。

少し前にテレビ東京で放送されているのを知り、連ドラ録画をして観ている「奥様は魔女」(1964-1972)
e0123392_21394348.jpg

前にも書いたかもしれませんが、子供時代、リアルタイムでは観ていません。なぜでしょうか。父親の好きな番組と重なっていたのかしら。だから、あまりこのドラマに対する思い入れはなく、リアルタイムで観ていた「かわいい魔女ジニー」のほうがずっと好きでした。でも、「奥様は魔女」もなかなか楽しいですね。特に、最初はあまりサマンサにおしゃれさせていなかったのに、後半になるほどにどんどんおしゃれになっていく。まさに70年代ファッション。サイケ調プリントのワンピースを着たりもしています。サマンサのファッションを観るのが楽しいです。でもこのドラマ、しょっちゅう出演者の顔ぶれが変りますね。近所のおかしなおばさん、グラディスを筆頭に(初代の方は番組途中で病気で亡くなったそう)、いつの間にか、上司のラリーの奥さんも変っているし、サマンサのお父さんも、こんな人じゃなかった、なんて思うし、クララおばさんもいなくなるし、、、って大体からして出演者の年齢層が高いのよ。

BSプレミアムでは「刑事コロンボ」(1968-2003)も放送していますが、やはり、私は初期の70年代のものが好きですねえ~。ロサンジェルスに1年だけ住んだことがあるので、当事の町並みを見るのも楽しみだったりします。
e0123392_2332745.jpg


そして、そして、今これが一番楽しみ~というのが、Dlife で放送中の「チャーリーズ・エンジェル」です♪ 
e0123392_22375647.jpg


いや~、これいいです~。噂には聞いていたけれど、観たことなかった。映画版もまだ観てないし。 ご存知の方も多いと思いますが、謎の大富豪チャーリーのもとで働く美女探偵(エンジェル)の活躍のお話し。今私が観ているのはオリジナルキャストのものですが、ちょっと少年っぽい雰囲気があるケイト・ジャクソン演じるサブリナ・ダンカン、華麗な髪型が素敵なファラ・フォーセット演じるジル・マンロー、きれいなお姉さんタイプのケリー・ギャレット演じるジャクソン・スミスの3人。前回なんて、ローラーゲームが出てきちゃったりして、懐かしすぎるだろ、ってかんじ。東京ボンバーってありましたねえ。 3人のファッションもすてき。パンタロンって、腰が細くないと似合わないねえ、とか。胸が大きすぎなくていいなあ、とか、いろいろ思いながら観ています。ファラ・フォーセットってあのライオンのような髪型が印象的だったけれど、決して美人タイプじゃないですね。どっちかというとかわいらしいかんじ。笑顔がとっても素敵。ファッションも不思議だわあ。前回観たドラマでは、サブリナが横にスリット入りのベストを長くしたような服を着ていて、これはなんだろう~って思った。とにかく、すべてが新鮮でいいわあ。最近のドラマの女性たちの完成度が高すぎるファッションは逆につまらない。

すっかり、あたまが70年代に洗脳されて、そのせいか、先日スーパーで安売りしていた黄色のフライパンを購入してしまった。そして、急に欲しくなって、黄色(といっても山吹色だけど)のタートルネックセーターまでネットで購入してしまった。 私の中では、「黄色」といえば、70年代の雰囲気。「チャーリーズ・エンジェル」の出演者たちも黄色のお洋服をよく来ています。
e0123392_2302124.jpg


と、ここまで書いたときに、長女がご帰還。「六本木の森美術館でスヌーピー展に行ってきた!」 え~、お母さんと一緒に行くって言ってたたじゃん!とむっとする私。実を言うと、私は断然ミッキーよりスヌーピー派。こちらも郷愁を誘うのですよね。それにかわいいし。そういえば、スヌーピーも「黄色」のイメージありません? 長女が私と次女にお土産を買ってきてくれた。かわいい~。ほら、黄色でしょ。
e0123392_23521068.jpg

by oakpark | 2013-11-12 23:00 | 海外テレビドラマ | Comments(0)

