<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

フィギュアスケート    

オリンピックに向けて、新しいシーズンが始まり、楽しみです。

きょうはグランプリシリーズ2戦目のロシア大会がテレビ放映されていました。長女の影響でフィギュアファンになった次女と一緒に見ました。

感想をいくつか。 小塚選手の衣装が今期は少し派手になっていました。昨年は、練習着のように地味でした。「動きを美しく見せるため」だそうですが、もう少し装飾があってもいいのになあ~、と思ったものです。ジミ・ヘンドリクスのギターの音色に合わせて踊るというのも、奇抜でよかったです。オーケストラではないので、音的に少し地味ではありますが、うまく踊りをあわせれば観客をひきつけることが出来ると思います。 ついでに、先週のフランス大会に出場した織田選手もなかなかよかったです。チャップリン・メドレーの曲も、織田選手にしては少し地味めのシンプルなタキシード風の衣装も、前髪を下ろした髪型も去年より似合っていていいなあ、と思いました。私はこの二人のスケーティングが好きです。とてもやわらかくてなめらかだから。ダイナミックで派手な高橋選手のスケーティングより好みです。でも、みんながんばって欲しいですね。

次に、浅田真央選手ですが、少し調子が悪そうですね。勝手に意見を言わせてもらえば、ショート・プログラムの曲を変えたらいいのになあと思います。「仮面舞踏会」はすばらしく良い曲だけれど、去年使った曲ということでやはり新鮮味がないと思います。去年は浅田選手がフリーで、織田選手がSPで使っていたので、しょっちゅう聞いていたという印象がありますから。フリーのラフマニノフの「鐘」という曲は、私はよかったと思います。全編重厚な音色が続く、少し単調な曲ではありますが、浅田選手の力のある演技が映えると思います。ミスをなくして彼女の持っている力を全部出したら、すばらしいできばえになると思う。やはり、問題はショート・プログラムですね。フリフリのかわいらしい衣装を批判している記事などもありますが、私は、彼女の雰囲気にあっていると思います。大人っぽさ、セクシーさでは、キム・ヨナ選手にはかなわないと思うから(これは認めましょう、長女よ、次女よ)、真央さんは、もっとかわいらしさ、可憐さ、明るさをアピールしたらいいなあと思う。だって、まだ19歳だし、絶対そのほうが彼女の魅力を発揮できるもの。そしてもっと明るいかわいらしい曲を使ったらいいのに。今回の衣装(ピンクで胸元に大きなフリル)と、「仮面舞踏会」も合わなかった。タラソワコーチ、頼みますよ!


そういえば、先日の映画講座は「アマデウス」で、クラシックが聞きたくなってこのCDを出してきました。
e0123392_0462812.jpg
e0123392_0465876.jpg

これ、10年位前に、ひょいと思いつきで購入したものなのですが(確か生協?ちがうかも)、ものすごく重宝しています。6枚組で 1枚目ーベスト・ピアノ名曲 2枚目ーベストヴァイオリン&チェロ名曲、3枚目ーベスト・オーケストラ名曲、4枚目ーベスト・シンフォニー名曲、4枚目ーベスト・オペラ&オペラッタ名曲、6枚目ベスト・バロック名曲となっています。息子の幼稚園のお遊戯会で、最後の挨拶のときに(「僕は恐竜をやりました!」と息子は言いました)先生がピアノで弾いているのを聞いて大好きになった曲、「パッヘルベルのカノン」もここで見つけました。最近では長女が高校の弦楽部に入部したので、このなかのdisc 2をよく聞いているようです。 ヴァイオリンの音色は私も大好き。中でも、これを聞くとそれだけで涙が出てきそう~と言うくらい好きなのはサン・サーンスの「動物の謝肉祭」の『白鳥』です。エルガーの『愛の挨拶』もいいですねえ。モーツァルトのオペラはdisc 4 に「フィガロの結婚」と「魔笛」がありました。真央ちゃんのSPに「フィガロの結婚 序曲」はどうかしら~、なんて。

たまにはクラシックもいいですね。

by oakpark | 2009-10-25 00:56 | 雑感 | Comments(9)

