<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

映画 「フロリダ万才」~一番人気の相手役 シェリー・フェブレイ~   

<エルヴィス関連映画>のカテゴリで日記を書くのは1年3ヶ月ぶり。やはりなかなか書きにくいですからね~、エルヴィス映画は。いろんな意味で。これまで「ヤング・ヤング・パレード」「監獄ロック」「アカプルコの海」「G.I.ブルース」と来ているのでわれながらなかなか良いラインナップではありませんか。そして今回紹介するのが「フロリダ万才」(1964年 ボリス・セイガル監督)です。
e0123392_23293932.jpg

この映画、個人的にはかなり好きな映画なのですが、ビデオテープのみでDVDを持っていません。本日、私の年中行事の一つである「エルヴィス映画祭」なる催しに行き、そこで大画面で観てきたので興奮冷めやらぬ間に日記に記しておこうと思ってしまいましたが、DVDがないので、たくさん写真が載せられないのが残念です。この映画が好きな最大の理由が、エルヴィスの相手役のシェリー・フェブレーの可愛らしさ。そしてストーリー展開もなかなかよろしい。シェリーがエルヴィスにちゅっとキスするシーンもあったりして、そこもよい。TV番組の「ドナ・リード・ショー」でティーンアイドルになったシェリーは、この映画の撮影当事20歳。清純な可愛らしさを残しつつちょっぴり大人のセクシーさも見え隠れして、とっても魅力的。30歳が間近なエルヴィスもメロメロだったのではないでしょうか~。エルヴィス映画の相手役としてはアン・マーグレットが有名ですが、私はこのシェリー・フェブレイのほうが相手役としてはお似合いだと思う。周りの人たちもそう思っていたのか、この映画を含めて3作品でエルヴィスと共演しています。
e0123392_047576.jpg


誰も観ないでしょうから、ネタばれのあらすじを紹介します。シカゴのナイトクラブで専属バンドの歌手をしていたラスティ(エルヴィス)は、ひょんな弾みでナイトクラブのオーナーから娘の保護監視役をおおせつかります。オーナーの愛娘のヴァレリー(シェリー・フェブレイ)が、女友達とフロリダに遊びに行くというので、男手一つで娘を育てたオーナーは心配で仕方がありません。夏のフロリダは遊びに飢えた若者であふれかえっているのに、そんなところに娘をやるなんて。オーナーがラスティ(エルヴィス)に言うせりふの中で「娘なんて持つもんじゃないぞ。心配で仕方がない」というのがあり、ラスティ(エルヴィス)は「努力します」なんて答えるのですが、後年エルヴィスは娘のリサ・マリーを授かるのですから不思議な感じがしました。ただし、心配で仕方がない年頃にリサ育つまで見届けられなかったのが本当に残念ですが。。。。
さて、ヴァレリーの子守ということで勇んでフロリダまで行ったバンドのメンバーたちの頭の中はかわいい女の子をナンパすることでいっぱい。チラッと見たヴァレリーはダサい女の子でへんな虫がつく心配はなさそう、ということでそれぞれ楽しい女遊びに精を出そうとします。ところが、実は魅力的な女の子だったヴァレリーにイタリア男のロマーノが付きまとい始めます。手の早いイタリア男に何かされては大変ということで、エルヴィスとバンドのメンバーたちは、せっかく見つけた女の子とのデートを中断しながらも必死でヴァレリーの身の安全を守ろうと奮闘します。 
そしてよくあるパターンなのですが、ある晩のこと、ヴァレリーをホテルの部屋まで送っていくことになったラスティは思いがけずヴァレリーの魅力に心打たれてしまうのですよ。そしてヴァレリーもラスティの優しさにときめきます。あ~、この「家まで送る」って行為は恋の始まりよね~。皆さんも経験ありませんか? このときエルヴィスが歌うのが、私がこの映画のなかで一番好きな
でも、このときのエルヴィスの髪型は整いすぎて変だ。
ヴァレリーに恋してしまったラスティはバンドの仲間に、みんなの楽しみの邪魔をしては悪いから今後は自分ひとりで子守をすると宣言します。そして水上スキーやらダンスやらいろんなことをして二人は楽しむのです。
e0123392_0453911.jpg

