カテゴリ:RIVER PHOENIX( 5 )   

映画「ダーク・ブラッド」   

ゴールデンウィークたけなわ。今日もよいお天気でした。

やっと終わったPTA関係の書類や、受験が終わった次女の部屋から出たゴミなど、本当はそろそろ片付けないといけないのですが、なかなかやる気が出ず。しかも、その前に、やっておかなければいけないことがある。

ということで、観てきました。1993年10月31日に亡くなった、リヴァー・フェニックスの遺作である「ダーク・ブラッド」。26日から渋谷のユーロスペースで公開中です。本当は初日に駆けつけたかったけれど、用事があったので仕方なく延期し、本日、無事任務遂行することができました。

e0123392_23375271.jpg


前にも書いた気がするのですが、私がリヴァー・フェニックスのファンになったのは、今から13年前。長女が小3、長男が小1になったので仕事をしたいと思い立ち、始めてはみたものの、家事と仕事の両立がうまくできず、仕事も若い頃のようには楽しめず、ストレスがたまりっぱなしだった毎日。気晴らしに映画を観ようと、レンタルショップで最初に手にとったのが、リヴァーフェニックス主演の映画「旅立ちのとき」でした。なぜこのときこの映画を選んだのか。日々の憂さを晴らすため、さわやかな青春映画を観て少しでもよい気分になりたいと思ったからでした。このときこの映画を選んでなかったらリヴァーに出会えてなかったし、映画好きにもなっていなかったかもしれません。

この映画でリヴァーに興味を持ち、いろいろ調べ始めました。パソコンを使うようになったのもこのころから。彼の生い立ち、キャリア、交友関係、そして、死について、など知りえることはすべて知りたいという勢いでした。彼の残した映画や映像を手当たり次第に観たのはもちろんのこと、かなり多くのインタビュー記事も日本語、英語、両方で読みました。そして、1人の特異な境遇にあった男性が、少年から青年へと成長する過程を目の当たりにしたように思います。1人の人間の人生をたどるだけで、こんなにいろいろなことを知ることになる、世界が広がる、と思ったものです。「ヴィーガン」という言葉を知ったのもリヴァーから。リヴァーと親交のあった、あるいはあったかもしれない友人の名前も覚えました。レッチリとかニルヴァーナのカート・コバーンとか。リヴァーと共演した俳優がその後も活躍しているのを知るとうれしくなりました。イーサン・ホークとかヘレン・ミレンとかリチャード・ジェンキンスとか。リヴァーの映画から映画界のビッグネームを知ったこともありました。シドニー・ポアティエとか(当時は知らなかった)。 リヴァーは、私の映画鑑賞生活(最近さぼり気味だが)のスタートのきっかけでもあったのです。

そんなリヴァーが最後に出演した映画が「ダーク・ブラッド」。この映画を撮影中に亡くなりました。当事読んだ資料からの情報で私が覚えていることは、長期にわたる砂漠での撮影は23歳のリヴァーにはとてもつらいものだったこと。キャストの中に若者はリヴァーだけでとても孤独だったこと。だから、母親や、当事の恋人のサマンサ・マシスに撮影所まで来てもらったりしたこと。特に監督(ジョルジュ・シュルイツァー)と主演女優(ジュディ・ディビス)の仲の悪さはリヴァーに多大なストレスを与えたそう。やっと室内の撮影になり、ロスに戻ったとき、ストレスから解放されたリヴァーは友人たちとクラブに繰り出し、撮影の間絶っていた薬物を摂取してしまったという。

今回、未完のまま劇場公開にこぎつけたこの映画は、いくつかの主要な場面を欠いていて、そこをなんと、監督のナレーションで補っている。代役を立てたり、適当にシーンを飛ばすのではなく、本来ならこのシーンがあるはず、ということを観客にわからせて想像させる手法。だから、亡くなったロスで撮るはずだったシーンはジュディ・デイビスとリヴァーのラブシーンだったとわかる。きっと、「大変だなあ、いやだなあ」と思っていたんだろうなリヴァーは。そして、羽目をはずしてしまったんだな。監督や、もう1人の主演俳優ジョナサン・プライスのことはとても尊敬していたらしいから。その二人と対立して波風を起こしているジュディのことはあまりよく思っていなかったらしい。そしてジュディのほうもリヴァーにいじわるだった、と当事の記事には書いてあったと思う。

