<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

映画 「英国王のスピーチ」   

ずっと観たいと思っていた映画、『英国王のスピーチ』(2010)をやっと観た。
e0123392_21313921.jpg

監督:トム・フーパー 脚本:ディビッド・サイドラー 出演:コリン・ファース、ヘレナ・ボナム・カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース

2011年2月末に発表されたアカデミー賞で作品賞を取った作品。たしか、前評判では「ソーシャル・ネットワーク」のほうが有力とされていたように思うが、私もやはりこちらのほうがわかりやすくて感動的だった。「ソーシャル・ネットワーク」は、私には難しかった~。いまだにFacebook の使い方もわからないし。

ただ、『英国王のスピーチ』は史実に基づく物語だけに、知っている人は知っていたことだろうし(私は知らなかったけど)、何か劇的な事件が起こるわけでもないので、地味といえば地味な映画だ。なのに、アカデミー賞を取ってしまうとは、やはり<イギリス>というブランドの力のなせる業なのではないかと思った。 <イギリスの国王>というだけでなんとなく華がある。しかもその国王が、吃音に悩む内気な王様とは。面白そうで仕方がない。こんな面白そうな題材が、なぜ今まで映画化されていなかったのだろうかと思ったら、こちらのドキュメンタリーDVDで、私の疑問に対する回答が語られていた。
e0123392_2214581.jpg

これは、実際のジョージ6世のスピーチや、ご家族でくつろがれている姿などの映像、『英国王のスピーチ』の監督や英国王室に詳しい専門家による解説を交えたドキュメンタリー作品。 この中で語られていたところによると、脚本家のディビッド・サイドラーは自身も吃音で、同じ悩みを抱えていたジョージ6世の物語を映画化したいとずっと思ってきたが、ジョージ6世の妻であるエリザベス皇太后の許可が下りなかったらしい。エリザベス皇太后は、ジョージ6世が56歳という若さでこの世を去ったのは、本来ならば先王のジョージ5世のあとを継ぐべき兄のエドワード8世が突然退位してしまったことで、ジョージ6世に激務がのしかかったせいであると考えていて、ジョージ6世の死の悲しみをなかなか克服できないでいたらしい。そして、自分が生きている間は映画化はしないで欲しいと思っていたというのだ。調べると、エリザベス皇太后が亡くなったのは2002年なので、そのころからこの映画のプロジェクトが始まっていたのかもしれない。

そういえば思い出すのが、私がアメリカに少しの間住んでいた1992年ごろ、友達になったイギリス人女性の家でテレビを観ていたとき、エリザベス皇太后の誕生日を祝うイベントの映像が映し出され、その友人が、エリザベス皇太后は国民の間でとても人気があると私に教えてくれたことがあった。イギリスの王室について全く何も知らなかった私は、どうして特にこの老婦人が人気があるのか、ちょっと不思議に思った記憶がある。そして今回その謎が解けました。内気であまり身体も丈夫でなく、最初は国民やイギリス政府の閣僚たちに、王様の資質があるかどうか疑問視されていた向きのあるジョージ6世を、天性の明るさで支え、国民に愛される立派な国王育てたのがエリザベス皇太后その人なのです。。確かにドキュメンタリー映像で観るエリザベス皇太后は、愛嬌のある丸いお顔にいつも微笑をたたえていて、とてもおおらかで頼もしい女性のように見えます。方や、ジョージ6世は笑っていてもどこか固いようで、真面目なお人柄がうかがえます。その点では、映画『英国王のスピーチ』のコリン・ファースは人懐っこく見え、エリザベス役のヘレナ・ボナム・カーターは少し気難しい雰囲気があるので、雰囲気だけ取ると逆のほうがいいかも。とはいっても、映画を観るうちにどんどん引き込まれていくのですけれどね。

あと、ドキュメンタリーを観て新たに発見したことは、ジョージ6世の兄のエドワード8世が、離婚歴のあるアメリカ人女性との愛を貫くために退位を決意したとき、意外にも英国民はエドワードの退位に反対の意見が多かったということ。街の人へのインタビュー映像も入っていて、「愛する人と結婚したらいいんだ。退位する必要なんてない」と言っていました。意外にイギリス人ってロマンチストなのね。これが日本だったらどうでしょうね。家柄なんて関係ない。愛する人と結婚すればいい、ってなるかな~。

映画で、ガイ・ピアースが演じるエドワード8世もなかなかよかったです。映画でも実際でも、ウォリス・シンプソンってそれほど美人ではないけれど、きっと何か惹かれる温かさがあったのでしょうね。温かい母の愛を感じさせるようなものが。幼い頃から王になるべく教育を受け、厳しくしつけられて、淋しい思いもしてきた兄弟。昔ほどの勢いはなくても天下の大英帝国の国王だもの。それはそれは、プレッシャーも大きかったのでしょう。それにしても、厳しい父親、ハンサムで女性関係も華やかな兄、兄の尻拭いをさせられる弟、兄弟の中に病気で世間から隠されていた子がいた、ということだけでも、なんとなく、ケネディ一家を思い出しました。少し前にドラマ『ケネディ家の人々』を観たせいなのですが。

そうそう、映画のせりふの中に面白いと思った表現がありました。王になったばかりの兄が相変わらず遊んでばかりいる姿を見て弟が、もっと公務を真面目にやれと苦言を呈する場面。兄が「いろいろと忙しいんだ」というと、弟が「何が忙しいんだ?」(What are you busy about?)と問い詰めたとき、兄が'kinging'って答える。へ~、kingに動詞があるんだって思った。「キンギング」って音もおもしろい。弟が真面目に言っているのに、兄がチョイふざけて返しているようで面白かった。

