<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

映画「ワン・ディ  23年のラブストーリー」   

この映画良かった!!
今年一番です。 とっても私好みの映画だった。監督が「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグというデンマーク出身の監督ですが、「17歳の肖像」も大好きだったし、この監督と相性いいのかも~。allcinemaによると4作品しか作っていないのだけれど、ほかの作品も観てみたい。

「ワン・ディ 23年のラブ・ストーリー」(2011, ロネ・シェルフィグ) アン・ハサウェイ ジム・スタージェス
e0123392_23263463.jpg

私はこういう男女の友情ものによわい。女子校育ちで、男の友達が少ないから余計にこういう関係に憧れるのかもしれない。イーサン・ホーク主演の「恋人たちの距離(1995)」以来の感動。 男女二人の微妙に揺れ動く気持ちを絶妙な間合いで見せていて、最高のラブストーリーに仕上がっていると思う。4枚1000円でレンタルしたDVDの最後の一枚で、返却日が迫っているから10分でも見ておこうと思い、深夜12時くらいに観始めたら止まらなくなってしまった。こんなに感情移入したのは久しぶり。途中、先がわかって、「やめて~!」と心の中で叫んだ。

アン・ハサウェイ演じる中産階級出の真面目でダサい女の子エマと、ジム・スタージェス演じるお金持ちで奔放なお坊ちゃんのデクスターの23年にわたる友情物語。7月15日というたった一日での二人を描くことで、二人の関係の変化を表現していて、とってもうまい。二人の最初の出会いは、大学卒業の日。以前からデクスターに憧れていたエマは、二人で一夜を共に過ごすことになり、天にも昇る気持ち。あと一歩のところで何も起こらず、これからも友達でいることを決める。その後はお互いの生活が忙しくなり、それぞれ恋人もでき、疎遠になっていく。でも、何かつらいことがあったとき、一番話を聞いてもらいたい相手は、エマであり、デクスターだった。携帯のない時代は、すれ違いだらけ。デクスターが母親の病気の重さを知って落ち込んだ晩、何度も何度もエマに電話するのに、エマはイアンという男性とデートをしていていい感じになっていたのだ。観ていて、とっても歯がゆい場面。それまでエマに対して優位に立っていたデクスターがはじめてエマに甘えたかった晩だった。その後立場が逆転していく。 生活が荒れ、人生を転がり落ちていくデクスターと、相変わらず堅実なエマ。昔とは変ってしまったとなじってデクスターから離れようとするエマだったが。。。。


あ~、このあたり、言いたいんだけれど、言ってはだめ。是非映画を観てください!

とにかく、二人がとっても魅力的。アン・ハサウェイはかわいくて、いもで、でも綺麗になっていって。。。包容力があって。私が男だったらほれるなあ。 デクスターは、とんでもない男なんだけれど、なんだかわいい。ほっておけない。 演じるジム・スタージェスは、最初の登場シーンから私は「お、これぞ、イギリスのイケメン」と思ってしまった。IMDbのプロフィールを読むと、リヴァー・フェニックスが憧れの存在だそうで、そこもポイント高いぞ。 レイチェル・ポートマンの音楽もいいなあ。あと、カメラワーク。よくある手法だとは思うけれど、画面を観ていると、フレームにそっと、別の人物が入ってきて、今しゃべっている(あるいは焦点があたっている)人物がどんな状況かを説明する。あそこで、エマの足が映ったときはうれしかったなあ(さあ、どこでしょう)

とにかく、これはおすすめですぞ。ただし、ゆっくりとした展開が苦手な方にはおすすめしません。

by oakpark | 2013-04-09 23:26 | 映画 | Comments(0)

映画 「Hick ルリ 13才の旅」 「幸せのキセキ」   

息子の受験も終わったことだし、映画もどんどん観ていきたいところ。観たい映画もたくさんあるけれど、今年はどんな年になるかな。映画を観る時間が取れるかな。実は中3の次女の中学でPTA役員になってしまい、そっち方面も忙しくなりそう。でも、すきま時間を見つけて、映画や米国テレビドラマを観たいです~。

さて、気に入った映画を紹介。

★「Hick ルリ 13歳の旅」 デリック・マルティーニ監督  クロエ・グレース・モレッツ エディ・レッドメイン ブレイク・ライブリー
e0123392_2162133.jpg


これはですね、完全にエディ・レッドメインくん目当てに選んだ映画です。最初の10分で、「お~、わたし好みの映画だ~」と思いました。まず音楽がいい。ボブ・ディランや、カントリー系の音楽。それに時代設定もいい。50年代か60年代のアメリカかな。はっきりとは言っていないけれど、街の様子や乗ってる車、登場人物の服装から察するに、そのあたりのかんじです。ロードムービーで少女の成長物語、っていうのもいい。主演の13歳のルリを演じた、クロエ・グレース・モレッツのうまさにはびっくり。調べると、すでにいくつかの作品に出演していて、かなりの評価を得ている子役スターみたいですが、私ははじめて見ました。キュートで、小生意気で、セクシーのつぼみを感じさせるような肢体。10代の子達ってほんと、きれい。ちょっと首が短いけれど、そのあたりでコミカルな雰囲気も出していて、私は好きだなあと思った。将来、ミッシェル・ウィリアムズのような演技派になりそう。そして、そして、お目当てのエディ君にもおどろいた。俳優さんってすごい。あの、「マリリン 7日間の恋」で見せた、イギリスの坊ちゃんの雰囲気を封印し、完全に南部のアメリカ男になってるじゃないの!私の好きな、南部なまりのけだるそうな英語。あれってネイティブの人が聞いたらどうなのかな。イギリス人っていうのがわからないくらいなのかな。私は全然わかりませんでした。最初はやさしそうなんだけれど、だんだん凶暴になっていく危ない男を演じていて、今までのエディ君が演じてきた役柄と全然違う。感心しながら観ました。こうなったら、エディ君出演作を制覇しなければ。