大画面でリヴァーを観ることができさえすれば、という気持ちで映画を観にいったのだけれど、久しぶりに観るリヴァーは、過去に観た作品でのしゃべり方や歩き方、身のこなしを思い出させつつ、文明に毒された白人をイラつかせる自然児の'boy'をとても、自然に演じていた。そして、いわば、初の悪役だ。本当は悪くないのだけれど、観客には悪役に見えるだろう。ファンの私が観ていても「やな男だな~」と思ったのだから、きっとリヴァーの演技はなかなかのものだったに違いない。風貌から、、悪役も絶対に似合ったと思う。生きていれば両方できる俳優になっていたはずだ。私個人としては、髪の毛の不自然な黒さがちょっといただけないと思った。映画ではよく、「ワル役」を演出するときに、髪を黒にするように思うけれど、もう少し明るい色でもよかった気がする。でも、そうしないと、悪役に見えない’’青さ’がまだ23歳のリヴァーにはあったとも言えるな。

目の前でリヴァーが動き、しゃべる、ということ自体が感動で、あまりストーリーのことは考えられなかったけれど、実際のリヴァーともしかしたら近いキャラクターを演じていたのではないかと思う。文明に押しつぶされそうな純粋な青年。実生活と重なり、悲しいエンディングだった。 でも、絶対に観ることはできないと思っていたフィルムだったので、ほんとうにうれしかったです。 もちろん、パンフレットを買いました。リヴァーの経歴、リヴァー来日時の様子、リヴァーが出演したかも知れない映画のこと、など盛りだくさんの内容でとてもよいパンフレットでした。
e0123392_0262294.jpg

by oakpark | 2014-05-02 00:26 | RIVER PHOENIX | Comments(2)

いつまでも暑い夏   

今年の夏は暑い。いつまでも暑い。そろそろ疲れてきた。早く涼しくなって欲しい。

そう、30分ほど過ぎてしまったけれど、8月23日はリヴァー・フェニックスの誕生日でした。生きていれば40歳! ふと今思い出して書きたくなりました。そういえば、このブログを始めて一度もリヴァーの誕生日に日記を書いていないことに気づきました。不義理をしてしまった。

8月は原爆投下の日があり、終戦の日があり、お盆があり、エルヴィスの命日があり、リヴァーの誕生日がある。いろいろ考えさせられる季節です。暑ければ暑いほど、せつない気分になったりもします。

リヴァー・フェニックスのファンになったのは、映画をよく見るようになった7~8年前。「旅立ちのとき」という映画を見たときだった。その後たくさんの映画を見たけれど、そのときのリヴァーほど惹きつけられる俳優さんにはまだ出会ったことがない。それほど「旅立ちのとき」でのリヴァーは私の中に鮮烈な印象を残した。今ではあまりリヴァーの事を思い出さなくなったけれど、時々映画を見ていて、リヴァーに似た俳優さんを見つけると「あ、すこし似てるかな?」と思ったりもする。逆に言うと、そんなときは必ずリヴァーを思い出す。それほど今でも大きな存在なんだな、リヴァーは。

「愛と呼ばれるもの」という生前最後の映画で歌声を披露したリヴァー。ちょっとハスキーで頼りない歌い方。そこが魅力だったりもするけれど、歌手として成功するにはもう一歩だったのかもしれないな。歌より、演技や存在感が際立っていたアーティストだったと思う。

by oakpark | 2010-08-24 00:31 | RIVER PHOENIX | Comments(2)

今日は何の日?   

