<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

Glee で感動した曲   

きょうはそろそろ、最近読んだ本のことを書こうかと思ってパソコンをあけたのですが、その前にやはりこのことを書いておきたいと思い、予定変更。 本の感想ってむずかしいんですよね~。気軽に書けないというか。自分の読解力にも自信がないし。。。。

海外ドラマ「Glee」で感動した曲のことを書きます。
ドラマの主要登場人物の一人のフィンを演じるコーリー・モンティースが亡くなったことがきっかけで、現在テレビ放映しているシーズン3を毎回録画して観ています。このドラマ、ストーリー的には???なところもあるし、中学生の子どもにあまり見せたくないなあと思うシーンもあるけれど、歌がとってもいいです。出演者みんなの歌唱力がすごいし、衣装も演出もとても凝っていて、これぞ、アメリカのエンタメ界の底力、というかんじがします。残念ながら日本人だとここまでの華やかさ、多様さは出せませんね。いろんな肌の色、いろんな体格、いろんな髪の色、瞳の色を持つ人たちが混じり合うアメリカだからこそ出せる奥深さ。高校生がこんなことできるわけない~と突っ込みを入れながら、ついつい見入ってしまいます。急いでいるときにはストーリー部分を飛ばして歌の部分だけを見るときも。それ位、出演者も演技より歌に力はいってるんだから。

毎回、感じ入るところのある彼らのパフォーマンスですが、最近久しぶりにとっても感動した曲に出会いました。ウィル先生がエマ先生にプロポーズする回で、女の子たちが歌う、'The First Time Ever I Saw Your Face' です。女の子たちが好きな人とはじめて出会ったときのことを思い出しながら歌う曲。なぜか、歌っているレイチェルが、まるでフィンのことを予見していたかのように涙を浮かべながら歌う姿を見てもらい泣きしてしまいました。好きな人にはじめて出会ったときのこと、覚えていますか?

この曲はもともと、1957年にフォークソングライターのEwan MacCall という人が、好きだった女性歌手、Peggy Seeger という人のために作ったもので、のちに彼らは結婚したんだとか。「はじめて君の顔を見たとき、君の瞳の中に太陽が昇っているのかと思った。星も月も君からの贈り物だよ」というロマンティックな歌。

その後、1965年にピーター・ポール&マリーが歌ってヒットさせたらしい。で、その後ロバータ・フラックが1969年に出したアルバムでこの曲を歌い、これが1971年に公開された、クリント・イーストウッド初監督作品映画「恐怖のメロディ」で使われてヒットし、グラミー賞をとったらしい。そして、そして、どっかで聞いたことあるなあと思ったら、実はエルヴィスも1972年に歌っていた。邦題は「この愛は面影の中に」。同じ曲なのに、それぞれがかなり違っていて、エルヴィスのは明らかにPP&Mバージョン。Gleeはロバータ・フラックバージョン。そしてオリジナルのPeggy Seagerはまたまた全然違う。これですから。

たしかに、かわいいですね。

これを、PP&Mはこんな風に歌ったわけです。


これを聞いて、カバーしたと思われるエルヴィスバージョンはこちら。

感動的なGlee バージョンはロバータ・フラックをカバーしています。


全部いいんだけれど、やっぱり私はGlee バージョンが好き。

もう一つ、Gleeで聞いて、いいなあと思った曲がFun の 'We Are Young'。何度もラジオで聞いたことのある曲だったけれど、Gleeで聞いて感動しました。仲たがいしていたメンバーが、お互いのすばらしさを再認識し、歩み寄るという場面で使われていました。歌はストーリーの中でぴったりの使われ方をすると良さが増しますね。もちろん、オリジナルも好きです。gleeよりもっと軽快でポップで男の子っぽい感じがしますね~。 we are young か。。。。そういうときもあったなあ。。。。とせつなくなってしまう歌でもありますね、わたしらにとっては。

by oakpark | 2013-09-30 00:18 | 海外テレビドラマ | Comments(0)

はじめてのサプライズ♪   

今日は本当にびっくりしました。生まれてはじめて、『サプライズ演出』をされてしまいました。

Elvis 友達に「横浜のハードロック・カフェ行こう!」と言われたのは、先月のエルヴィス命日イベントのとき。六本木のハードロック・カフェには行った事はあるけれど、横浜はないので行ってみたいなあとは思っていた。日程の調整に入ったけれど、二人とも忙しくてなかなか日が合わない。もう少しあとでもいいかなあ、と私は思っていたけれど、お友達はどうも急いでいる様子。いつもお世話になっているお友達がそうも言ってくれるのであれば、と何とか日程を調整し(テニスの日をずらし)、本日決行することになったのです。