というわけで、いろいろ楽しめる映画でした。しばらくイギリス王室にはまりそう~。

by oakpark | 2011-09-23 22:59 | 映画 | Comments(10)

家族全員が携帯を持ったら、、、、   

こういうのもなくなるんだろうなあ~。
e0123392_2247188.jpg

家族で唯一携帯を持っていない中1の次女の置き手紙、ならぬ置きメモ。 バスの挿絵がかわいくて、思わず写真を撮ってしまった。 我が家では、長女は中1の途中から(失敗だった!!)、長男には高校から携帯を買い与えた。長男が中学生だった頃も何度か、置きメモを書いていたな。私が外出中に学校から帰宅して、友達の家に、あるいは塾に行くときなんかに。あれもとっておけばよかった。今となってはもう、母親に手書きのメモなんて、ましてや手紙なんて書きそうもない。携帯に一行の伝言が入っているのみだ。次女は、中2になったら携帯を買ってもらえると思っているみたいだけれど、こんなかわいい手書きのメモをもっと見たいから、時期を遅らせようかしら。

そういえば、いつだったかのテレビ番組で、美空ひばりの息子さんが、お母さんが書いた置きメモを全部とっていて、番組内で見せていたのを思い出した。そんなメモをとっているなんて、と驚いた。 私は子供たちのメモは全部その場で捨てていたけれど、これからはとっておこうかしら。あと何通あるかわからないけれど。

手書きの文章がどんどん減っていくって、やはり、さびしいかも。 上手でもへたでも、やはり手書きの文字はいいなあ。

by oakpark | 2011-09-09 23:06 | 雑感 | Comments(2)

男の映画、女の小説   

最近観た映画、読んだ本をとりあえず記録しておきます。

*映画『レスラー』 (The Wrestler, 2008) ダーレン・アレノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ
e0123392_23395497.jpg

アカデミー賞候補になっていたときは、それほど観たいとは思わなかったのですが、お友達が、アクターズ・スタジオ・インタビ ューシリーズのミッキー・ローク編を貸してくださり、私にとっては「過去の人」である、ミッキー・ロークに再び興味がわき、観てみることにしました。 ミッキー・ロークは80年代にはセクシー俳優の名をはせましたが、その後人気は急落、ボクサーとしてデビューするも「猫パンチ」と揶揄され、世間にバカにされ、その後自然消滅した、、、と私は思っていましたが、インタビューを聞く限りは、それなりに一生懸命生きてきた人なんだと思いました。あまりにも過酷な幼少時代、少年時代、青年時代を過ごしたがために、俳優として成功するも、そのまま俳優として精進する気にならなかったことや、ボクシングに対する真剣な思いをきくと、それほど憎むべき存在でもないのかなとか。(いや、別に憎んでいるわけではありませんが) 今回の『レスラー』での復活劇を、彼の実人生に重ね合わせて涙する人も多かったようですが、私は正直なところ、「それほど(アカデミー賞候補になるほど)のもの? いや、これは男の映画ね」と思いました。みんなミッキー・ロークにやさしいなあ、ともちょっぴり思ったかな。 確かに、身体を張った演技はよくやったとは思うけれど、プロレスの世界は、どうも私には苦手な分野。あんなふうに自らを傷つけてまでしなければ盛り上げられないの? それに、疎遠になった娘とか、今まで見たことのあるようなありふれた設定というのも気になった。 ストリッパー役のマリサ・トメイも〈落ちぶれて復活〉という存在感でしたが、ナイスなプロポーションでした!  ともあれ、プロレス好きの男子にしか受けないのではないかと、ちらと思ってしまいました。 昔プロレス少年だった、私の弟は観たかなあ。


*本『永遠の出口』 森絵都  『レインツリーの国」』 有川浩
e0123392_0171064.jpg

変わって、こちらは女性作家による2作品。 これはともに女性のほうに受けるのではないかなあ。
『永遠の~」のほうは、たまたまテレビの「週間ブックレビュー」に森絵都氏が出演していて最新作の『この女』のことを語っていて、有島武郎の『或る女』のタイトルに似せられたこちらの小説を読みたくなったので, まずその前に、以前購入していて長女に先に読まれ、そのまま長女の本棚にしまわれてしまっていた『永遠の~」を読まなければと思ったので読んでみました。  感想は、うまい!面白い!です。 体裁的には短編小説集ですが、どの短編も主人公は同じ女性。その女性の小学校時代から高校卒業までに起こった、胸キュンな恋愛や、ありがちな反抗期、友情、裏切りなどを絡めながら、物語を語ってくという実にうまい手法が使われています。 次から次へと興味がつながり、あっという間に読了しました。 そういえば、手法的には、有川浩の『阪急電車』に似ているかも。 その有川浩の『レインツリーの国』は本屋で見かけ、あの『阪急電車』の作者だから面白いだろう、と思って選びました。 なかなか意表をつく隠しだまがあり、こちらもうまいなあと思った。ネットで知り合った男女がその後もメールのやり取りをしてお互いを知り尽くしたあと実際に会ってみたのだが、実は、、、、、というお話です。 
たぶん、男性には受けないのではないだろうな、こういう小説って。
『永遠の出口』は、次女に読ませてみたいなあと思った。 きっと、「ある、ある!」って言いそう。 でも、あんなふうに反抗して欲しくはないけどね。

by oakpark | 2011-09-04 00:14 | 映画&本 | Comments(0)