久しぶりの日記になりました。今年はゆっくりと1週間帰省していました。充実した良い夏休みでした。このことについてはまたあらためて日記に書きたいと思います。

さて、「今日は何の日?」です。
きょう、8月23日は、リヴァー・フェニックスの誕生日です! そして、私が好きだった海外TVドラマ「かわいい魔女ジニー」の主演女優、バーラ・イーデンの誕生日でもあります。 そんでもって、ベラ・マイルズという往年の女優さんの誕生日であるということが先ほど判明いたしました!
すごい。なんか偶然でびっくり~~。

私がベラ・マイルズという女優さんの名前を聞いたのは、リヴァー最後の作品「愛と呼ばれるもの」(The Thing Called Love)という映画の中でした。リヴァーが好きになった女の子を映画(ドライブ・イン・シアター)に連れて行くシーン。中には入らず遠くからスクリーンを見ながら映画のストーリーを女の子に話す。「ジョン・ウェインとジェームズ・スチュアートがベラ・マイルズを取り合うんだ。。。」って。二人が見ている映画が何なのかもずっと気になっていたのですが、最近になって、これが「リバティーバランスを撃った男」だということが分かりました。リヴァーが映画の劇中で名前を口にする、実在の女優さんと誕生日が同じだなんて。なんだか不思議です。

不思議といえば、この映画、「愛と呼ばれるもの」のほうですが、エルヴィスとも関係が深いのです。リヴァー演じるジェームズは、カントリー歌手を目指して、テネシー州ナッシュビルで行われているコンテストに参加します。そして、そこで出会った女の子、ミランダ・プレスリーと恋に落ちるのですが、実はミランダのお父さんはエルヴィス・プレスリーの大ファンで、幼いミランダにいつかグレースランドに連れて行ってやると約束していたのです。しかしお父さんはその約束を果たす前にこの世を去ってしまっていました。この話を聞いたジェームズがミランダと二人でグレースランドに行こうとするわけ。 エルヴィスの写真も出てくるし、エルヴィスの曲も2曲流れるのです。この映画を見た当時は、エルヴィスファンではなかったので、エルヴィスが出てくるシーンはほとんど気に留めていませんでした。今改めてみてみると、いや~出てくる、出てくる、エルヴィス関連事項が。 意識しているかどうかでこうも映画の見方が変わってくるのですね~。
ちなみに同じくコンテストを受けに来たメンツのなかには、 ブレイク前のサンドラ・ブロックもいます。歌声も聞かせていますよ~。 サンドラファンにも必見の映画!
e0123392_1182553.jpg


この映画の中で、リヴァーもたくさん歌声を聞かせてくれているのです。というか、もともと歌手希望だったリヴァーは、自分で歌えるということで、自らこの映画に出たいと申し出たそうです。当時売れっ子だったリヴァーがこの地味な脚本に興味を示したことを、ピーター・ボクダノヴィッチ監督(「ラスト・ショー」を撮った名匠♪)はとても驚いたそうです。ミランダを演じたサマンサ・マシスもリヴァーが出演するということで、出演を決心したとか。この映画の後、二人は実生活でも恋人同士になります。 リヴァーが歌う歌の中で、 私が一番好きなのは「Until Now」という曲。リヴァーのハスキーボイスがなかなかよいのですよ。これです。

このとき22歳。
翌年、23歳の10月31日、ハリウッドのサンセット・ブルバードにあるクラブ前の路上に倒れて亡くなってしまいます。
8月23日生まれのリヴァーは23歳になるのを恐れていた、とどこかの記事で読んだことがあります。自分の死期を感じていたのでしょうか。。。 
歌手を目指していながら、両親と4人の弟妹を養うために役者の道に進み、学校にも行かず一家の大黒柱として常に緊張を強いられていたリヴァーは、普通の人が経験するような子供から大人へのゆっくりとした成長の過程を踏めなかったのかもしれません。
子供のまま23歳になった一方で、23歳にしては老成しすぎていたのかも。


ともあれ、残りの8月23日生まれは、バーバラ・イーデン74歳、ベラ・マイルズ79歳とか。
いつまでもお元気で!

そして、リヴァー、Happy Birthday! 生きていれば38歳ですね。
あなたのやり残したことはしっかりホアキンが受け継いでいますよ~。
最新作「帰らない日々」もおもしろそう。DVDになったら見ますね!