最後の大会   

e0123392_032584.jpg

今日は、陸上部の息子の最後の大会でした。110mハードルと、ジャベリック・スロー(槍投げの中学生版)に出場しました。結果は、まあまあだったかな。インフルエンザで一週間学校を休み、やっと登校したと思ったら、今度は学校閉鎖になったのでまた一週間休み、ほとんど練習が出来なかったわりにはまあまあだったようです。

息子は、今月終わりにある駅伝大会には出場しないので、陸上部の活動としては、今日が最後の日でした。私としては、感慨深いものがあります。よくがんばったなあ、というのが正直な気持ち。 中1で陸上部に入部した日から、毎日朝連を続けました。誰に似たのか几帳面な性格で、自分で目覚まし時計をかけて毎朝5時50分に起き、きっかり6時50分に家を出ていました。学校の門は7時15分にしか開かないので、開くまで門の前で待っていた日もあったようです(と先生が言っていた)。2歳上の姉も同じ陸上部でしたが、たまにしか朝連には行っていなかったので、大会前にだけ朝連があると私は思っていました。まさか、毎日あったとは。。。

息子が中学で陸上部を選んだのは、もしかしたら、私のせいかもしれないと、夫は言います。 息子が地元の少年サッカーチームに所属していた小学生時代に、ふがいない息子のプレーに腹を立てた私が「サッカーよりも陸上のほうが向いているんじゃない?」と言ったからだというのです。そう言ったかどうかは覚えていないのですが、しょっちゅう、腹を立てていたのは事実。。。。だって、息子がボールを持つと急にスローモーションになったんかい?と思ったほどでしたから。ゆっくりしているんです、すべてが。そういえば、しゃべり方もゆっくりしています。最近は本人も自覚していて、つい先日も、自分には筋肉を早く動かす能力が足りないようだと言っていました。やはり、そうだったんだあ。

今でもそのときの光景はしっかりまぶたに焼き付いていますが、少年サッカーチームの卒団式の日に、ただひとり「僕は中学生になったら陸上部に入ります!」と言った息子。寝耳に水とはこういうことで、本当にびっくりしました。まあ、サッカー部に入るかどうかは微妙だなあとは思っていましたが、まさかこの場で具体的に「陸上部」と言うとは! コーチたちも、一瞬虚をつかれたというか、変な表情をしたいたことを覚えています。少年サッカーの世界を経験したことのない人にはわからないかもしれないけれど、まさにそこは、サッカー礼賛、サッカー一色の雰囲気が漂っており、息子の発言は全くその場にそぐわかなったのです。私自身、最近気づいたのですが、日本では、あるスポーツを愛する人は、そのスポーツを愛するあまり、排他的というか、他のスポーツを受け入れない、という傾向にあるように思うのです。小学生の次女はバスケットボールのチームに入っているのですが、中学校でバスケット部に入らないと卒業してからそのチームに遊びに行けないと聞いてきました。それって、へんじゃないかなあ。

息子は卒団式の日にも、小学校の卒業式の日にも「僕は陸上部に入ります」と高らかに宣言しました。何を根拠に自分は陸上部だと思ったのか私は不思議でした。リレーの選手にもなったことはないし、特に走るのが得意そうには見えなかったから。本人に尋ねると、走るのは得意ではないけれど嫌いではないという答えでした。息子はたぶんこう思っていたのでしょう。小学生でサッカーのレギュラーになれなかった自分は、同じメンバーが集まる中学の部活でもレギュラーになれないだろう。それならば全然別のスポーツにしよう。バスケットや、バレーボールなど道具を使うスポーツは自信がないし、それなら陸上かな。。。。