開店直後だったので、すんなりエルヴィス席に着席。ハードロック・カフェといえば、最初に入ったのが今から8年位前。クイーンのファンになりたてのころ。それまでは「ハードロック」というくらいだから、なんだかロックな人たちのたまり場所のように思い、自分とは関係のない場所だと思っていた。でも、実は、ファミリーレストランみたいなもんだということがわかった。当時は熱烈なクイーンファンで、クイーン関連グッズの置いている場所を一生懸命探したりしていた。店によってはたくさん置いてあるところもあれば、少ししかないところもあった。その後エルヴィスのファンになり、どのハードロック・カフェにもエルヴィス関連グッズはあるということを知った。やっぱ、エルヴィスは『ロックの基本』なんだね、と思っていた。今までに入場したことのあるHRCは六本木、上野、名古屋、メンフィス、そしてなぜかカナダのナイアガラフォール市。中に入らずに外から見ただけだと、ラスベガスとかナッシュビルとか、ほかにもあったかもしれない。

横浜のHRCは初めてだったけれど、4人がけのブースのようになっている席のところにエルヴィスコーナーがあった。これはいい。エルヴィス独り占めというか今回は二人占めってかんじ。

何の疑問も持たず食事をし、「あ~おいしかった。今日はデザートもいけそうな気分」なんていいながら、メニューを見ようとすると、お友達が「ちょっとまって」という。なんでかな~。あとでデザートを食べに別のお店に行くのかなあ。と思っていると、店内奥のほうで、「お誕生日の方がいます~。ハッピーバースデー~♪」なんて店員さんが歌いだす。あ、なんかやってるな、と思う。するとお友達が手拍子をし始める。へ~、協力的だな、のりのりだな、じゃあ、私もなんて思いながら遠慮がちに手拍子をはじめると、その、ぱちぱちしている花火がついたデザートらしきものが私のところに運ばれてきてしまった!え==、わたしなの!!!

いやはやびっくり仰天。まさか自分とは思わなかった。誕生日も2週間ほど前だし。でも、どうして、お友達は私の誕生日のことを知っているのだ?私、言ったっけ? もう、頭の中が????だらけになりました。こんなにびっくりしたのほんと久しぶり、33歳の誕生日にに、イギリス人の友人に突然香水をもらって以来のおどろき。え?まてよ。今からちょうど20年前ではないか。もしかして、「3」って私のラッキーナンバーなのかも。

白状すると、おどろいてうれしくて、涙が出てきました。。。私のことなんかを気にかけてくれたなんて感激です。何かお返しをしたい、、というようなことをいうと、そのお友達は、「私はいいから、別のお友達に同じようなサプライズをしてあげて」という。そうか、それもいいね。でも、エルヴィスファンの友達なんてほかにはいないなあ。

あとから聞くと、すんなり座れたように思った席も、実は予約していたんだそう。本当に、本当にありがとうございました!

サプライズの席にあったエルヴィスの写真はこれ。
e0123392_0255933.jpg

この席を予約して座ったからだと思うけれど、店員さんが気を利かせて、エルヴィスを3曲流してくれました。
e0123392_0262547.jpg

お手洗いの近くにもエルヴィスがいた!
e0123392_0265958.jpg


今日は、良い日だったなあと思い、帰りに好きな花のコスモスを買って帰りました。

by oakpark | 2013-09-27 00:34 | 日常生活 | Comments(2)

東京にオリンピックが。。。   

義母の誕生日の9月8日に、2020年オリンピックの開催地が東京に決定しました。

不思議なものです。

直前までそれほど興味はなかったし、税金の無駄遣いじゃないか、とか、日本はそんなことしている場合じゃないでしょ、と思っていたし、そもそも、イスタンブールになるんじゃないかと思っていたのだけれど、決定の前日くらいから俄然気持ちが盛り上がってきて、深夜に行われたプレゼンも生放送で全部観て、決定の瞬間の8日朝5時半ころには勝手に目が覚めて、テレビの前に陣取っていた夫と長女の声に耳を澄ませていた(私は起きるところまではいかかった。。。。)

そして決定直後から、なぜだかうきうきしてきた。我が家は神奈川県だが、開会式が行われる国立競技場まで電車でほんの30分ほど。この東京に、世界各地からアスリートやスポーツ好きの観光客が大挙して集まって来るんだと思うと、わくわくする。7年後の自分はどうなっているか。子供たちはどうなっているのか。いろいろ思っちゃう。もしかしたら知り合いでオリンピックに出る人が出てくるかも。。。なんてことも。

今日電話で話したのだけれど、80歳の両親も、それまで元気でいたいと、活力をもらったようだ。子供たちには夢を、お年寄りには生きる活力を、働いている人には経済効果をもたらしてほしいオリンピック。