e0123392_0253910.jpg

ところが、ある日、毎日かかってくるパパからの電話で実はラスティがパパに雇われている子守だということをヴァレリーが知ってしまうのです。ここのシェリーの演技が最高。私はエルヴィス映画で涙ぐんだことなんてないのですが、このときのシェリーの涙に毎回思わずもらい泣きしてしまいます。好きになった男のやさしさが実は金で買われたものだったとわかったときの女心が痛いほど伝わってきて、ヴァレリーかわいそう~と思ってしまうからです。このシーンだけでシェリー・フェブレイはかわいいだけではなく、名女優でもあると思ってしまいました(エルヴィス映画以外の作品を知らないけれど)。
恋に破れた(と思った)ヴァレリーはイタリア男のロマーノを誘って夜の街に繰り出します。ストリップ劇場で自分もストリップまがいの行為をして大騒ぎを起こします。ここに駆けつけたラスティが必死でヴァレリーを止めようとするシーンが私は大好き。窮地に陥ったお姫様を王子様が助けてくれるっていう図式ですもの。こういうのっていつの時代も女の子の夢よね~。ラスティ(エルヴィス)はここではヴァレリーを助けることは出来ないのですが、女装までして留置所に収監されたヴァレリーを助け出そうとします。そして最後は理解のあるお父さんのおかげでめでたしめでたしとなるわけですが、欲を言えば、もう少しラスティのかっこいいシーンがあってもよかったなかなあ。。。

とにかく、シェリーがかわいくてダンスもうまくてスタイルも良くて、とっても魅力的な映画。「ジョニー・エンジェル」を歌っていたシェリーよりもっと洗練されてセクシーなシェリーを見ることができますよ~。

by oakpark | 2010-09-27 00:37 | ELVIS関連映画 | Comments(4)

映画 「トイレット」   

久々の映画ネタです。荻上直子監督の「トイレット」を観て来ました。
e0123392_23172334.jpg


あらすじのはこちらにまかせるとして、私の感想を書きます。
まず、期待通りおもしろかったです。長男、次男、長女の三兄弟が、それぞれやりたいことへの情熱を隠して、あるいはやりたいことがあることにさえ気づかずにのんべんだらりと毎日を過ごしていたところに、亡くなった母親の母だという日本人のばーちゃんがやってくる。英語が全然わからないばーちゃんにどう接していいかわからない。だけれども、全く無視するわけにもいかず、なんとなく一緒に暮らすうちに三人の関係も少しずつ変化していくき、やりたかったことが見えてき始める、という設定で、謎解きのような要素もあり、最後まで興味を引かれながら観ました。随所に笑いをとるシーンもあり、笑いのセンスもなかなかのものでした。。そして何より私がうれしかったのは、「おしゃれ」な映画だったこと。これからおしゃれな秋を迎えるこの季節に見るのにぴったりの映画でしたよ。

荻上直子監督は、これ以前に「かもめ食堂」や「めがね」をヒットさせています。話題になっていたのは知っていましたが、私は観ていませんでした。今回この映画を観たいと思ったのは、ストーリーが興味深かったこともありますが、それ以上にせりふが英語というところが大きかったです。日本人の女性監督が英語の映画を作るなんてかっこいい!「硫黄島からの手紙」を撮ったクリント・イーストウッド監督みたい?と少し思いました。


そして、実際映画を観て、この監督の人気が少しわかった気がしました。以前の作品も観て見たいかも、と思いました。うまく言えないのですが、この映画は私にとって目に心地よい映画でした。何か劇的なことが起きるわけではないのだけれど、家も家の調度品も街の景色も登場人物の服装もおしゃれで趣味がよいというか、せりふがなくても観ていたいと思えるような画面だったのです。そんなふうに感じることは今まであまりなかったので、自分で少し驚きました。やはり同じ日本人同士、通じあうセンスがあるのかなあ。 劇中に出てくる古い足踏みミシンもかわいかったし、そのミシンを使ってあるものを作成するために布を買いに行くシーンで目にする布の巻物たちもとってもかわいい。かわいすぎて、こんなお店アメリカにはないんじゃないかなあと思いましたが(舞台はアメリカなので)、思わず身体を乗り出して画面を見入ってしまいました。布好きのお友達が見ると喜ぶだろうなあなんて思いましたよ。

布だけでなくお洋服もおしゃれです。引きこもりの長男のスカーフの色合いが素敵だし、長女のお洋服の着こなしもも真似したくなるようなかわいらしさ。映画を一緒に観た友人と映画鑑賞のあとでウインドショッピングに繰り出したのですが、長女が勝負服(どういう勝負かは見てのお楽しみ)に選んでいた黒の水玉ワンピースにレギンス、そして黒のライダーズジャケットをあるお店で見つけて「映画と一緒だね」と喜んでいました。う~ん、もう少し若かったら真似したい格好だなあ。あ、その友人は十分真似できる年齢なのですけれどね。

