<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

マイケルとフレディ   

音楽ネタ続きます。
マイケル・ジャクソンの「This Is It」を観てきました!
e0123392_22201276.jpg


エルヴィスファンの方たちがブログなどで、とても褒めていたので、これは絶対観なければ、と思いまして、映画仲間のお友達を誘い、何とか時間をやりくりして観て来ました。映画館が満員なのを見るのは久しぶりだったかも。前のほうの席しか空いていなくて、大画面を見上げる格好でしたが、これがかえってよかったのです。大迫力でマイケルのステージを堪能できました。とってもよかった。感動しました。

ロンドンで開かれる予定だったコンサートのリハーサル映像から構成された映画と聞いていたので、きっと、うまいことつぎはぎして、過去の映像なども挿入しながら、感動的に仕上げているんだろう、などとたかをくくっていたのですが、全くそうではありませんでした。正味リハーサル映像のみ。一箇所、マイケルがジャクソン・ファイブ時代の名曲、'I Will Be There' をリハーサルしているときだけ、過去の映像が流れましたが、それ以外は、2009年のマイケルでした。

私はマイケル・ジャクソンのことはあまり知らないので、もしかしたら全盛期の頃と比べると、少しは衰えているのかもしれないけれど、私の目には、今でも十分凄いマイケルがそこにはいました。歌ももちろんいいのですが、ダンスがすばらしい。きびきびとリズミカルに独創的に動くマイケル。厳しいオーディションをくぐり抜けたマッチョな(意外!)ダンサーたちを従えて、全く遜色なく、いや、彼らをリードする形で動くマイケル。曲が終わっても息が全然乱れていない。ダンサーたちは肩で息しているのに。 そういう映像だけを使っているのかもしれないけれど、元気で若々しいマイケルがそこにいました。これで50才だなんて! すらっと細くて足が長く、手が大きいのですね。だから動きが映えるのです。こんなふうなアーティストだったんだなあ、と改めて思いました。

しめっぽい演出などもいっさいなかったけれど、私がちょっとうるっと来たのは、やはり、'I Will Be There 'のリハーサルのときに、家族の名前を口にしたとき。兄弟には「愛しているよ」と、そして両親には 'God Bless You’ と言っていました。きっと、このコンサートを自分のアーティスト人生の集大成にするつもりだったのでしょうね。だから、これほど、念入りに丹念にリハーサルを重ねたのでしょう。ステージの演出もすばらしいものになるはずだったようです。でも、この極度の入れ込みが、もしかしたら彼の寿命を縮めてしまったのかもしれません。

I Will be There (大人のマイケル)
I Will Be There (子どものマイケル)

一緒に行った友達は、マイケルが若い女性ギタリストに「ここは君の見せ場なんだから、もっと目立つ音を出して。僕はここにいるから」(うろ覚えなので、少しせりふが違っているかも)、と言ったときにうるっと来たと言っていました。他にも、’共演者’をたてようとしているシーンがありましたねえ。多くの人がそう言っているように、優しい人だったんだなあ、と私も思いました。突飛で奇抜だけれど、心根は優しい人だったのだと思います。

そういえば、そういう人がもう一人いました。今日11月24日が命日の、Queenのフレディ・マーキュリーです。フレディもマイケルに負けず劣らず奇抜で、でも同時にとても繊細で優しい心を持った人だったと思います。今日、次女をピアノに送っていく車のカーラジオでQueen 特集をやっていて、なんとも言えず懐かしい気分に浸ってしまいました(一時とてもファンだったので)。久しぶりに聞いた、初期の曲、'Keep Yourself Alive’がかっこよかった。ブライアン・メイ作曲だけあって、ギターが独特。 

マイケルとフレディ、少し似ているところがあるようにも思えるこの二人、意気投合して共演しようとした時期もあるのです。私が知っている範囲では、「ステイト・オブ・ショック」という曲と、フレディのソロアルバムに入っている曲、「There Must be More to Life Than This」を一緒に歌っています。他もにあるのかもしれません。この二人、並べると濃いわ~。


今頃二人は、空の上で、また一緒に歌っているかもしれませんね。

by oakpark | 2009-11-24 23:26 | 映画 | Comments(4)