いろいろ問題はあるのだろうけれど、なんだか、世の中が違って見えてくるような衝撃だ。

サッカーのワールドカップの時には感じなかった高揚感。なぜでしょうね。オリンピックだよ、オリンピック。なんか、特別な響きがあるなあ~、オリンピック、って。

そして、世界に日本のあり方をアピールするいいチャンスなんじゃないかと思う。欠点もあるけれど、良いところを伸ばしたい。東京の景観が悪い、町並みが醜いという意見もあるけれど、ゴミが落ちていないのは良い点。以前に旅行したロンドンはゴミだらけだったもの。人々が平気で路上にゴミを捨てる姿に驚いたもの。 滝川クリステルさんのプレゼンにもあったけれど、落し物がちゃんと戻ってくるのもすばらしい。我が家で言うと、長女が2回定期を落とし、長男が1回財布を落としたけれど、全部戻ってきました。こんな国、ほかにないよ、ほんと。ドーピングのような違反をしないという倫理観が確立しているのも日本のいいところだと思う。


小さくて資源も少ない、地図上では目立たない国だけれど、世界一信頼できる人たちが住んでいるという印象を世界に与えられたらいいなあと思う。

この曲が聞きたくなってきたので。

by oakpark | 2013-09-10 00:02 | 雑感 | Comments(0)

映画 『わが青春に悔なし』 『桐島、部活やめるってよ』   

たまたまですが、先週、青春映画を二つ観ましたので紹介します。

『わが青春に悔なし』(1946) 監督:黒澤明 出演:原節子 前田進 河野秋武 大河内伝次郎
e0123392_15453896.jpg

いや~古い映画でした。1946年ということは戦後すぐですね。アメリカ側からもよし、というお墨付きをもらって世に出た映画なのでしょうが、後半の泥にまみれて労働するというシーンは、共産主義的な雰囲気もあるような気もして、何に焦点が当たっているのかちょっとわかりにくい映画ではありました。京都大学の教授の娘である(つまりいいとこのお嬢さん)原節子が、二人の男性の間で揺れ動き、最終的には苦労をする方の人生を選ぶというお話し。秀才で心優しく、日和見主義的生き方で出世していく糸川と、実直で自分の信じる道を突き進む野毛。軍国主義の吹き荒れる日本においては、野毛の信念を曲げない生き方は危険と背中合わせだ。映画の中の原節子はもちろん、ドラマチックな野毛を選ぶ。そして、どんなに泥にまみれようとも「振り返ったとき悔いのない生き方」を貫くのだった。そんなにたくさん黒澤作品を観ているわけではありませんが、私の中で黒澤監督といえば、泥、のイメージ。黒澤監督だから、こんなに泥のシーンが長いのかしらん?と思いました。でも、不思議なことに、泥にまみれてからのほうが、原節子の美しさが際立つ気がしました。野毛の母親役の杉村春子は当事30代で、老けメークをしていても声が若かった。京大を舞台にしているのに用務員さん以外誰も関西弁をしゃべっていなかったのが変だな~と思った。当事の映画作りはそこまでリアリティを追求していなかったのかな。あと、原節子が惹かれる野毛は、私にとってあまり魅力的に見えなかったな。糸川の描かれかたがかわいそうだった。。。。。以上です。

『桐島、部活やめるってよ』(2012) 監督:吉田大八 出演:神木隆之介、東出昌大、松岡茉優、大後寿々花
前野朋哉、山本美月、橋本愛、
e0123392_1611583.jpg

面白かったです! 映画好きの友達が勧めてくれて、観なきゃ、観なきゃと思っていたのですが、観てよかった。前に「クラッシュ」を観たときと同じくらいの衝撃を受けました。俳優たちはほとんどが素人同然の若者で、最初のほうは、ちょっとたるいかな~と思いながら観ていたのですが、だんだん、脚本のうまさ、会話の自然さに、引き込まれていきました。「ある、ある~」なんて思いながら。『わが青春に悔なし』は、ある意味、’デフォルメ’された現実だけれど、こちらの映画のほうは、等身大の現実。普通にありふれている現実を、うまい具合に切り取って組み合わせていくことで、メッセージが伝わってくる。うまいなあ~と思いました。同じ時間を視点を変えて繰り返すという手法を使っています。見方や立場を変えると物事の意味合いが全く違ってくるのを思い知らされてはっとしました。