もしかしたら、私のとっさの思いつきのせいで息子を方向付けてしまったのかもしれないけれど、結果的にはこれが大正解でした。陸上は息子の性格に合っていたみたいです。陸上部に集まるメンバーも、どこか地味目というか、息子でもついていけそうな面子だったことも幸いしました。 そういえば、高校生の集まる大会でも、茶髪など、ちゃらちゃらしているかんじの子は皆無です。坊主頭の子もいるし、禁欲的というか、修行僧のような雰囲気をかもし出している子もいます。それに、運動能力が特に優れていなくても、努力である程度カバーできる種目もありました。息子が選択したのは四種競技なのですが、この種目の良い点は、部活に費やすことの出来る時間が限られている中学生でこの種目を選択する人が少ないということ。少しがんばって全種目(110m ハードル、高飛び、砲丸投げ、400m)でそこそこの記録を残せば、結構いいところまでいけるのです。息子の最高位は市で8位(6位だったかも)でしたが、そのときの出場選手は16人でした。 サッカーでも20人の部員の中でスタメンの11人に入れるかどうかという位置だったので、このあたりが彼の定位置なのかもしれません。 でも一度だけ入賞して、県大会に出場することも出来ました。


上の写真は、地元の陸上競技場で、市の大会はいつもここでした。少年サッカーチームに所属していたときは、かなり勝ち進まなければ(市大会の決勝など)使うことの出来ない憧れの競技場だったのに、陸上を始めたとたん、普段の競技場になってちょっとびっくり。世界レベルの大会も開催される立派な競技場です。今日も夫が「いいなあ~、〇くんは。こんなきれいな競技場で走ることが出来て。俺なんか一回しか走ったことがない」と言うのでびっくりして、「え、ここで走ったことあるの?」と聞くと、にやっとして「サッカーの審判のテストで」ですと。そういえばそういうこともあったなあ。うちのチームでは、お父さんコーチはみんな審判の資格を取る事を義務付けられていて、審判のウェアまで買いましたっけ。その衣装、今ではまさにたんすの肥やしですわ。

陸上競技を気に入った息子は、高校生になっても続けると言っています。ただし、何の種目にするかがむずかしい。相対的に一番良い記録が出るのは砲丸投げらしいのですが、砲丸投げの選手はいやなんだそう。走る種目もしたいんだそう。そうなると、特に得意なものがないので、やはり、四種の発展形の八種になるのかしら。4から一気に8に増えるってさらに大変そうです。おっとり型の息子にできるのかなあ。しかし、その前にまず高校に合格しなければ。

でも、まあ、とりあえず、今日はお疲れ様でしたと言いたい。そして、息子にスポーツの楽しさを教えてくれた陸上競技に感謝したいです。明日からも朝連は続けるそうなので私の早起きはまだまだつづく~。(そんで二度寝もね)

by oakpark | 2009-10-19 00:48 | 雑感 | Comments(7)

また連休ですね。。。   

おかげさまで息子もすっかりよくなり、今日から塾に復活です。マスクをつけて行こうかどうか迷っていましたが、結局一応持っていってせきが出そうなときにつけるということにしたみたい。今までマスクなんてつけたことがないので相当嫌がっていました。 ちなみに息子は余分なものを身につけるのが大嫌い。冬場も半ズボンで通すかわりもんです(ひざから下はいらんそうです)。まあ、塾のみんなは受験生で早くインフルエンザにかかりたいそうなので、ま、いいかということになりました。

でも、母の私はそういうわけにはいきません。今は元気ですが、もし感染していたらいけないので、職場にもマスクをつけて行きました。いつも楽しみにしている金曜日のカルチャーセンターの映画講座はお休みしました。密室なので、私が感染している場合、うつしてしまっては悪いですから。今回は黒澤明監督の「羅生門」でしたが、前に観たときに、湿っぽい、暗い映画だなあと思っていて、もう一度見る気力もなかったので、仕方がなかったかもしれません。なにせ、息子のインフルエンザのおかげで、夫も自宅待機になるし、台風のおかげで木曜日は学校が休校になるし、宿題の映画を観る時間が全くありませんでしたから。狭い家にず~っと誰かしらいる状態。で、また連休だし。会社勤めの方たちにはうれしい連休でしょうが、出かける余裕のない家庭の主婦にとっては苦痛そのものです~。なんで、人間って、一日に三回食べなきゃいけないんだろう~。

