<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

パンのはなし   (その2)   

前回のパンのはなし(その1)では、私の3歳までのパン体験をお話しましたが、きょうはそれ以降高校生くらいまでのパン体験をお話します。

その前に、、、きょうの東京地方は大雪でした。午前中ずっと降り続け、まるで雪国のようでした。夕方は雪かきをがんばりました(近所の人が出てくると、やらないわけにはいかない)
e0123392_20205391.jpg


さて、3歳で「ロバのパン屋」を経験した私の、次なるパンとの出会いは「神戸屋のパン」でした。ていうか、小学生のころはパンといえば、神戸屋しかないと思っていました。同じ頃、電車といえばすべてツートンカラーだと思っていたのと同じように(阪神電車のこと。普通は青とベージュ、急行、特急はオレンジとベージュのツートンカラーの車体)。小学生のころの世界は狭かった。近所に2軒、「神戸屋のパン」を売っている店があり、母からお金をもらってお気に入りの菓子パンを買いに行くのが楽しみでした。当事どんな菓子パンを買っていたか、先日から思い出そうとしているのですが、実はあまり思い出せない。 すぐに思い出したのはドッグパンのような真ん中に切れ込みがある長細いパンでチョコレートクリームとかコーヒークリームとかそういうのがはさまっていたタイプ。今でこそ、絶対食べないタイプのパンですが、当時はすんごいご馳走のように思っていました。普段はトーストだけなので、甘いパンが珍しかったのですよね。それ以外にはどんなパンを好んでいたのか。 やはり、ジャムパンとかクリームパンとかかな。アンパンはそれほど好きではなかった(今は大好き)。あと、先日書いたミニスナックゴールドのようなお砂糖をまぶしたパンもあった気がします。

神戸屋パンは1918年創業。30年後の1948年創業の山崎パンのほうがずっと規模が大きいのですね。確かにこちら、東京に着てからはCMでも何にしても「ヤマザキパン」のほうがよく聞きますが、関西で育った私の子供時代は、絶対「神戸屋パン」でしたねえ~。 ですよね?

実は中学生になっても「神戸屋パン」でした。私は私立の中学に進学したのでお弁当持参でしたが、友達と話し合って、週に一回だけパンの日にしようと決めました。購買部でパンを買うのですが、そこで売られていたのが「神戸屋パン」だったのです。どこの学校でもそうだと思いますが昼休みの購買部はすごく混雑しますよね。買うのが大変なだけでなく、欲しいパンが売切れてしまう可能性もある。いつごろからか、朝に予約してパンを買うようになりました。どうやるかというと、朝、学校に着くとすぐに購買部に行き、備え付けの白い袋に鉛筆で欲しいパンの名前を書くのです。そして、「おばちゃん、おねがい~」」とかなんかいいながら、愛想をふりまいておくと、昼休みまでにパンを入れておいてくれるという仕組み。昼休みには安心してゆっくり出かけていき余裕で欲しいパンをゲットできたのです。当時はそろそろダイエットを気にする年頃だったので、本当は3つくらい食べられるのに、無理して2つにしていましたねえ。でもそのあと、デザートにプリンとかヨーグルトとか買って食べていましたっけ。時には付属の大学のほうまで出かけていってアイスを買っていたこともありました。パンは大抵、卵パンのような調理パンと甘いパンのセットにしていましたね。好きだったのが、丸いカステラっぽい生地のパンの中央に生クリームが乗せてあるやつ。生クリームは今でも大好き。話しはそれますがミスドのエンジェルクリームも大好きなんですもの。 ミスタードーナツも懐かしい。当時は「ミスド」なんて言っていなかった。「ミスタードーナツ」でしたね。いつか、こちらの話しもしなければ。そういえば、最近の子供たちは生クリームが嫌いな子が結構いますね。うちの子達もそれほど好きではないみたい。ぜいたくなんだよ、と言いたい。あんなおいしいものを。昔、バタークリームしかなかった頃を知っているだけに、生クリームに出会ったときの感動は半端じゃなかったです、私は。

今の神戸屋パンのラインナップはこちら。最近はこの手の菓子パンはあまり買わなくなったので、知らないのばかりです~。

最近食べることの多い甘い系のパンは、もうちょっと高級なの。そして、ちょっと高級なパンとの出会いも実は小学生の頃にありました。その名は「ドンク」。「ドンク」といえば、高級なパンで、ちょっとやそっとでは買えないというイメージでしたねえ。 家の近所(といっても徒歩10分くらいのところ)に「ドンク」ができたときは衝撃的でした。母が「ドンク」で、、、なんて口にすると胸がときめきましたモン。 でもめったに食べられなかった。だからかどうか、どんなパンを食べていたか全然思い出せない。 当事どんなパンがあったかどなたか教えて~。「ドンク」のホームページはこちら