*追記
こんなの見つけました。リヴァーのすんごいレアな映像が入っています。はじめて見ました。
youtubeはすごい。曲もぐ~~、ね。 これです。

by oakpark | 2008-08-23 02:03 | RIVER PHOENIX | Comments(14)

リヴァー・フェニックス映画「恋のドッグファイト」   

e0123392_2314996.jpg


私が映画好きになるきっかけが、リヴァー・フェニックスでした。当時、とてもストレスのたまる仕事をしていて、現実から逃避したくて、レンタルショップに行き、ふと手に取ったのがリヴァーの「旅立ちのとき」という映画でした。青春映画が好きなので、青春映画を観て元気を出そうと思ったのです。

この映画を観て、主演のリヴァー・フェニックスの、どことなく寂しげなまなざし、ひりひりとした無垢さ、傷つきやすそうな暗さ、そういった不思議なたたずまいに惹かれ、その後次々とリヴァー映画を観て行きました。そして、映画っていいなあ、と初めて映画のよさを意識したのです。「旅立ちのとき」については、また別の日に書きますが、この作品と1,2を争う、私の好きなリヴァー映画が、今回の「恋のドッグファイト」です。この映画はストーリーもさることながら、音楽がいいのです。音楽に疎いわたしは、何曲かは、この映画ではじめて聞き、あとになって有名な曲だと知りました。へ~、「恋のドッグファイトの曲だ」と思ったものです。やはり私は、音楽が印象深い映画が好きだなあ。
e0123392_23145275.jpg


1963年、明日から沖縄経由でベトナムに出征することになっている若き海兵隊員たちは、サンフランシスコでの最後の晩を楽しもうと、あるゲームを企画する。街に繰り出し、一番ブスの女の子をパーティ会場であるクラブに連れてきたものが勝ちという「Dogfight」というゲームだ。仲良し4人組、「フォービーズ(4B’s)」もこのゲームに参加することにする。彼らは、新兵時代、苗字がBから始まるということでいつも一緒に苦しい訓練に耐えてきた仲間だった。

エディ(リヴァー・フェニックス)は、雨を避けるためにたまたま入ったカフェで、片隅でギターを爪弾きながら歌を歌う少女を見つける。この店のオーナーの娘のローズ(リリ・テイラー)だった。彼女を連れて行こうと決心したエディは「ボブ・ディランはジム・スウェインに影響を受けたんだってね」とでっち上げの情報をえさにして彼女をくどこうとする。「楽しいパーティがあるから来ない?」というエディの熱心な誘いに、オーナーである母との関係を窮屈に感じていたローズは街に出て母から解放されたいと思い、エディの誘いに乗ることにする。これが「Dogfight」というゲームだと知らずに。

パーティ会場に行く道すがら、ローズとおしゃべりをするうちに、彼女の純粋さに心動かされたエディは、ゲームをやめようとするが、ローズは気づかない。ついにゲームが始まり、そのことを知ったローズは激怒。ひどく傷つき家に帰ってしまう。深く反省したエディは、彼女に家にあやまりに行き、本当のデートに誘う。

ここからがすばらしいの♪
二人の表情、恥ずかしがりながらも徐々に近づいていく様子がとてもリアルで泣ける。リリ・テイラーは本当にすばらしい女優さんです。

ここからのシーンで使われている曲は全部好き!
中でも、楽しいデートシーンに使われた、トーケンズの「ライオンは寝ている」、ローズがエディに歌って聞かせる、「雨を汚したのは誰(What Have They Done to the Rain?)」、ベトナムへ出征していく若者を映しながらの「We Shall Overcome」は時代を感じさせる選曲。そして、ハイライトシーン、二人が結ばれてから別れるまでのシーンで使われたボブ・ディランの「くよくよするなよ」は、もう、大・大・大好きです! この曲を聞くだけで泣けてくる~。
映画でチラッと映った、この曲が入っているレコードジャケットも素敵で、このCDを買ってしまいました。「Freewheelin'」というアルバム。ボブ・ディランが当時の恋人と楽しそうに歩いている素敵な写真。その後、何かの映画にもこのジャケ写真が出てきて、有名なアルバムだと知りました。
e0123392_23153893.jpg


最後のシーンがこれまたいい。

ここからネタバレですが、といってもこの映画なかなかレンタルショップにないので、皆さんが観ることのできる可能性は低い(と思う)ので、書かせてください! でも、読みたくない方は読まないでください。