Amazon.com から注文していた本が届きました。これです。
e0123392_064470.jpg

著者はカリフォルニア在住の人気ブロガー、レイ久子さん。この方のブログは本当にすごいです。お料理の話、家族の話、時事問題、どの話題をとってもユーモアのあふれる温かい文章でわかりやすく書いておられます。知的で若々しい好奇心に満ちた方で、まじめで几帳面なアメリカ人のご主人とナイスカップルです。お料理もどれもおいしそうで、作ってみたいなあと思えるものばかり。本になるという話を聞いたときは、絶対手に入れたいと思いました。ぱらぱらとページをめくってみると、私も大好きなお料理がたくさん。それもとっても簡単そうなレシピです。サルサとかほうれん草のカレーとか、ぜひ作ってみたい。

*レイ久子さんのブログ 「カリフォルニアばあさんのブログ

この本と一緒に「萩原朔太郎詩集」が届きました。はて?こんなの注文したっけな。そうだ!宇野千代の「生きてく私」を読んだときに萩原朔太郎が出てきたので、一度詩を読んでみようと思ったのでした。若い頃もほとんど詩など読んだことのない私、さて、何か感じられるかしら。この連休は詩でも読もうかな。

by oakpark | 2009-10-11 00:38 | 雑感 | Comments(15)

週末、いろいろ   

ここのところ、いろいろなニュースにびっくりしたり、感動したりしています。

★ 中川昭一元財務省亡くなる
懸念していたことが起こってしまった、、、と感じました。 いつだったか、テレビ番組で、あるコメンテーターが、中川氏のことをひどくけなしていて、別のコメンテーターが「もういいだろう。彼の父親に起こったことを考慮してあげなければ」と言っていたことが印象に残っていました。

★ テニスプレイヤーの杉山愛引退
私にとっては、杉山愛より、若い頃の伊達公子の活躍のほうが記憶に残っているのですが、杉山愛も凄いプレイヤーだったのですね。ダブルスを組んだダニエラ・ハンチャコバとの仲の良さがほほえましく感じました。人間的にもすばらしい女性なのでしょう。 でも、ウインブルドンのシングルスで、ハンチャコバに負けたとき、あれ?そろそろ引退かも、と予感しました。 序盤は接戦ながら杉山のほうが一日の長がある、実力は上と感じたのですが、後半あれよあれよと逆転されて、しかも試合終了後の握手では笑顔だったので、あれ?と思ったのです。 

★ 私とテニス
これについてはいずれ詳しく書くつもりですが、私にとって「テニスはこの世に残された宿題」です。「克服しなければいけない課題」と位置づけています。「強く」なりたいのではなく、「気持ちよく」テニスをしたいのです。テニスは本当にメンタルなスポーツ。納得のいくテニスができるようになるまで続けようと思います。体は歳のわりには動くかな?と勝手に思っているので、あとはメンタルの克服です。でも、メンタルが克服できる頃には体が動かなくなっているかも? 今日一緒に練習をした人も同じことを言っていました。彼女(30代、わかっ)は、中学、高校と軟式テニスをしていて、やはりメンタル面で苦しんだそうです。私の苦手はフォアストローク、得意なのはボレー・ボレー。人のいるところにボレーを打つのが得意でも試合では役に立たんのよね~。

★ 日本女子ゴルフオープン
次女のバスケの試合があって全部観ることができませんでしたが、横峰さくらちゃん、残念でした。最近テレビでゴルフを見るのが好き。4~5打差あっても逆転があったりして面白い。それにこれもメンタルなスポーツですよね。女子のゴルフ選手が強いメンタル面を見せてくれると励まされます。 どこからあの強さが来るのだろう~と羨ましく思います。パッティングをするときのあの集中力、すごいです。横峰さくらのプレイオフ前の18番での少し長いバーディーパットにはしびれました。ここで、追いつくなんて。入った瞬間、外から奇声が聞こえたので、近所にもこれを見ている人がいるんだと思いました。ゴルフはまさに「静」が光るスポーツですね。ただいまの私のお気に入り女子選手は、諸見里しのぶ選手と、今回の横峰さくら選手。ホワンとしているようで強い、時々かわいい笑顔を見せてくれる、がお気に入りの理由かな。男子はやはり、石川遼選手に注目です。激しくて魅せるゴルフをしてくれて気持ちいい。