そして中学校で出会ったのが「カスカード」。なんと、中学のある駅にあったのです。最初からではなく、中2か、中3ころにできたような気がします。珍しくてうれしくて、みんなで一緒に買いに行きました。おしゃれな、おパリなかんじの赤い袋でした。でも、やはり、中学生には値段が高かったですねえ。 それに一度私はこのパン屋のせいで、大変な思いをしたことがあるのです。 ある日、駅につくと貧血で動けなくなってしまったことがありました。母に迎えにきてもらうことにして、友達に付き添ってもらってベンチで休んでいたのですが、そのベンチのあった場所が、「カスカード」の排気口(?)のすぐ横で、いつもならおいしそうな濃厚なかおりがもう気持ち悪くて気持ち悪くて。場所を移りたいけれど、そのことを言えないくらい気持ち悪かったことを覚えています。そのとき、遅刻覚悟で付き添ってくれた友達には感謝しています。「カスカード」をネットで調べてみましたが、ホームページはないのかな。代わりにこんなブログを書いてらっしゃる方がいて、ちょっと貼らせてもらいます。こちら。ここにある、チョコの乗ったパンは、確かに「カスカード」らしいです。

「カスカード」で、大人になってから食べるようになった、ちょっと高級なパンたちの基本形に出会ったような気がします。

by oakpark | 2012-02-29 21:17 | Comments(4)

親は大変だ~。   

今日は愚痴です。

地方の国立大学を受験する長女が今日かの地に向けて出発した。12時過ぎの新幹線だったけれど、その前に塾によるとかで早めに出かけて行った。ところが、そのあと洗面所を片付けていると、長女のめがねが。。。普段はコンタクトレンズなので、めがねが必要なのは夜だけだが、やはりないと不便かもしれない。で、「めがね忘れているけれど、どうする?送ろうか?」とメールを打った。きっと「送らなくてもいいよ」という返事がくるだろうと期待して。すると、しばらくして「一応送って、ついでに〇〇と〇〇と、〇〇も送って」という返事が。なぬ~。そんなに忘れ物しとるんかい。で、考えてしまった。今から送っても着くのは明日になるし、郵送料もかかるし。なら同じくらいの額の電車賃を使って塾まで持っていってやったほうがいいのではないか。なんて甘い親なんだ~。今日の昼間はあれやらこれやらをしようと思っていた、その計画をおじゃんにしてそこまでやってやるなんて~。しかし、私はメールを打ってしまった。「なら、そこまで持っていこうか?」 「べつにいいよ」という返事を期待して。そして長女から返ってきたメールは「おねがい!」だった。え=!

そういえば、私も母を緊急呼び出ししたことが2度ほどある。一度めはそれこそ大学受験のときだった。大学の最寄の駅に着いたときに、あろうことか、受験票を忘れていることに気づいた。そんなばかな!とお思いでしょう。しかしやってしまったのですよ。二種類の受験票持っていかなければならないのに一つしかもって行っていなかったのだ。すぐに公衆電話から電話して母に持ってきてもらった。電話の向こうの母は二つ返事で快諾してくれた。ありがたや!まにあってくれ!そう願った。家からその駅まで40分くらいはかかる距離だったはずだけれど、受験には間に合った。どんだけ早く行っていたんだ、わたしは。

2回目は、長男の病気が発覚したとき。長男が生後三ヶ月のときに「水腎症」という病気であることがわかった。診察を受けた病院で即日入院となってしまい、私は半パニック状態だった。当事3歳の長女が一緒で、病室には子供を連れて入れないという。夫は仕事があるし、これは母に来てもらうしかない、ということになり、公衆電話から「今すぐきて!」と電話した。大学受験のときと違い、そのときの母は「う~ん」とまず躊躇の言葉が入った事を覚えている。きっと母もその日、いろいろ用事があったのだろう。どのように算段をつけるか考えていたのだろう。しばらくしてから「じゃあ行くから」と返事してくれた。私は、こんな緊急事態に来てくれて当然だろ、くらいに思っていたように思う。自己中な娘だった。

今回は呼び出しではなく、むしろ自分からまいた種だったけれど、もしかしたら私も今後、こんなふうに緊急呼び出しを食らうことがあるのかもしれない。親なら、なかなかNoと言えない。大変だなあ、親は。