戦場で親友3人を失い、自身も負傷して、思い出の地サンフランシスコに戻ってきたエディは友情の証に「フォービーズ」(4bees)つまり4匹の蜂の刺青をいれ、ローズのカフェを訪れます。出征前夜、エディがローズとデートをしていたときに、残りの3人がそれぞれ腕に一匹ずつ蜂の刺青を入れていていたのに、エディだけ入れることが出来なかったので、その償いに4匹の刺青を入れたのでした。

ローズのカフェに行く前に立ち寄ったバーでのおじさんたちとの会話もいいの。これも書きたいけれど、あまりにも全部書いてしまうことになるのでやめておきます。リヴァーは声もいいのです。ちょっとハスキーで。このシーンのリヴァーの声が好き♪

街はヒッピーがあふれ、一見してベトナム帰りとわかるエディは、すれ違った若者に「何人の赤ん坊を殺してきたんだ」と心無い言葉を投げつけられます。このときに流れていた曲が「Groovin'」。けだるいこの曲がこのシーンの雰囲気にぴったりはまっていました。つらい経験を経て、昔のやんちゃなエディではなくなっているのに、時代はそれとは関係なく、先に進んでいってしまっている。感情をなくしたようなエディの無表情さが悲しい。そして、自分を受け入れてくれるであろう唯一の人であるローズのいるはずのカフェの扉を開ける。。。。 初めてわずかに感情を表したエディ。ああ、このときのリヴァーの表情が最高です!!

なんて素敵な映画なんでしょ。それなのに、この映画公開当時の1991年に、日本未公開で、現在DVDにもなっていません。もっとしょーもない映画もDVDになっているのに、この映画もDVDになってほしいな!もしかして「ブスをゲットした人が勝ち」というストーリーがネックになっている?そんなことないよね!! だって、本当にすばらしい純愛の物語なんだから~~~。

監督は、女性の、ナンシー・サヴォカ監督。地味なエンディングに映画会社のお偉方が、もっと派手なものにしろと圧力をかけてきたそうですが、監督もリヴァーもリリ・テイラーも大反対し、この形のままになったのだとか。 たしかに地味なエンディングではあります。。でもそこがいいんです!ほんとお奨めです!

あと、音楽的には、パーティシーンで使われていた、リッキー・ネルソンの「Traveling Man」も印象深い。リッキー・ネルソンのことはエルヴィスファンになってから知りました。

それと、ブレンダン・フレイザーがほんのちょいやくで出ています。多分、これがデビュー作(?)撮影後のパーティでリヴァーと握手し「一緒のシーンがなくて残念だった」と言われたそうです。

by oakpark | 2008-06-19 23:35 | RIVER PHOENIX | Comments(32)

リヴァーの命日   

きょう、10月31日は、1993年に23歳で亡くなった、リヴァー・フェニックスの14回目の命日です。

リヴァーは、ハロウィンの朝1時ごろ、ロサンジェルスのサンセット通り沿いにある、ヴァイパー・ルームというクラブから出たところの歩道に倒れ、そのまま亡くなりました。死因は薬物過剰摂取。当時ヴァイパー・ルームの共同経営者のひとりが、ジョニー・デップで、ジョニーもその日お店にいたとかいないとか、その辺は定かではありません。一緒にいた、妹のレインが必死に蘇生を試み、弟の、当時19歳のホアキンは悲愴な声で救急車を呼びました。仲良しだった、レッド・ホット・チリ・ペッパーのフリーは、救急車に一緒に乗り、病院までついていったそうです。

死因が「薬物過剰摂取」だったということで、リヴァーのことを薬物依存症だったと思っている人もいるようですが、本当はそうでないのです。常習的に使っている時期もあったかもしれませんが(「愛と呼ばれるもの」撮影時はかなりおかしかったらしい)、亡くなった時は、長らく、薬物を絶っていて、久しぶりの摂取だったのです。それが却って心臓に悪かったという説もあります。

