<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

映画 「ラスト・ショー」(The Last Picture Show,1971)   

何度かこのブログで書いていますが、カルチャーセンターの映画講座に通っています。大好きだったジェフ先生がお休みされることになり、新しい先生に代わってしまうと聞いたとき、この講座を続けるかどうか迷いました。しかし、最初の講座シリーズに私の大好きな映画「ラスト・ショー」が入っていると分かり、とりあえず続けることにしました。それくら、私の「映画鑑賞史」の中で、存在感のある映画です。アメリカでは有名だけれど、日本ではあまり知られていない映画そうです。
e0123392_20394341.jpg

「ラスト・ショー」 (The Last Picture Show,1971) 監督:ピーター・ボグダノヴィッチ  出演:ティモシー・ボトムズ、 ジェフ・ブリッジス、 シビル・シェパード、ベン・ジョンソン、エレン・バースティン

以下、ネタバレあります。

始めてこの映画を観たのは今から10年前、H13年でした。子育ての一番大変な時期が過ぎ、少し時間が持てるようになり、大量に映画を観始めたころ。 この映画に出会ったきっかけは、リヴァー・フェニックス。 リヴァー最後の出演作品(完成されたものの中で)である「愛と呼ばれるもの」という映画の監督がピーター・ボグダノヴィッチでした。「愛と呼ばれるもの」の解説などを読んでいると、必ずと言っていいほど「『ラスト・ショー』を撮った巨匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督作品・・・・」という説明がありました。ボグダノヴィッチ監督は、主演に別の俳優を考えていたけれど、映画中で歌も歌えるということで、リヴァーのほうから出演を希望してきたとか。。。当事すでに人気俳優になっていたリヴァーからの要望にボグダノヴィッチ監督も感激したとか。。。

「ラスト・ショー」ってどんな映画なんだろう~、と興味を持ち、観てみたのです。

そして、とっても気に入りました。何かはっきりしたテーマとか結末のあるわかりやすい映画ではないけれど、映画全体に流れるけだるい雰囲気が好きでした。若者の屈折とか閉塞感とか、そういうテーマも好きでした。50年代のアメリカ の小さな町で起こった、いろいろな出来事。当時はこんな倫理観だったんだなあ、と思ったり。まだ、そんなにたくさん映画観ていなかったせいもあって、いろんなことが新鮮に映り、ああ、映画っていいなあと思った記憶があります。なにより、主演のティモシー・ボトムズの顔が好みだったのかも。ちょっと奥目でね優しい繊細そうなお顔をしているのですよ。さびしげな表情(演技?)がよくてねえ。

今回久しぶりに観て、やっぱりいいなあと思いました。ベン・ジョンソン演じるサムが古い西部劇に出てくるような『アメリカの良心』であり、サニー(ティモシー・ボトムズ)やデュウエイン(ジェフ・ブリッジス)ら若者の父親的存在であるということも、今回観てみてよくわかりました。

大人になりたい、幸せになりたい、お金持ちになりたい、大きな事をしたい。 若者はいろんな思いに振り回され、揺り動かされるけれど、地に足をつけて、自分のこと、周りのことをよく観察して、行くべき道を進むしかないのですね。 若者の無邪気さが、小さな何もないアメリカの田舎町で、シャボン玉のように大きくなっては消えていく様を描いた映画。大人も、過去を引きずりながらも厳しい現実と折り合いをつけながら生きている。必ずしも若者の手本になっているわけではないけれど、生きることの意味についてのヒントを若者に与えているのかな。  そんなことを思いながら観ました。

最後のほうで、高校を卒業したサニーが、新たに入学してきた高校生アメリカンフットボール選手やかわいいチアリーダーを見つめるシーンがあって、これからまた同じことが起こっていくんだろうなあと予感させてせつない。自分の将来に不安を抱き、よりどころを失ったサニーが足を向けたのは、しばらくの間関係を持っていたのに、美人のジェイシーに誘われたことで冷たくしてしまった、年上の女性ルース。 ここが私としてはこの映画で一番じ~んとしたところ。