そういえば、その水腎症を乗り越えた長男が今日、担任の先生(英語)の授業中に内職をしていて見つかって叱られて、明日先生から電話があるそうだ。小学校、中学校時代に、ずっといい子だった長男はここに来て反抗期のよう。きっと、先生に生意気な口答えをしたんだろうな。うちでも、最近理屈っぽくて生意気だもの。そういう年頃なのかもしれないけれど、3月11日で17歳になるんだから、もう少し大人になってくれ、といいたい。

明日は先生にひたすらあやまろう。やっぱ、親は大変だ=。

by oakpark | 2012-02-24 22:59 | 雑感 | Comments(10)

パンのはなし  (その1)   

皆さん、パンは好きですか?
私は大好き。朝食は必ずパンです。 シンプルなパンと香り豊かなコーヒーがあれば満足。サンドウィッチなどの調理パンも好きですが、家での朝食では調理パンは食べません。旅行先のホテルなんかだと別ですが。とにかく朝はシンプルなパンが好きです。

最近はパン屋も増えて、中にはとっても高級なパン屋さんもありますね。ひとつ300円とか400円とかケーキのような値段のものも。高いパンはもちろんそれなりにおいしいですが、安いパンにもおいしいものはたくさんあります。 実は最近の私のお気に入りはこれ。
e0123392_20143081.jpg

105円です。かなり昔からあるパンですよね?シンプルなお砂糖の味が郷愁を誘います。これを買っておくと、家族の誰も手を出さず、私の独占状態。私は朝食は家族全員が食べたあとで食べるので、さあいざ食べようとするとほぼ何も残っていないということも時々ある(家族全員食べ盛り)のですが、このパンには誰も手を出さない。なぜだろう~。おいしいのに。みんな私に遠慮しているのかしら。

パンといえば、私の一番古い記憶は、2~3才ころのロバのパン屋さん。これって関西だけのものかしら。関東の人と話しても誰も知らない。「ロバのパン屋~」という音楽とともに、ロバがパンを乗せた荷台を引いてやってくるのです。その音楽が聞こえてくると家から飛び出して買いに行っていた記憶があります。2~3歳だったはずだから、ひとりで買い物って変だけれど。 当事買っていて大好きだったパンが円錐形のパン。これを大きくしたようなの。
e0123392_20323045.jpg

そのときの音楽もyoutubeにありました。こんなのだったかな~。さすがに記憶があいまい。

とにかく、大好きだったロバのパン屋さん。でもあるときから、母が「あそこに行ったらだめ」というようになりました。どうして?とたずねると、ロバをさわった手でパンをさわるなんて不衛生だ、というのです。それ以前には何もそんなこと言っていなかったのに。誰か近所のおばさんに入れ知恵されたんだろう、おかあさんがそんなこと思いつくはずがない、と思ったことを覚えています。3歳ってそれくらい考えられるのですね。

パンのはなし(その2)につづく~。

by oakpark | 2012-02-17 20:39 | 雑感 | Comments(8)

Good news and Bad news ♪   

米国の映画やドラマを観ていると、「good news と bad news があるんだけれど、どっちから先に聞きたい?」なんて言い方をしているのをよく聞きます。それにならってきょうは最近の私のgood news とbad newsを書きたいと思います。(たいしたことじゃないけど~)

まず、bad newsから。
去年の年末から、どうも、左足の裏が痛いなあと思っていて、お正月すぎても痛みがひかないので病院に行ってみました。すると、<足底筋膜炎>という病気だということが判明。先生はスポーツをする人にはよくある症状ですとおっしゃっていましたが、ネットで調べてみると、「加齢」という2文字が!ががーん。やはり。先生は遠慮しておっしゃらなかったのかな。真面目なお医者様だからなあ~。 そんなに大変な病気ではなさそうだったけれど、一番ひどいときは、歩くのもつらかった。なにせ足の裏ですからね。というわけで、テニスは当分おやすみ。もう一ヶ月以上していません。あんなに去年は、テニス、テニスと騒いていたのに。しなければしないで、まあいいか、という気にもなるもの。不思議です。でも、やはり痛みが治ったらまた再開したいです。2ヵ月先になるか3ヶ月先になるか、はたまた半年先になるかわからないけれど。

そしてgood newsは。
全然大したことではないのですが、今年は手荒れがほとんどない! いつもこの季節になると、手がガサガサになって、衣類を触っても引っかかってとても不快だったのだけれど、今年はそれがない!なぜか。理由は簡単。食器を洗うときにゴム手袋を使うようにしたんです! なぜ今までしなかったのか後悔したくらい効果てきめんです。次女も「だから言ったじゃない。ゴム手袋したら?って」と言っていましたが、そうです。私は今までゴム手袋反対派だったのです。なんかね、汚れが落ちているかどうかわからないというか、生の手で触らないと信用できないというか。そんな感じがしていたのですよね。母が全くゴム手袋を使わない人だったというのも大きいですが。でも、ふと、一部の食器を食器洗い機にまかせているんだったら、ゴム手袋にまかせてもいいんじゃない?って気がしてきたのですよ。そこまで生手にこだわらなくてもね、って。これがよかった。私のお手手はこの寒さの中でも快適そのものですよ。ゴム手袋で防御したあとはハンドクリームでお手入れ。外出時には必ずハンドクリームを持ち、家のあちこちにもハンドクリームを置いています。でも、家ではあまりつけられないですね。すぐに水を触ることになるから。外出時がチャンスです。例えばこんなのもってます。
e0123392_23274389.jpg