当時、リヴァーは「ダーク・ブラッド」という映画をアリゾナの砂漠地帯で撮影中で、薬物とは関係のない生活をしていました。しかし、この撮影は23歳のリヴァーにはとてもつらいものだったそうです。人里離れた僻地での撮影、同年齢の話し相手になる役者はおらず、さらに、監督と主演のひとり、ジュディ・デイビスがとても仲が悪く、撮影現場の雰囲気は最悪だったとか。リヴァーにしてみれば、大好きな映画「未来世紀ブラジル」の俳優、ジョナサン・プライスと共演でき、喜こんでしかるべきなのに、実際は、楽しい撮影ではなかったようです。ジュディ・デイビスがリヴァーをいじめた、という話も残っています(なので私は、その後ジュディ・デイビスが嫌いになりました)。リヴァーは、寂しさを紛らせ、テンションをあげるため、「愛と呼ばれるもの」で共演した恋人のサマンサ・マシスや、母親に撮影現場に来てもらったりしていました。もちろん、どちらも来ることができないときもあったそうです。

思うに、エルヴィスにしても、映画撮影時はいつも大勢の仲間を連れていたそうで、役者にとって、特に、人付き合いの苦手なスター役者にとっては、撮影所はこの上なく孤独な場所なのでしょうね。

そんな、リヴァーにとってつらい撮影でしたが、室内のシーンを撮るために、ロスに移動し、2~3日の休みをとることができました。久しぶりの都会。久しぶりの仲間。リヴァーはちょっとは羽目をはずしたかったのでしょうね。10月30日土曜日の晩、リヴァーは滞在していたホテル(確か日本人街にあった、ニッコーホテルだったと思う)の部屋で仲間を集めてパーティをしました。その時に何かのクスリを摂取したのでしょう。その後、数人でヴァイパールームに移動。そこでも、知り合いか誰かに薬を渡され、深く考えずに飲んでしまったのではないでしょうか。「よお、リヴァー、久しぶり!いいブツが手に入ってんだぜ。ちょっと試してみないか」てなことを言われて。。。

そして、その飲み合わせが悪かったようです。クリーンな体に衝撃が強すぎた。気分悪くなったリヴァーは仲間に体を支えられながら店の外にでて、そのまま倒れてしまうのです。

なんという、不運な、悲愴な最期なのでしょう。

もっと、慎重に行動すればよかったのに。
もっと、自分の体をいたわればよかったのに。
そう思わずにはいられません。

しかし、なんでも極端に走ってしまう、破滅型の人生を歩んできた、心優しいリヴァーにとってあれが精一杯の人生だったのかな、と思ったりもします。
10歳の頃から路上で歌い、大家族を支えてきたリヴァー。きっと、今頃は天国で大好きな歌を歌いながら、ストレスやプレッシャーから解き放たれて楽しく暮らしているかな。

「スタンド・バイ・ミー」をはじめ、映画に残した彼のピュアな演技、美しい姿は、いつまでの映画史に残ると思います。

さて、このリヴァーが亡くなった、1993年の10月31日ですが、私は、なんと、ロスに住んでいたのです。で、思い出しますと、昼ごろに、1歳半の長女にアラブの女の子のような衣装を着せ(当時、ディズニーの「アリ」が流行っていました)、一番近いショッピングモールの「サンタ・モニカ・プレイス」に繰り出していたのです。ほんの数キロ離れたところで、そんな悲劇が起こっていたなんて。。。

当時私はリヴァーの名前は知っていましたが、ファンではありませんでした。その数日後、買い物に出かけたスーパーのレジあたりに置いてあった雑誌の表紙で微笑むリヴァーに、なぜか強烈なインスピレーションを受け、すぐにかごに入れたことを覚えています。写真の「People」誌です。発行日は11月15日です。その数年後、たまたまレンタルした「旅立ちのとき」その他でリヴァーのファンになり、この雑誌は私の宝物になりました。なぜあの時、興味もなかったリヴァーの表紙の雑誌を買おうと思ったのかなぞですが。彼の目つき、その笑顔、ひきつけられずに入られない何かがありました。

同じ時期やはりたまたま購入し、日本に持って帰った「People」誌3冊です。
「People」誌は、日本で言うと写真週刊誌のようなもの。芸能人ネタが多いです。
雅子さんの「Reluctant Princess (気の進まないプリンセス)」というタイトルが面白いと思いました。発行日は5月24日です。

あれから14年なのですねえ~。
e0123392_1321525.jpg
[
e0123392_1342579.jpg

by oakpark | 2007-10-31 01:33 | RIVER PHOENIX | Comments(0)