あ、ストーリーのことを全然言ってないですが、アメリカ中西部のネブラスカに住む13歳のルリが、だらしない両親に愛想を尽かし、ヒッチハイクでハリウッドを目指す物語ですね。ルリを車に乗せるのが、エディ(エディ・レッドメイン)と、グレンダ。グレンダを演じるのが人気米テレビドラマ「ゴシップ・ガール」の主演女優、ブレイク・ライブリー。はすっぱなんだけれど、やさしいところのあるグレンダをなかなかいい雰囲気で演じていた。この人はこれから映画に進出ですね~。エレン・バーキンとかキャスリン・ターナーとかのような存在になれるかも?内容的にどうのというのより、雰囲気が好きな映画でした。


★「幸せへのキセキ」(We Bought a zoo) キャメロン・クロウ監督 マット・デイモン スカーレット・ヨハンソン エル・ファニング コリン・フォード マギー・エリザベズ・ジョーンズ
e0123392_22222677.jpg

この映画を観て、まず思ったのは、マット・デイモンかっこよくなったなあ~、です。年齢を重ねるごとによくなってますね。私は基本的には、おじさまより若い子好きなのですが、マット・デイモンは絶対今のほうがいいです。「グッド・ウィル・ハンティング」や「リプリー」をリアルタイムに近い頃に観ましたが、その頃は、決してハンサム系の俳優ではなかった気がします。でも今は渋みも加わりハンサムといってもいいんじゃないかしら。しかも、かわいいかんじも残っていて、なかなかよいです。「エレンの部屋」にゲスト出演したときも、とっても落ち着いた雰囲気で、思っていたのと違っていました。親友のベン・アフレックは元気ではしゃぐタイプでしたが。こうなったら、彼の出世作の「ボーン~」シリーズを観なきゃ。(まだ観てないのか、ですよね)

スカーレット・ヨハンソンも堅実な演技。こういう、田舎娘っぽい役も似合うんですよね、このひと。この映画でも子役が大活躍。マット・デイモンの娘を演じたマギー・エリザベス・ジョーンズちゃんのかわいいこと。ファニー・フェイスタイプです。息子役のコリン・フォード君は、あと2~3年後、どんなふうに成長しているか見てみたい。
ストーリーはありきたりですが、実話というのがすごいですね。動物園を買っちゃうなんて。最後はハッピーエンドで気持ちよく、満足できた映画でした。

by oakpark | 2013-04-07 21:11 | 映画 | Comments(0)

怖い本と笑える本とセクシーな本   

最近読んだ本を紹介します。

まず、本来の私なら絶対選ばないタイプの本から。なぜこれを選んでしまったんだろう~。魔がさした?

「悪の教典 上・下」  貴志祐

怖いお話しでした~。いわゆるサイコホラーものかな。特に下巻なんてずっとそんなシーン。でも、ひきつけられるように読んでしまった。とてもうまい小説家だと思いました。関西出身というところもセンスが合った理由かも。題材は私好みではないですが、文章は好みでした~。

*「生きていてもいいかしら日記」   北大路公子

なんなんですか~、この本は~。一体どういう生活をしているんですか~、この著者は~、と言たくなりました。本人もその辺のことはわかっているようで、「自分の本は一部の読者の神経に触れるらしい」と書いておられます。神経に触れるとまでは行かないけれど、ちょっとなあ、と思ってしまわないでもない。どうでもいいような日常生活についてのエッセイなのですがこれが本当なら、まずほとんど毎日飲んでおられます。しかもかなりの確率で昼酒。う~ん。短い60のエッセイのうち大笑いしたのは4割くらいかなあ。もう少し打率が高かったらもう一冊読んでもいいけど、微妙だな。私のお気に入りは「ノリコとキミコの冷戦」です。

* 'Fifty Shades of Grey'

かなり過激ですね~、これは。でも、何がテーマなのかよくわからなかったし、話しが進まないから途中で飽きてしまい、最後のほうは飛ばし飛ばし読みました。恋愛小説なんだけれど、なぜ二人が惹かれあうのかがよくわからなかった。魅力は外見の美しさだけなのか。それとお金と。

以前の日記に書いた編みかけのカーディガンたち。一応一つだけ完成しました。
e0123392_235192.jpg



でも、来年、これ編みなおすかも。

by oakpark | 2013-04-02 23:53 | | Comments(0)