観ていて楽しい映画でしたが、2,3、納得が行かないところもありました。まず、おばーちゃんがなぜトイレのあとでため息をつくのか、その結論がよくわからなかった。おばーちゃんの正体を、もうちょっと掘り下げても良かったんじゃないかなあ。古い足踏みミシンが、お母さんの愛用のミシンだということでしたが、古すぎるだろーと思った。私の母くらいの世代だったらわかるけれど(それでもあそこまで古くない)、亡くなったお母さんって私より少し上くらいの世代だろうから。それと、日本のトイレを宣伝している(自慢している?)ように思えるシーンは不必要に感じた。三人の運命がとんとんとうまく行き過ぎているような感じもした。まあ、短い時間の中にいろんなメッセージを入れるのは難しいのだろうなあ。あまりにもストレートに表現しずぎると軽くなるし、回りくどすぎると気づかれないし、そのあたりが難しそう。

でも、全体的によく出来ている映画だと思いました。
長女の「私はフェイク(fake = にせもの)じゃない」というせりふがこの映画のキモかな。

映画で流れるピアノの曲もとってもよかったです。公式サイトを見ると、監督が’あまり有名でない名曲’という観点から選んだ曲のようです。

★ リスト「ため息」


★ リスト「波を渡るバオラの聖フランチェスコ」

by oakpark | 2010-09-23 00:29 | 映画 | Comments(2)

正反対の姉弟   

秋らしくさわやかに晴れわたったきょう、長女と長男の高校で体育祭がありました。午前中は、夫と次女と私で、長女の高校の体育祭を見学し、午後からは夫に長男の高校へ移動してもらいました。

長女の学校は、高2、高3でクラス替えがなく、2年の体育祭が終わった直後から3年の体育祭の準備を始めます。体育祭のメインイベントは、「仮装」と呼ばれる応援合戦。縦割りで8チームに分かれて、ミュージカルのようなパフォーマンスをします。衣装、小道具、大道具とすべて手作りで、びっくりするほど大掛かりなイベントなのです。お祭り大好きな長女は、1週間ほど前から、最後の追い込みと称して、3日おきくらいに友達の家に泊まりこみ、髪の毛を金茶に染め上げ、完全に体育祭モードになっていました。そして迎えた今日の本番。順位は不本意なものにはなったけれど、本人は楽しそうにそれぞれの競技に打ち込んでいて、昔から体育祭が大好きな子だったなあとしみじみ思いました。

かたや、長男のほうは、その高校のメインイベントの1年男子による女装ダンスへの出場をかたくなに拒み、先輩からの顰蹙を買いながらも、わが道を行くマイペースぶり。帰宅してからも、なんら興奮した様子もなく、いつものように淡々とその日のルーティーンワークをこなす規則正しい男。いったい、なんでこんなにちがうんや~。同じ親から生まれた姉、弟なのに~。と思わずにはいられない。 三番目の次女は、たぶんその中間くらいかな。 いろいろいるから面白いのかもね。

完全燃焼した長女は、そのエネルギーを受験に向けるのでしょうか、どうでしょうか。いずれにしても良いクラスに恵まれ、高校時代にしかできないことが体験できてよかったと思っています。女子校だった私は、男女が力を合わせて一つの目標を達成しようとしている楽しそうな姿を目の当たりにしてちょっぴり羨ましく思いましたよ。

私のほうは、先日大学時代のサークルの同窓会がありましたが、長女も、おっさん、おばさんになって、今日のこの日のことを語るのかしら。

戦い終わって結果発表を待つ。
e0123392_025023.jpg

前のほうから3年、2年、1年と並んでいますが、なるほど、長女の言うように、クラスの3分の2ほどが金髪にしているみたい。「金髪」にすることが、なぜそれほど重要なのか、おばさんの私には全くわからないけれど、たぶん彼らにとっては重要なことなのでしょうね~。

あすにはみんな黒髪に染め直すそうです。

by oakpark | 2010-09-19 00:26 | 雑感 | Comments(4)

ユーミンは天才だ!   

今日の東京地方は久しぶりの雨。 こんなにうれしかった雨は近年記憶にありません。やっと涼しくなって、ほっとしました。もう、秋が来ないのかと思っていたもの~。

気分的にも余裕が出来て、お友達のブログめぐりをしていると、ユーミンの「晩夏」が紹介されているのを発見。久しぶりにユーミンを聴いて感動! 涼しくなって、気分も乗って、youtubeでユーミンの曲を次々と聴いていきました。どれもいい曲ばかり。懐かしくて涙が出てきそうなのもあった。やっぱユーミンはすごい。サザンの桑田佳祐さんもすごいけれど、ユーミンもすごい。もっと騒がれてもいいはずじゃないかなあ。騒がれているのかな~。若い人が今聴いてもきっと共感できると思う。でも、ひりひりするような恋愛をしなきゃあだめよね。 今の若い人たちはそんな恋愛をしているのかなあ。長女の話を聞いていると、いまどき高校生はつきあうのも別れるのも早い早い。長女のお友達の、美形の女の子なんて、たくさんの男から言い寄られるのを避けるためにとりあえず誰かとつきあっておくのですって。かわいいとそれはそれで苦労があるらしい。でも、そんな話を聞くと「つきあう」のも「言い寄る」のも以前より軽い行為になってしまった気がする。なんでもメールでできちゃうから。昔はもっと悩みませんでしたか?言うか言わないかって。 携帯もパソコンもなかったし、本人に直接会って言うか、手紙を書くか、家の電話を親の目を盗んで使うしかなかったもの。