「いまさら戻ってきてもだめよ。私のことなんて何も思ってないんでしょ」と取り乱すルースに、許しを請うように、優しさ、温かさを求める傷ついた子犬のように、黙ってそっと手を伸ばす、サニー。そしてその手を、戸惑いながらもそっと握りかえすルース。 それまでずっと、「車で送ってもらってごめんね」とか「泣いてしまってごめんね」とか、年上女の後ろめたさからか、サニーに対して謝ってばかりだったルースがはじめて、サニーからの無言の謝罪を受け入れ、対等の立場になった瞬間。

このときのサニーの表情がほんとうにせつなくて。名シーンだと思います。

そして思ったのが、人と人との関係において「立場」って大切だなあ、ってこと。

そもそも、サニーがルースとの関係を続けたのは、同い年のクールなデュウェインや美人のジェイシーの前では、自分が劣った人物のように思えて卑屈になってしまうけれど、ルースの前では上の立場でいられたからなのかも。人間にはそんなふうな上下関係がある場合がある。仲のいい友達同士でも。それで均衡がとれて友情が続く場合もあるけれど、均衡が崩れたときが大変。サニーとデュウエインにもそんな瞬間が来た。この小さな’事件’を経験して大人になると二人の関係はどうなっていくのかしら。

2番目にジーンとしたシーンは、サニーが弟のようにかわいがっていたビリーが交通事故死し、大人たちが「何でこんなところで箒を持ってたんだ」といい、「道を掃いていたんだよ!」とサニーが言い返すところ。人の役には立っていなくても、どんな命も尊くていとおしい。ビリーは自分にできる精一杯のことをし続けたんだなあ。

舞台になったテキサスの田舎町は石油の掘削で生計を立てている人たちがほとんどの。ほこりっぽくて風が強くて、活気があまりない街。住んでいる人々の心の有様を表しているようでもあった。

うまくまとまらないけれど、これは雰囲気を楽しむ映画かな、と思う。この映画がデビューのシビル・シェパードのかわいらしさにも注目です。

使われていた曲は、ほとんどが古いカントリーや50年代のバラード。映画の雰囲気にとても合っていたな。
エルヴィスが歌っていたので知っていた、大好きな曲、ハンク・スノウの'A Fool Such As I'もありました。ハンク・ウィリアムズの'Cold Cold Heart'が何度も流れました。

ハンク・スノウよりアップテンポで歌ったエルヴィスのA fool such as I  かっこいい~。


ハンク・ウィリアムズの'Cold Cold Heart'  哀愁を帯びた歌声~。

by oakpark | 2013-10-25 21:33 | 映画 | Comments(0)

最近読んだ本 (8月~10月)   

台風26号が近づいています。関東地方直撃かもしれません。次女の合唱コンクールは延期。夫と長女はサッカーの日本対ベラルーシ戦をイライラしながら見ております。(結局負けました) 確かに、最近のサッカー日本代表はあまり面白くありませんねえ。

というわけで、今日は、私が最近読んだ本の感想でも書きましょう。


〇 「野心のすすめ」    林真理子 著

   まず、タイトルの大胆さに惹かれます。次に表紙の帯の若き林真理子さんの何かに挑むような表情に惹かれます。 そして読んでみました。う~ン、感想むずかしいぞ。しかも、ブログに書いて公にするにはもっとむずかしいぞ。なぜかというと、「うん、うん、わかる、わかる」と思ってしまい、「そんなあなたでいいの?」と自問する。私って林真理子に似ているところがあるかもしれないと思い、、、ぎょっとしてしまう、からなんですう。

〇 「心」   姜尚中 著

   「母」を読んだときにも思ったのですが、フィクションなのかノンフィクションなのかはっきりしない不思議なストーリー展開の小説です。そして、これも「母」のときにも思ったのですが、せりふ部分がものすごくリアルで生き生きしています。あのクールな姜さんが、おかあさんや、若者になりきってしゃべっているように思えておかしい《失礼)。お話しとしては、後半、ちょっとつまんなくなったかな。