さて、この中で一番高いのはどれでしょう?なんてね。

by oakpark | 2012-02-05 23:29 | 雑感 | Comments(10)

2月になりました   

寒いですね。2月になりました。受験も寒さもあとひと月ちょい、、かな。

さて、前回の日記のコメント欄で、「森を抜けて歩いていくと、お金が落ちていました。いくら落ちていたでしょう?」という心理テストを紹介しました。みなさんはいくらだと思いましたか? 私は5000円。友人のAさんは1億円、Bさんは1000円札、Cさんは札束(!)、Dさんは100円でした。結果はこの日記の最後に!

最近観た映画の紹介です。

『僕と彼女とオーソン・ウェルズ』(Me and Orson Wells,2008)
監督:リチャード・リンクレイター  出演:ザック・エフロン  クレア・ディンズ
   1940年代が舞台ということで選んでみました。まあ、なんてことのないお話だったかな。オーソン・ウェルズって本当にあんな感じだったのかしら。ざ・大物といった雰囲気がぷんぷんです。

『カラー・オブ・ハート』 (Pleasantville,1998)
監督:ゲイリー・ロス  出演:リーズ・ウィザ^スプーン ロビー・マグワイア
   1950年代のテレビドラマの中に現代の世界で生活する姉弟が入っていってしまうというお話。お父さんは会社へ行き、お母さんは専業主婦、男の子は女の子の注意を引くのに必死で、女の子は男の子から告白されるのを待っているという世界に迷い込んだからさあ大変。前半は面白かったけれど、後半がだれちゃったかな。この内容で120分超というのは、長すぎ!

『たった一人のあなたのために』(My One and Only,2009)
監督:リチャード・ロンクレイン  出演:レニー・ゼルウィガー ケビン・ベーコン
   1950年代が舞台。浮気症の夫のもとを離れ、自分を養ってくれる男を求めて、思春期の息子を連れて旅に出る母親の話。同時に息子(次男)の成長話でもある。 似たようなストーリを以前に観ました。レオナルド・ディカプリオが息子役、母親がエレン・バーキン、怖い継父役がロバート・デニーロ。 女の職場がまだ少なかった時代、女は男に頼るしかなかった。稼ぎの良い性格の良い男を見つけるかどうかで女の一生が左右されるんだなあと、痛感した映画でした。今回の映画も似ているけれど、夫は浮気症ではあるけれど性格は良さそうで子供への愛情も十分にありそうでした。あの、レニー・ゼルウィガー演じる母は何を一体求めていたのかなあ。お金もないのに、着飾って男の気を引こうとする姿は少し哀れでもありました。1970年代に活躍したイケメン俳優、ジョージ・ハミルトンの自伝的映画だそうです。映画の最後に、俳優を目指した兄の撮影現場についていった弟がスタッフに気に入られ、映画俳優の道に進むのですが、これが、ジョージ・ハミルトンなのですね。

『クロエ』(Chloe,2009)
監督:アトム・エゴヤン  出演:ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライド
  これはなかなか面白かったです。 中年をすぎてもまだ魅力的な夫の浮気を疑った妻が娼婦を夫に差し向けて、夫の潔白を試すという話。「マンマ・ミーア」で底抜けに明るい女の子を演じていたアマンダ・セイフライドがクセのある娼婦役です。豪邸(ほんとすごい)に住み、自身も産婦人科医でなんの不自由もなさそうな女性が、夫の愛を疑い、息子の自立を不安がる様子がとってもリアルでした。 息子に物を手渡したとき,息子が何も言わず行こうとするのを、Thank you は?というように要求するシーンがあって、笑っちゃいました。私もよく息子に「ただいま、が聞こえなかったんだけど」と文句言っていますから。96分の映画。このくらいの長さがちょうどいいわ。
e0123392_2215372.jpg


さて、最初に書いた、心理テストですが、落ちていたお金は、ずばり、「あなたが思うあなたの価値」でした!!
私は5000円の女よ~。

by oakpark | 2012-02-01 22:15 | 映画 | Comments(4)