ピンタックのシャツ   

11月10日です。
秋たけなわ、ですが、今年もあっという間に冬になりそうですね。 
秋晴れのさわやかな日ってほんと少ない。秋の装いに身を包み、美術館へ、なんて日を過ごせた人はラッキーと思わねばならないくらいですね。

でも、秋ですね~。今年はどんなファッションが人気なのかなあ、なんて、外に出るたびに周りを観察しています。相変わらず、ポンチョ系も人気ですね。ことしは、ストールがポンチョになるタイプのものもよく見かけますね。パンツもスリムが主体ですね。チラシなどを見ていると、「スリム」がさらに進んで「スキニー」なんて表現も使ってますが、これって、英語ネイティブの人が聞くとどう聞こえるのかしら。辞書には「皮の、骨と皮ばかりのやせこけた、不足した」のように、ちょっぴりネガティブなイメージの訳語がついていますもの。それに、こういうパンツの宣伝文句って、着る人がスリムじゃないと、全然スリムなシルエットにならないよなあ、といつも突っ込みを入れたくなってしまいます。

私はクラシカルな装いが好きなので、流行の中に、そういう要素がないかどうかいつも探しています。すると、どうしても、メンズになってしまう。今、気になっているのが肘当てつきジャケット。先日、あるお店で、肘当てつきのハリスツィードのジャケットを見つけて、引き寄せられるように近づいてさわってしまいました。が、当然それはメンズ。同じブランドのレディースを見ても、そういうデザインのジャケットはありません。なんでだよ~、と思ってしまいます。 昔、私が中学生のころ、「アイビールック」と呼ばれるファッションが人気で、そのころは、レディースの肘当てつきジャケットや、ツィードジャケットをよく見かけたのですけれどねえ。

今は、女性は女性らしく、のファッションのほうがメジャーになっているようですね。お化粧もしかり。若い子はみんな、付けまつげや、カラーコンタクトや、くりくり巻き毛や、いろんなことをして「女らしさ」を演出しようとしていますね。60年代、70年代あたりの作りこんだファッションに近くなっているといえば、そうなのかな。でも、また趣は違うようには思いますが。

そんな、メンズ服好みの私だから、シャツが大好きです。中でも、すごく惹かれるのが、ピンタックのシャツ。先日、衣替えをしていたら、こんなにたくさん持っていた~。
e0123392_1043216.jpg


でも、好きといいながら、なかなか着る機会がないし、着る気合が出ない日も多い。だって、やっぱり、Tシャツとかカットソーとかニットのほうが楽だもの。シャツは伸びないし、シャカシャカするし。

持ってるだけで着ないのはもったいないから、がんばってたくさん着よう、というのが、毎年のテーマです♪

by oakpark | 2013-11-10 10:52 | ファッション | Comments(2)

立川で「オン・ステージ」極上音響上映!   

エルヴィスの話題です。

立川のシネマ・ツーという映画館で、10月26日~11月8日の2週間限定で、エルヴィスのコンサート映画「That's The Way It Is (通称「オン・ステージ」)」が上映されています。明日がラスト!

今まで何度となく観てきた映像で、家のテレビ画面でも、劇場の大きな画面でも観てきたので、それらとそれほど変わりはないと思って高をくくっていました。でもまあ、大画面で上映してくれるんだし、立川は1時間くらいで行けるところだし、とりあえず行っておこうかな、くらいの気持ちで昨日、お友達(エルヴィスファンではない)と出かけていったんです。

すると、すると、、、、
なんと、まあすばらしかった。「極上音響」とうたっているくらいなので、音ももちろん大きくてよかったのですが、私はそれ以上に画面の大きさがすばらしかった。画面が大きくなっていてもそれほど映像の粒子は粗くならず、もう、目の前にでっかいエルヴィスが立っているという感覚。そしてその口から、まさに目の前の口から音が出てきている、と感じ、その臨場感にただただ感激しました。