〇 「キネマの神様」  原田マハ 著

   これも、タイトルにひかれて読んでみました。期待していたほどではなかったかも。。。。


〇 「ペーパーボーイ」   ピート・デクスター 著   谷垣暁美 訳

   映画になっていると知って、先に本を読もうと思いました。本の帯の車から半身を出したザック・エフロン君に惹かれたってのもある。(彼って、大丈夫なんでしょうかねえ) アメリカの南部にも興味があるし、タイトルもいいかんじ。「ペーパーボーイ」って新聞記者のことなんですね。新聞配達の少年ではなくて。 予想通りというかなんというか、じと~っとねばっこい、どちらかというと読みにくい小説でした。行間から湿った熱気が漂ってきそうな暑苦しい小説。真夏に読んだから余計にそう感じたのかも。ストーリーはなかなか展開せず、いらいらするんだけれど、なぜか先が読みたくなる。実はこういうの嫌いじゃないです。昔読んだ、ジョン・アーヴィングの小説もそんな感じだったかも。アメリカ人って案外粘っこい性格なのかもね。エルヴィスの「ポーク・サラダ・アニー」を聴きながら読むとぴったりな感じ。映画もいつか見てみたいです。


〇 「在日」  姜尚中 著

  「心」よりはおもしろかったですねえ。しかし、予想していた内容とは違いました。 姜さんの、在日であるがゆえの苦悩とか苦労のことが書かれていると思っていましたが、そうではなく、姜さんの育った時代の世界情勢が説明されている小説という印象です。分かりやすく、章末に解説がついているのでいい勉強になります。


〇 「ディビッド・コパーフィールド」 (1)   チャールズ・ディケンズ

 なぜこの小説を読もうと思ったかというと、映画の「ヒア・アフター」を観たときに、マット・デイモン演じる主人公が、大のディケンズファンで、寝る前に必ずディケンズの朗読を聞くという設定だったから。彼にとっては、シェイクスピアよりディケンズのほうが偉大な小説家。そうだ、ディケンズを読もう!と思ったわけです。大昔に「大いなる遺産」を読んだことがあるような気もするがあまり覚えていない。今回は何を読もうかと思ったとき、ディケンズ本人が一番気に入っているという、自伝的小説である本書が候補に挙がってきたわけです。で、1巻を読んで、ま、これでいいか、と思ってしまった。要するに、主人公である、デイビッドがいろいろ苦労しながら成長していく話だろうと思ったし、5巻まで根気が続きそうにないと思ったから。いつかヒマができたら残りも読むかも?です。


〇 「愛の旅人」     朝日新聞 be 編集グループ編

  これはずいぶん前に購入していたもの。朝日新聞の土曜版beに掲載されいた、有名な男女のエピソードを本にまとめたもの。大体、文豪と恋人(や妻)の話が多いけれど、中には「人魚姫」から人魚姫と王子というのや、オスカルとアンドレや、リカとカンチなんてのもあります。最近、宮崎駿映画のタイトルになった、堀辰雄の「風立ちぬ」の「私」と節子、とかね。 オーソドックスなところでは 与謝野晶子と鉄幹、カミーユ・クローデルとロダンなど。三善英史と母というのもあった。とにかくいろいろ。このシリーズは続編もあって、それも持っているのですが、またいつか読もうっと。


〇 「RURIKO」     林真理子 著
e0123392_0301588.jpg


  この本には、ハードカバーのときから惹かれていたんです。なんといっても表紙の浅丘ルリ子さんが素敵。ルリ子さんのお話なのかなあと、バイオグラフィーものが好きな私としては興味しんしんでした。でも、文庫になるまで我慢し、やっと先日読了しました。これも不思議でしたよ~。事実を基にした小説とのことですが、登場人物は全員実在した人物なので、ノンフィクションかと思いきや、そうでもなさそうでもあるし。主人公のルリ子が石原裕次郎にぞっこんで、小林旭とは恋人同士→親友。美空ひばりからも頼りにされていてしょっちゅう電話がかかってくるんですよ。この時代って豪華だわ~。 ということで、浅丘ルリ子さんの若かりし日(かわいい!)の動画をyoutubeで観たりして、本を読んだあとも楽しみました。私はテレビで時々見るクールな大人のルリ子さんしか知りませんでしたが、若い頃は髪を振り乱して熱演されていたのですね。 姜さんの本もそうでしたが、最近、フィクションなのか、ノンフィクションなのかよくわからない小説って流行なのでしょうかね。

by oakpark | 2013-10-16 00:23 | | Comments(0)