好きな曲をいくつか紹介します。もっともっと他にもたくさんあるけれど、きょう、「あ、いい!」と思った曲。 失恋の曲ばかりになっちゃった。

最後の春休み
冷たい雨
Dang Dang



by oakpark | 2010-09-09 00:38 | 好きな曲 | Comments(6)

後悔   

今朝、夫が「駅まで送ってくれる?」と言ったとき、「えー、今日はバスで行ったら?」と言ってしまった。我が家は駅から歩いて20分弱のところにある。4月に越してきて以来、夫と長男は徒歩で、長女はバスか私の運転する車で駅まで行っていた。ところが、この暑さ。長男も最近「送ってくれる?」ということが多くなってきた。そして夫も。駅に着くと汗びっしょりになってしまうらしい。けちな二人は絶対バスに乗ろうとしない。歩きか私の車だ。汗びっしょりで満員電車に乗っている夫を想像したくなくて、これまでは頼まれれば必ず送っていた。、

今日夫が言ってきたのが8時少し前くらい。6時半に長男を、7時過ぎに長女を送っていた私は、またかよ、あんなにゆっくり新聞を読むからだよ、と苦々しく思い、さらに今日はテニスのレッスン日だから、遅れずに行きたいととっさに思った。最近調子が上向いてきたのではりきってもいた。そして、冒頭のようなせりふをはいてしまったのだ。夫は素直に「じゃあ、いいわ」と言って出かけていった(たぶん徒歩で)。なんとなく後ろめたいような、歯切れの悪い朝だった。まあ、そのあとテニスをして、そのこともすっかり忘れていたのだが。

ところが!! 先ほど、インターFMの「バラカン・モーニング」のきょうの音楽リストをみてびっくり! なんと、8時6分にエルヴィスの「冷たくしないで(Don't Be Cruel)」が流れているではないか!もし夫を車で駅まで送っていっていたら、車の中で絶対聴けたはずなのに! あ~、きょうは、家では忙しくてラジオをつける暇もなかったよ~。送っていけばよかったよ~。 実は私、少し前に「バラカン・モーニング」宛てにリクエストメールを出したのですよ。内容は「エルヴィスの命日の16日に私がファンになったきっかけの曲『今夜はひとりかい』をかけてください。それが無理ならエルヴィスの曲を何でもいいのでかけてください」と。だから、もちろん16日の日は7時の番組開始からずっと聴いていたのですよ。でも、かからずに、やっぱり無理よね、とあきらめていました。今日かかるとは! 私のリクエストに応えてくれたのかしら。それともピーターさん自らの選曲かしら。曲をかける前になんとおっしゃっていたのかも聴きたかったなあ~。 
面倒くさがらずに夫も駅まで送ってあげればよかった。。。。 後悔しています。


さて、昨日読み終わった本。
e0123392_031966.jpg

原節子さんの作品は「東京物語」と「安城家の舞踏会」しか見ていなくて、特にファンというわけでもないのですが、なんとなく興味をひかれて読んでみました。内容は、原節子さんファンの(たぶん)著者が原節子さん出演の作品や彼女が関わった監督の紹介を織り交ぜながら、原節子さんの映画女優としてのキャリアを復習するというようなもの。原節子さんのことをよくご存知の熟年世代はきっとなんの新しい発見もないでしょう。でも私は、こんな映画に出ていたのねとか、水着姿はきらいだったのね、とか、いろいろ発見はありました。私の予想ですが、この本は「伝説の女優」と謳われた日本映画界の至宝である原節子さんが世間から忘れ去られてしまわないように、若い世代に訴えるべく、原節子さんが存命中になんとか世に出さなければ、と書き上げられた本ではないかしら。少し前に日記に書いた高峰秀子さんが「日本女優史のなかで、三大美人といえば、山田五十鈴、入り江たか子、そして原節子」と言ったそうです。写真を見るだけでは、今でもこれくらいの美人はいそうなかんじもしますが、きっとその時代はこの顔立ち、身のこなし、雰囲気すべてをひっくるめ、際立って美しい特別な存在の女優さんだったのでしょうね。

次はお友達にお借りしている本を読みます。

by oakpark | 2010-09-01 00:48 | 雑感 | Comments(4)