★ 好きな番組
NHKの「私が子供だったころ」という番組が好きです。日曜の深夜、12時10分から1時までの放送で、気が向いたときに見ています。この番組が個性的でいいなあと思うのは、タレントさんの子どもの頃の出来事を手当たり次第に紹介するのではなく、現在の自分を作った、核になるようなエピソードをひとつ(かふたつくらい)に絞込み、それにまつわる思い出の品や思い出の場所から、タレントさん本人が思い出を語っていくという手法がとられているところ。エピソードをひとつに絞っているところがいいと思うのです。あのことがあったからこの道に来たということが明確にわかる。それと、タレントさんの子ども時代を演じる子役たちがとても良い味を出しています。日本の子役も捨てたもんじゃないな~、というか、レベルが上がってきたな、と思います。どんなエピソードが取り上げられていたかというと、劇団ひとりは中学時代の親友とのけんか(番組内でその親友と再会)、宇梶剛はアイヌ運動家の母との確執、草刈民代は学校が合わず中退してしまったこと、などなど。どの人の話を聞いても、ある分野で活躍を続ける人には並大抵ではない個性があると感じます。昨晩のゲストは、最近テレビに出ずっぱり感のある、つるの剛でした。小学2年生の頃から、中学生までずっと一人の女の子のことを思い続け、彼女の気を引くためにさまざまな芸に磨きをかけたというのがほほえましくて、なんだか泣けました。それほどまでに純粋な少年の心に感動してしまった。人間ってすばらしい、と思えました。ずっと憧れ続け、押入れの中に「斉藤さん(彼女の名前)神社」まで作り、恋の成就を願ってさまざまな妄想を膨らませていた彼女という存在が、友人の、彼女の写真を見たときの何気ないひとこと、「それほどかわいくないじゃん」によって、がらがらと崩れていったというエピソードはなんとなくわかる。自分にとっては絶対的な存在だったものを否定されたときの虚脱感。でも、それを表に出せない幼いプライド。きっと、そうやって少年少女は、狭い自分の世界から、広い世の中を知っていくのですね。

★ 長男発熱
ものすごい勢いで新型インフルエンザが広がっているようです。ついにうちの息子が熱を出しました。明日病院に連れて行きます。 受験生なので今のうちにかかっておいていたほうがいいような気もするし、でもやはり病気はいやです。このあと家族にもうつるのでしょうか。みなさんも気をつけてください。

by oakpark | 2009-10-06 00:48 | 雑感 | Comments(9)

映画「レボリューショナリー・ロード」(2008)   

e0123392_22235325.jpg

監督:サム・メンデス   出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット、キャシー・ベイツ

大ヒット作品「タイタニック」(1997)以来の、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウインスレット共演の夫婦の物語。 「タイタニック」のときに、どうもこのカップルは似合わないなあ~、ケイトのほうが大きすぎるな~、年上に見えるなあ~(実際はケイトがひとつ年下)と思っていたので、あまり期待せずに観始めたのですが、最初の10分で引き込まれました。やっぱり、この二人うまいわ。

1955年のアメリカが舞台なのですが、実は個人的にこの時代に興味があります。なぜかというと、エルヴィスが音楽活動を始めた直後のころだから。映画の登場人物の服装や家具や調度品、車などを観察しながら、エルヴィスもこの時代に青春時代を生きていたんだなあと思いをはせました。女性の髪は肩までくらいでフェイスラインでカールさせていて、服はスカートやワンピースが主流。ズボンなんてはかなかったのですね~。男性のサラリーマンはみな白いワイシャツにスーツ、そしてソフト帽をかぶっています。最近はファッションでソフト帽が流行していますが、昔は仕事着だったのですね。でも、かっこいいな、ソフト帽(中折れ帽)。車は丸みを帯びたレトロな形(もちろん、当事はこれが最新型でしょうが)です。撮影のために、こういう車を集めるのは大変だったでしょう。


