カテゴリ:イベント( 1 )   

町山智浩×モーリー・ロバートソン アメリカ大統領選挙をしゃべり倒す   

カテゴリに「イベント」を入れました。
最近、映画評論家の町山智浩さんがらみのイベントによく行きます。町山智浩さんはアメリカ在住なので、日本に来た時に固めて仕事をされているようで、イベントに行く私たちも(いつもお友達のMさんと行きます)、連日町山さん詣でになってしまうことがありまして(というか、今回初めてですが)、 昨日、今日、一週間後と、3回連続で イベントに出かけます。そろそろ、町山さんに顔を覚えられ「このおばさんたち、ストーカーみたいで気持ち悪いなあ」と思われないか心配です。でも、町山さんのお話はおもしろくて勉強になり、ときどき過激ですが、笑いもあって、なかなか楽しいので、 できるだけ行こうねと友達とも話しています。

そして、昨日、ちょっとびっくりすることがあったのでこちらに書いておこうと思いました。昨日のイベントは、町山さんがモーリー・ロバートソンさんと、アメリカ大統領戦について対談するというものでした。今回の大統領戦は、私としてはとっても興味があり、テレビ討論会も3回とも全部観るというくらい関心があるので、町山さんがらみということもあり、ぴったりの企画でした。

ただ、モーリー・ロバートソンさんという人はどういう人なのか、全く知りませんでした。フジテレビの遅い時間のニュース番組で、番組を降板したショーンKさんの後釜として出演しているということは知っていましたが、番組もまともに見たことはありませんでした。友達が、トップレベル大学にたくさん合格した頭の良い人らしいよ、と言っていたので、そうかあ~、と思っていた程度でした。

いよいよお二人が登壇し、すぐに大統領戦について語り始めるのかと思いきや、町山さんが、一冊の本を出してきて、「これはだれでしょう。30年前のモーリーさんですよ」と言ったのです。そのとき、私は、あっ!と思わず声を出してしまいました。
e0123392_22105019.jpg

この表紙のモーリーさんに、私、30年前に会ってる!とすぐにわかりました。当時、私はアルク社の「イングリッシュ ジャーナル」という雑誌を毎月購入していました。この雑誌は、毎回話題の人のインタビュー記事と、その音声を録音したカセットが別売りであるのが売りでした。今でこそ、英語はどこででも聞くことができますが、当時は、英語のインタビューの音声なんてとても珍しかったのです。教材用によそ行きの声で録音されたものや、せいぜいニュースの音声くらいでした。普通にしゃべるインタビューの英語はとても珍しく、私は毎回楽しみにしていました。これは今もある雑誌で、現在はCD付きで1512円ですが、当時は、雑誌とカセットが別売りで、確かカセットだけで1700円くらいしたと思います。購入した雑誌のひとつに、モーリーさんが取り上げられていたのです。この「よくひとりぼっちだった」という本が出る前後だったのでしょう。本の内容、つまり、アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれ、アメリカでも日本でも居場所がなく、つらい少年時代をすごしたことや、東大とハーバードに同時に合格したことなどをインタビューで語っていたのだと思います。このインタビューが私はなぜかとても印象に残りました。なぜだかはよくわかりませんが、ほかのインタビューは忘れているのに、モーリーさんのことははっきり覚えています。きっと、この人の英語の発音や声が好きだったのだと思います。何度も聞いて、人にも聞かせたような気もする。そのくらい好きな音源でした。結婚して引っ越してもしばらくは持っていたと思うけれど、もう捨ててしまいました。写真でみる若きモーリーさんの憂いのある表情もなんとなく魅力的でした。

それが、それが、今こんな形で再会することになるとは。。。。
昨日のモーリーさんの日本語は、ものすごい早口で、ちょっと甲高く、私が惚れた声ではありませんでした。でも、時々、英語をしゃべったときは、少し当時の面影があったように思います。なんで日本語だと声が高くなるのでしょうか。。。

「よくひとりぼっちだった」というタイトルが、少し不自然な日本語で覚えていたのと、モーリー ロバートソンという名前も私の頭のどこかに残っていたような気がします。あまりにも懐かしく、ヤフオクで探してこの本を注文してしまいました。フジの「ユアタイム」も時々は観てみようかなと思います。でも、ほんとびっくりしたわ~~~。

e0123392_22315334.jpg

by oakpark | 2016-10-30 22:32 | イベント | Comments(0)