変わらないスタイル~ 「アリス」の場合~   

e0123392_23391110.jpg


音楽ネタが続きます。
先日、武道館でアリスのコンサートを見てきました。今年の7月に「SONGS」という番組を観て感激してブログに昔の思い出を書き、「そうだチケットを買おう!」と急に思い立ったのでした。

今から30年前、突然アリスのファンになり(何かのファンになるときはいつも突然)、大阪フェスティバルホールと神戸の野外会場でアリスのコンサートを観て以来でした。そして驚いたことは、アリスの3人のメンバーは、外見こそは変化したけれど、声の質、笑いのとり方、観客の乗せ方、「~していこうな」というやわらかいしゃべり方、など全く変わっていませんでした。おかしいほど昔のままで、今自分が何歳なのかも忘れてしまいそうな不思議な感覚に襲われてしまいました。

一緒に行ったSちゃんは高3のときのクラスメート。よくアリスのことを語り合った仲です。久しぶりのアリスのコンサートに一緒に行くのはSちゃんしかいないと思っていました。たまたまSちゃんも関東方面に住んでいてよかった。思えば、Sちゃんと私は不思議な縁によって引き寄せられたのかもしれないと思えます。Sゃんはバスケットボール部で私はテニス部で、、同じ運動部同士ということで存在はよく知っていたけれど、高3まで接点はあまりなかったのです。たまたま同じクラスになり、席が隣になって、いろいろおしゃべりするうちにどちらもアリスのファンだったということがわかり、急速に親しくなっていきました。受験期のややこしい時期にあって、Sちゃんは私にとって癒しの存在でした。自分自身も不安定だし、外部の学校受験組と内部進学組の間で、ちょっとぎすぎすした雰囲気が流れていた頃で、Sちゃんとアリスの話をすることが、当事何よりも楽しかったような気がします。もしかしたら、私ったら、きつい現実(受験のプレッシャー)から逃れたいためにアリスにのめりこんで行ったのかも知れないなあ。。

その頃私はチンペイ(谷村新司)のファンで、Sちゃんはベーやん(堀内孝雄)のファンだったけれど、今回のコンサートで、私は堀内孝雄さんがかっこいいな~と思い、Sちゃんは谷村新司さんの後ろ姿にきゅんとしたそうです。ベーやんは、昔はもっと乾いた声と歌い方だったような気がするけれど、年齢を重ねて、奥深い、地の底からわきあがるようないい声になったなあ。私はやはり、低音が好きだ。

さてさて、そんなアリス大ファンの二人ですが、二人ともそろってアンコール曲のタイトルを思い出せませんでした。よく聴いたのに、題名はなんだったけな?帰り道でずっと考えていたけれど思い出せなかった。帰宅後youtube で検索してやっとわかったのよ~。情けない。 
名曲「さらば青春のとき」です。
「振り向かないで、歩いていける、そんな強さを与えて欲しい~♪」なんて、谷村新司って若いことから、妙に老成した詩を書いていたんだなあ。そういえば、「死」を意識しているような詩も多かった気がする。

今回のコンサートで始めて知って驚いたことが「今はもうだれも」というアリスのヒット曲がカバー曲だったということ。佐竹俊郎さんという方の作詞作曲だそうです。ウッディ・ウーというグループで歌っています。こちら

ぼろぼろ泣けてくるかなあと思ったけれど、そうでもなかった。でも、なぜかこの曲のときに泣きそうになった。リアルタイムで知っていたわけではないのに、とても懐かしい気持ちになる曲なんです。
涙の誓い」 

コンサート曲ではないけれど、こんな曲を紹介します。谷村新司の声の良さがわかる曲。歌詞はちょっと恥ずかしいけれどね。エルヴィスの声に惹かれた私の原点がここにあるのかも。
おまえ

もうひとつ。堀内孝雄が紅白で歌った「酒と泪と男と女」。スクリーンに映し出された、河島英吾さんとデュエットしています。こういう面もあるのですね。

by oakpark | 2009-11-16 00:36 | 思い出の曲 | Comments(12)

ノノレタ~♪ 「夢見る想い」   

先日、山積みになっているエルヴィス関係のDVDの中からたまたまひとつ取り出して観ていたら、ジリオラ・チンクエッティというイタリア人歌手が歌う「夢見る想い」という曲が入っていて、その後ずっとこの曲のメロディが頭の中に渦巻いています。1964年のサンレモ音楽祭での優勝曲だそうです。1964年といえば、東京オリンピックの年ですね。このときジリオラさんは16歳。とってもかわいい少女です。