映画紹介で書いた出演者の名前は、私の印象に残った順に書きました。映画部部長前田君を演じた神木隆之介は気が弱いけれど、滑稽なほどの一生懸命さが好感の持てる少年役がぴったり。吹奏楽部部長の大後寿々花とのやりとりが笑えました~。クラス1のイケメンを演じた東出昌大は、たしかにかっこいい。でもどっかで見たことのあるような顔にも見える。お笑いの有吉や徳井、演歌歌手の山本譲二、女優の山口智子とか、いろんな人を思い出してしまった。でもイケメンですよね。10月から始まる朝ドラへの出演も決まっているようです。今後どんなふうになるか。 そして、そして、女性陣はみんなよかった~。とくに、かわいくてちょっと意地悪な女の子を演じていた、松岡茉優は、ほんとに自然に見えたなあ。あんな子いる、いる、って思った。すい部の部長さんの生真面目そうな感じも、桐島の彼女役の山本美月のアンニュイな感じもぴったり。それぞれの髪型も役柄に合わせていて、とても考えられていると思った。前田君が憧れているバドミントン部のかすみを演じた橋本愛は、小説を読んだときに私が思い描いていた女の子とかなり違っていたけれど、まあ、こういうのもありなのでしょう。 中3の次女にちょっとだけ見せたら「面白そう~。見たい~」と言っていたので、来週の期末テストが終わったら見せてあげることにしよう。ってことは、もう一回借りてこなあかんわ~。

笑えるシーンもかなりあって、いやほんと、楽しめました。

by oakpark | 2013-09-07 16:34 | 映画 | Comments(65)

栄養サプリメント   

9月になりましたが、きょうも暑かった。
クーラーのついている場所から、ついてない場所へ出ると、空気が押し寄せてくるよう。当たり前だけれど、空気ってあるんだなあと実感する暑さです。 それでも、夕方になると、盛夏のころより若干涼しく感じられる風が吹くようになりました。秋の虫の声も涼しさを増してくれますね。

さて、今日の話題はサプリメント。

現代人は多くの人がサプリメントをとっていますよね。私が若い頃は、せいぜいビタミン剤くらいしか知りませんでした。「アリナミンA]とか「ポポンS」とか。ドリンク剤の「オロナミンC]とかね。(なぜカタカナとアルファベット文字の組み合わせなのだろうか) 最近はもっとぐっと複雑になって来ました。プラセンタとか、ローヤルゼリーとか、グルコサミンとか。もう、何が何に効くのかわからん。 神経質な人は、きっとあれもこれも、と思ってしまうことでしょう。

で、私の場合ですが、今までいろいろ試してみたのですが、錠剤がどうも合わない。というか、鈍感すぎて効果がわからない。飲むときの楽しさも一切ないので、ついつい忘れてしまう。やっとこさ、ひと瓶飲み終わっても、次また買うほどでもないなあと思ってしまうのです。

でもやはり、トシとともに、いろいろ不具合も出てくるし、何もしないより、何か摂取したほうがいいのではないかと、焦りのような気持ちがあるのも事実。そんな、ものぐさ、だけれど、世間にも左右されてしまう私が、結構長期間摂取し続けているのがこの3品。まずこれ。
e0123392_20333017.jpg

鹿児島の蜂蜜入り黒酢は、少量をお水で薄めて飲みます。数年前母が鹿児島に旅行したときに送ってくれたもので、それ以来ずっと続けています。鹿児島出身の友人は、「黒酢はいいのよ~。疲れにくくなるでしょ」というのですが、そういう実感は全くないのです。でも、おいしいので続いています。 となりにあるのは最近始めたコラーゲンの粉末。朝のコーヒーにスプーン一杯分を溶かして摂取しています。「コーヒーに混ぜても味が変らない」という触れ込みですが、やはり変ります。ゼライスのような味がします。そりゃ、コーヒーだけのほうがおいしいに決まっています。でも、とったほうがいいのかなあ、お肌のはりとか少しはよくなるのかなあ、と、期待をこめて摂取しています。 コーヒー大好きな私は、味をこわされたくないのですが、朝のコーヒーは若干味が落ちても飲めます。昼、あるいは夜のコーヒーは、ぜったいだめ。

そしてこちらも。
e0123392_2041188.jpg

「イオンカルシウム」というもので、夫の母が信奉者で、熱心に送ってくれます。本当は息子である夫に飲んで欲しいのだと思います。直接私に言うのははばかれるのか、「〇〇さんは、ご主人のお風呂上りに専用カップに入れて置いてあげるらしいよ」と、暗に私にも同じ事をするように、という感じでおっしゃるのですが、夫は甘ったるいシロップのようなこの飲み物が嫌いらしい。もちろん、私がもっと「飲め、飲め」と勧めると飲んでくれるのでしょうが、私自身が効果についてよくわかっていないので勧める気になれず、結局自分が飲んでます。でもやはり効果は実感できていません。カルシウムが大事だということはなんとなくわかるのですが。。。

世の中の皆さんはどのくらいサプリメントを摂っているのかな。
ときどき不安になる私です。。。。

by oakpark | 2013-09-01 20:48 | 日常生活 | Comments(2)