カテゴリ:ちょっと思ったこと( 1 )   

美容院のこと   

カテゴリに、「ちょっと思ったこと」を追加した。

生まれて初めて自分で選んだ美容院に1人で行ったのは小学校6年生の頃。友達の内山さんと同じような流行のオオカミカットにしたくて、勇気を出して内山さんにそのお店のことを聞き、少し遠かったけど自転車で1人で行ったことをよく覚えている。
それ以来、何軒の美容院、何人の美容師さん(最近はスタイリストといいますよね)に髪を整えてもらっただろうか。
若い頃は、結構高い美容院に行き、結構高いシャンプーを買ったりしていたこともあった(社会人一年目長女が今まさにその状態)が、今はしてもらいたいことは自分でわかってるし、自分に期待もしていないので、かなりリーズナブルなお店に通っている。

しかしひとつこだわっていることが、絶対女性にやってもらうこと。10年ほど前に嫌な思いをしたことがあるから。それ以来、いつも女性を指名するのだが、数年サイクルで皆さんやめてしまったり、お店を移ったりする。みんな若く、そしてみんな綺麗な手をしている。

そこで気になることがある。ここからが本題だ。

私はいつもヘアダイではなく(地肌に刺激が強いので)ヘアマニキュアをしてもらうのだが、これはすごく指に色がつきやすい。美容師さんはみんな、最後に私の髪を洗い乾かしお会計をする頃には指が黒ずんでしまっている。

同い歳くらいの娘を持つ私は最近急にそう思うようになったのだが、なぜ手袋をしないのだろう。今まで美容師さんが手袋をしているのは見たことがない。ただださえも水を使うし、ときには強いお薬持つから。手が荒れやすい仕事だと思う。

と言いつつ、実は私も7〜8年前までは反手袋派だった。私の母が使っていなかったし、ゴム手袋して洗い物をすると泡が落ちてるかどうか分かりにくいと思ってた。でも毎年10月くらいから手が荒れるようになり、ハンドクリームをつけても手荒れが改善しないようになり、ついにゴム手袋をつけるようになった。するとこれが快適で。全く手荒れをしないようになったのです。泡切れのタイミングなんて、今までの家事経験からこれくらい流せば取れてるはずってわかるし、心配無用だった。ゴム手袋もいろいろ試し、今では100均で見つけたお気に入りのをいつも使っている。すごく便利。すごく快適。

だから美容師さんも、例えば手術で使うような薄い手袋を使えばいいのにな、せめて冬場は、と思うのです。

会計の時、いつも、申し訳ないなあ、と思いながら美容師さんの手を見てしまう私です。

歳とると、いろいろ世の中のことの見え方も変わってきますね。
そう行ったことも含めて、「ちょっと思ったこと」に書いていこうと思います。「雑感」とどう違うのか、という話もありますが。

by oakpark | 2016-12-10 12:09 | ちょっと思ったこと | Comments(0)