ジリオラ・チンクエッティのことは、私はこのDVDを見るまで全く知らない歌手だったのですが、当事日本でも人気が高く、「愛は限りなく」や「雨」といったヒット曲があるそうです。とても耳に心地よい声です。私は女性歌手の声は、き~んと澄んでいる声よりも、どちらかというと、幅と深みのあるざらついた声のほうが好きなようです。竹内まりやの「夢見る想い」もなかなかよかったです。こんなに上手な歌手だったのね~と思いました(失礼!)。

竹内まりや「夢見る想い

う~ん、いい曲だなあ。。。 ノノレタ~♪ って意味わかんないけれど。。。


あ、どうしてこの曲が、エルヴィス関係のDVDに入っていたかというと、大ヒットしたこの曲にインスピレーションを受けて作曲された曲をエルヴィスが歌っているからなんです。確かにそっくりよ~。「フランキー&ジョニー」という映画の中の挿入歌です。

Elvis "Please Don't Stop Loving Me"
いやなことがあって、心がつんけんする日は、エルヴィスを聴いて、なだらかになってから床につくことにします~。

by oakpark | 2009-11-13 01:29 | 好きな曲 | Comments(8)

赤!   

e0123392_022688.jpg


きょう(過ぎちゃったけど11月3日)に、この秋2回目の衣替え、というかタンスの整理をした。
すると、あれれ~?赤いお洋服がたくさん。こんなに持っていたっけ?赤のTシャツは、もちろんのこと、赤のトレーナー、赤のウインドブレイカー、赤のセーター、赤のスカートまで。ないのは赤のズボンくらいかな。自分が赤色が好きだとは思っていたけれど、いつの間にこんなに増えちゃったのだろう~。

赤が好きになったのは、たぶん母のせい。母は赤が好きだった、というか私に赤を着せるのが好きだった。いつだったか、確か小6のころだったな、母が外出から帰って「いいのがあったから買ってきたよ!」と言って、袋から出してきた洋服は赤のブレザー(金ボタン)だった。すでに赤のブレザー(赤ボタン)とえんじ色のブレザーを持っていたので、赤系のブレザーばかり3着もあって、「どうして赤なの~?」と思った記憶がある。20代のころはそれほど赤を着ていなかったけれど、年とともにその頃の「刷り込み」(?)が威力を発揮して、私に赤を選ばせているのかな。

親が子に着せたい色。 今は、これが少しわかる。私の場合、長女には紺やグレーをよく着せたけれど、色白で少し髪の毛も茶色っぽかった長男には、ベージュとかモスグリーンとかをよく着せました(今も)。なんとなく、こういう色が似合う気がするなあと思って。私自身、憧れるけれど自分には似合わないと決めつけていた色。でもおしゃれに着こなしたらかっこいいなあと思える大人の色。おしゃれ上級者の色。

ベージュやモスグリーン、茶色がおしゃれ上級者の色だと思う、その原点は、私服で通った中高時代のお友達の着こなしと、大学時代の先輩男性の着こなしだ。私の母がモスグリーンや茶系を選ばない人だったので、こういう色のお洋服を素敵に着こなしている人は憧れの対象だった。自分には出来ない着こなしだけれど素敵だなあ~と思っていた。衝撃的だったのが(大げさだけれど)、大学のサークルで1学年上のある先輩(男性)の着こなし。その先輩の場合、もう、車からしてモスグリーンだった。これにはびっくり。モスグリーンは車の色としてはじめて見る色だったから。服装も全体的にベージュなどのスモーキーカラーで統一されている。なんだか新鮮だった。この人は、この色調を意識して選んで着こなしているんだなと思ったもの。私と同世代の男性も、こういうおしゃれをするんだと初めて知ったのでした。父も弟も、おしゃれには全く無縁の男性でしたからなあ。そして、このときに、この先輩のように「色白、茶色っぽい髪」の人にはモスグリーンが似合うと、勝手に思いこんだのかな。わが息子が色白に育ったとき、ふとその先輩のことを思い出し、知らず知らずのうちにモスグリーンやベージュの服を選ぶようになっていました。母の影響を受けた私がそうだったように、もしかしたら息子も将来自分で洋服を選ぶとき、無意識に母(私ね)が好んだモスグリーンとを選ぶのかもしれません。それとも、ひそかに「いやだ」と思っていて、正反対の色を選ぶかもね。