1950年代に入り、テレビが普及し始め経済的に豊かになったアメリカ。コネティカット州の郊外に住むフランク(ディカプリオ)とエイプリル(ウィンスレット)夫婦は、倦怠期を迎えています。高台にある素敵な白い家で、かわいい二人の娘に囲まれた結婚生活は、一見幸せそうに見えますが、二人とももやもやとした不満を抱えているのです。エイプリルは若い頃に夢見た女優への道があきらめ切れないし、フランクは若い頃の夢を捨て、父と同じ会社で歯車のように働かざるを得ない今の自分の境遇に釈然としない毎日。

そんなある日、ふとしたことから怒鳴りあいのけんかになってしまいます。これでもか、というほど、相手を傷つける言葉を吐いてしまい、自己嫌悪に陥ってしまう二人。最初はたいしたことではなかったのに、どんどんエスカレートして、ついついひどいことを言ってしまう。言わなくてもいいことまで言ってしまう。こんなことってあるなあと共感してしまいました。私は昔よく子どもにひどいことをいいました。牛乳をこぼしただけなのにくどくどくどくど叱り続けたこともありました。自分に余裕がないときほどそうなってしまっていたようです。フランクとエイプリルは、時にはひどいけんかもするけれど本当はとても愛し合っているのです。自分とは性格の異なる相手の存在を受け入れて評価して寄り添いたいと思っている、そんな夫婦なのです。でも、いったん歯車が狂い始めていくとなかなか修復できない。言ってしまった言葉、やってしまったことは、もう取り消せない。どんどん泥沼にはまっていく二人。

見ていてつらくなる部分もありましたが、二人の演技が本当にリアルで、引き込まれました。近所に住む夫婦との微妙な関係や、大家さんの精神障害のある息子の存在も物語りに奥行きを持たせていると思いました。誰でも良い人でいたいのです。でも努力しすぎるとどこかで破綻する。人間の本質をついているなあ。人としての営みって、どこまでが演技でどこまでが素なのかわからない。誰かと対峙している限りはすべて演技なのかもしれない。でも演技過剰になるとあぶない。リチャード・イェーツという人が書いた「家族の終わりに」という原作も読んでみたいと思いました。 


ディカプリオは「ギルバート・グレイプ」で、その演技力に感心し、「ブラッド・ダイアモンド」を見て、渋いかっこよい大人になったものだなあと思ったものですが、久しぶりに見て、やっぱりいいなあ~と思いました。眉間のしわや眼光の鋭さが渋さを増してきたし、相変わらず表情が多彩です。優しさ、意地悪さ、残酷さ、色気、いろいろ出せる俳優さんだと思います。最近サボっていたけれど、やはり他の作品も見なくちゃ。 でも、ケイト・ウィンスレットと並ぶとやはり童顔が目立っちゃう。弟のように見えてしまう。だって、ケイトって大きいのだもの。顔も体も。眉毛を下げる表情とか、ちょっとエマ・トンプソンに似てきたみたい。別の相手役だったらなあと思ったりもしましたが、特典映像を見ると、ケイトが持ってきた企画だとか。そして1年がかりでディカプリオに出演してもらうよう説得したんだとか。ケイトの夫で、この映画の監督のサム・メンデスはイギリス人なのに「アメリカン・ビューティ」とか「ジャーヘッド」(こちらは未見です)とかアメリカを取り扱った映画を多く監督しているのですね。アメリカに興味があるのかなあ。

知っている曲が一曲出てきました。 エルヴィスも歌ったことのある「クライング・イン・ザ・チャペル」です。映画を観ていて知っている曲を探すのも楽しみのひとつ。特に50年代、60年代、70年代のアメリカを舞台にした映画だと、エルヴィスが歌ったことのある曲が出てくる可能性が高くてうれしい。映画では別の歌手が歌っていましたが、こんな曲です。フランクが、自分が予想したのと違う方向へ事態が進んでしまい、宙ぶらりんの気持ちにいるときに、誘われてついまた不倫のほうへ行ってしまうシーンで流れていました。アーティ・グレンという人が書いたゴスペル・ソングです。

by oakpark | 2009-10-04 00:19 | 映画 | Comments(2)