あと一日しかないので、もし少しでもエルヴィスに興味のある方で東京在住の方は是非足を運んでみてください。 前半のリハーサル場面は、ファンでない方には退屈かも。脈略なくいろんな曲をリハーサルしているし、ファンでない方には知らない曲がほとんどだし。ちょっと面白いのが、エルヴィスがクリスマスソングを歌うシーンがあって、バックバンドの人たちが怪訝そうな顔をしているの。 8月の真夏なのに、なぜこの曲なのかなあ~なんて感じで、明らかに不審そうな顔してます。あるいは、疲れていたのかもね。エルヴィスが気の向くまま歌い、彼らはそれに合わせて伴奏を即興でしていたのでしょうね。 そのシーンはちょっと画質が違ってます。あとから、挿入されたのかも。面白いということで。

でも、この、リハーサルシーンの、まだちょっと太めで、ふつうのおじさんっぽくもある、70年代特有の柄シャツ(あまり似合ってない?)のエルヴィスが、後半のステージシーンで、なんとかっこよく変身することか。ラスベガスでのリハーサルあたりから徐々にかっこよくなってくる。そのあたりの対比を見るためにも、前半はやはり寝ずに見てほしいです。

白のジャンプスーツを着てステージに向かう姿の神々しさ。やはり、やはり、オーラがある、一人そこに立つだけで、その場の空気が変わる「特別感」のある、スーパースターだと思いました。

それと、もうひとつ、字幕がないのがこの映画の特徴で、私はそれが良かったのですが、ファンでない人たちには何を言っているのかわからなくて困るかも。ファンの人たちはもうエルヴィスがどこでどんなことを言うか大体知っているし、字幕を見ない分、画面に集中できます。あったらつい見ちゃうし。家でもたまに字幕を消してこの映像を見ることもあるのですが、大画面で観るとまた格別でした。まさに全身全霊、画面のエルヴィスに集中できました。それを意図して字幕なしにしたのかな。あるいは技術的な問題なのか、どうなのでしょうね。

何度も何度も、それこそもうたぶん100回近く見ている映像だけれど、そういうわけで、本当に気持ちが高ぶり、この曲、'Just Pretend'のときにとうとう涙がにじんできました。小さい画面で観るとあまりわからないと思いますが、大画面で観ると、暗闇の中に白い衣装のエルヴィスがぽっかり浮かび、ひたむきに歌う姿に心打たれる1曲です。ふざけながら軽く歌う曲と、真剣な歌とをうまくバランスよく配されているのもいいです。真剣なのばかり続くと、聞くほうも疲れるから。


是非、立川のシネマツー
近くの昭和記念公園は銀杏が色づいてきていてきれいですよ。
e0123392_10424022.jpg

by oakpark | 2013-11-07 10:42 | ELVIS | Comments(2)

11月3日!   

このブログを始めて6年ですが、まだ一度も書いていなかったようなので。

昨日11月3日は結婚記念日でした。今年で24周年。ということは来年25周年で、「銀婚式」ではないか。時の経つの早いなあ~。24年前の11月3日もお天気のよい日でした。私はピンクのウールのスーツを着て、すっぴんで会場に行ったぞ。だって、すっぴんで来いと言われたんだから。でも、スーツにすっぴんで電車に乗るの、変な感じだった。今から思うと、お化粧して行って、向こうでクレンジングで落せばよかったんだ。昔は素直だったなあ(ただのアホ?)

昨日は特に何もしなかったし、どこにも行かなかったけれど、夫にケーキを買ってきてもらった。夫は、私が何も「指示」しないと、一番簡単に手に入る、一番安いものを買ってしまう性格なので、今回は店まで指定した。すると、こんなの買ってきた~。

e0123392_21355853.jpg



素直にうれしかったです。
ちょっと照れるけれど、こちらこそよろしく~。

でも、きょうもけんかした。。。。

by oakpark | 2013-11-04 21:37 | 日常生活 | Comments(0)