さて、上の写真の赤手袋は、私が25~6才ころに、梅田の阪急百貨店で購入したもの。仕事帰りにフラッと立ち寄り、「あ、これほしい!」という衝動に駆られ購入してしまった場面を今でも覚えています。いいようもなくスカッと爽快な気分になった記憶があります。ところが、この手袋、今までに使用したのはせいぜい3~4回なのですよ。やっぱ、赤は使いにくい。お友達などに、黒っぽい服装のときにさし色に使ったらいいじゃない?と言われますが、確かに雑誌などではかっこいいモデルさんがかっこよく、そういう装いをしていますよ。でもね、私がそういう格好をして鏡の前に立つと、へんなのですよね。手袋だけ浮いちゃうというか、不自然なのです。だからこの赤手袋、いつも鏡の前だけで終わってしまっています。20代の頃は、「40歳過ぎの大人の女性になったら似合うかも」と思っていましたが、もうすぐ50になろうかという今になっても全く似合いそうな気配がない。だから、我が家のオブジェとして存在してもらうことにしています。25歳のときの、あのときの、赤からパワーをもらった私の思い出として。

皆さんには、大切にしている色ってありますか?

by oakpark | 2009-11-04 01:11 | ファッション | Comments(4)

最近読んだ本(9月ー10月)   

早いもので、今年もあと2ヶ月です。駅前では、年賀葉書の売出しが始まりました。なんだかあせってしまいますね。 子どもの頃は、あわただしい雰囲気の年末が好きでしたが、今はあまり好きではありません。大掃除だの、お正月の準備だのとテレビや巷で騒ぎ出し、否が応でも忙しい気分になってしまいますから~。思えば、今年はインフルエンザ禍で、3週間子どもが家にいる平日があったので、落ち着かなかったなあ。息子(1週間)→息子の学校が閉鎖(1週間)→次女のクラスが学級閉鎖(1週間)というふうに。「え~あしたもいるの?」とつい言ってしまうと、「お母さんは子どもが嫌いなの?」と次女に言われてしまいました。子どもは好きだけれど、子どもが平日家にいるのが嫌いなのよ~、とは言いませんでしたが。もちろん、「好きよ」と言いましたが。痛いところをついてくるなあ、次女は。

さて、最近読んだ本。
以前お友達のブログに紹介されていた中野京子さんの本を2冊読みました。
e0123392_01614.jpg

● 「歴史が語る 恋の嵐
  歴史上の有名な女性の恋のエピソードが、恋をした年齢の若い順から紹介されています。私が子どもの頃に最初に読んだ伝記本の主人公、キュリー夫人は18歳のところに登場。家庭教師先の家の長男に恋をしたんだとか。家柄の違いから成就しなかったけれど、もしこの人と結婚していたらどんな人生になっていたのでしょう。物理学者にはなっていなかったかもしれません。最高齢は55歳のエリザベス1世。55歳のときに33歳年下のエセックス公ロバート・デヴルーに恋したのだそうな。てことは、まだ私にも恋がきる???

● 「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語
 スイスの1豪族から名家にのし上がり、650年もの間、王朝として長命を保ったハプスブルク家の人々を、残されている絵を紹介しながら、描かれた時代背景やその人物にまつわる人間関係をわかりやすく説明してくれています。その時代、時代の著名な画家が肖像画を描いているようですが、どれほど本物に忠実なのでしょうね。やはり多少なりとも実物よりよく描いて気に入ってもらおうという下心なんかがあるのじゃないかなあ、と疑ってしまいます。ただ、エリザベートに関しては、写真も掲載されているのですが、フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター(という人)が描いた絵とそっくり同じでした。うわさどおり、とっても美人です。この本の良いところは、紹介されている絵がオールカラーだということ。それで980円は安い!大きな絵で見てみたいなあと思う絵も何枚かありました。絵画に関しては、若い頃から疎い私でしたが、最近少しずつ、絵画の良さを感じることが出来るようになってきたようにも思います。中野京子さんは「怖い絵」シリーズで有名になったようですが、西洋美術や、西洋史、西洋文化に造詣が深く、素人に寄り添った、とてもわかりやすい解説をしてくださる作家です。他の作品も少しずつ読んで行きたいです。

● 「半島へふたたび」 蓮池徹
 北朝鮮から帰還した蓮池さんが6年ぶりに夫婦で朝鮮半島にわたり、韓国を(視察?)旅行した際に感じたことを綴った旅行記。「韓国は敵国」と教えられてきた蓮池さんが実際にご自分の目で韓国を見たときに何を感じるのかに興味を抱き、また、新潮ドキュメント賞を受賞した本だということで、本屋で購入しました。実は私、蓮池さんのお兄さんの書いた「奪還」も購入して読んだのですが、「北朝鮮への拉致」や「中国残留孤児」というキーワードに弱いのです。なぜでしょうね。異国の地に取り残される恐怖というものが私の心のどこかに引っかかるのかしらね。蓮池さんは、北と南での「戦争記念館」での展示の仕方の違い、住居の違い、言葉の違いなどについて、北での辛い思い出話を挟みながら巧みに紹介しています。そういえば、この本の中に「イムジン河」についてのくだりがありました。「南北分断を憂い嘆く悲歌はたくさんあるけれど、そのうちの一曲が昔ザ・フォーク・クルセダーズというグループが歌っていた『イムジン河』だ。これはもともと北朝鮮で作られた曲なので、日本でのリリース早々、発売中止になったことで知られている」 私がこの本を読んだ直後に、加藤和彦さんが亡くなられたというニュースが飛び込み、とても驚きました。蓮池さんが北のTV番組でたまたま聞き(これはとても珍しいことらしい)、感動したというキム・ヨンジャさんの『イムジン河』はこちら
私は、韓国へは20年近く前に一度だけ行ったことがあります。夫の仕事仲間のリーさんを訪ね、ついでに観光もしてきたのです。リーさんは私が出会った最初の韓国人ですが、とても穏やかで知的な素晴らしい方で、韓国の印象もぐっと上がったことを覚えています。歴史好きの夫は、日本人があまり訪れないと思われる、三・一独立運動の発祥地で有名なタプコル公園に行きたいと言い、リーさんが案内してくれました。覚えているのは日本兵に踏みつけられている韓国の人たちが描かれているレリーフがたくさん並んでいたこと。その場に居合わせた現地の年配の男性が、リーさんに向かって「日本人と一緒にいるお前も日本人みたいに見えるぞ」と話しかけたこともあって(リーさんに尋ねてわかった)、新婚旅行で行ったパールハーバーで感じたときと同じように、居心地の悪さを感じました。なんで夫は、こんなに日本人が嫌われそうなところばかり行きたがるのだろう?と少しいやな気分にもなりました。あれからほぼ20年。日韓共催のワールドカップもあったし、韓流ブームもありました。今韓国に行ったらどんな印象を持つかなあ。変化を感じるでしょうね。

● 「砂の器」 松本清張
 朝日新聞の紙上読書会『百年読書会』の10月の課題でした。私、恥ずかしながら、清張作品初体験です。有名な作家だけれど、なぜか、これまで読んできませんでした。大企業のような男社会を舞台にした「男性的なミステリー」と勝手に思い込んでいて、仕事の疲れを癒す気晴らしに本を読んでいた20代には手が伸びませんでした。今回は、映画を先に観たあとで本を読んだのですが、かなり描かれている世界が違うと感じました。焦点のあて具合が違うというか。そして、珍しいことに両者とも成功しているように思います。映画は、犯人父子の辛い放浪生活を、日本の美しい四季の移ろいの中で描くことで視覚的に訴え、スケールの大きな出来栄えになっているし、本のほうは、ひとことで言うと、人間ドラマになっていると感じました。ミステリーの主役である刑事はもとより、登場人物全ての人となりを頭に描けるというか、それぞれの自分物が丁寧に魅力的に描かれていると思いました。これを機会に他の清張作品を読んでみたいです。昭和の時代を感じさせるところもノスタルジックでいいわ。

by oakpark | 2009-11-01 01:47 | | Comments(8)