2009年 11月 24日 ( 1 )   

マイケルとフレディ   

音楽ネタ続きます。
マイケル・ジャクソンの「This Is It」を観てきました!
e0123392_22201276.jpg


エルヴィスファンの方たちがブログなどで、とても褒めていたので、これは絶対観なければ、と思いまして、映画仲間のお友達を誘い、何とか時間をやりくりして観て来ました。映画館が満員なのを見るのは久しぶりだったかも。前のほうの席しか空いていなくて、大画面を見上げる格好でしたが、これがかえってよかったのです。大迫力でマイケルのステージを堪能できました。とってもよかった。感動しました。

ロンドンで開かれる予定だったコンサートのリハーサル映像から構成された映画と聞いていたので、きっと、うまいことつぎはぎして、過去の映像なども挿入しながら、感動的に仕上げているんだろう、などとたかをくくっていたのですが、全くそうではありませんでした。正味リハーサル映像のみ。一箇所、マイケルがジャクソン・ファイブ時代の名曲、'I Will Be There' をリハーサルしているときだけ、過去の映像が流れましたが、それ以外は、2009年のマイケルでした。

私はマイケル・ジャクソンのことはあまり知らないので、もしかしたら全盛期の頃と比べると、少しは衰えているのかもしれないけれど、私の目には、今でも十分凄いマイケルがそこにはいました。歌ももちろんいいのですが、ダンスがすばらしい。きびきびとリズミカルに独創的に動くマイケル。厳しいオーディションをくぐり抜けたマッチョな(意外!)ダンサーたちを従えて、全く遜色なく、いや、彼らをリードする形で動くマイケル。曲が終わっても息が全然乱れていない。ダンサーたちは肩で息しているのに。 そういう映像だけを使っているのかもしれないけれど、元気で若々しいマイケルがそこにいました。これで50才だなんて! すらっと細くて足が長く、手が大きいのですね。だから動きが映えるのです。こんなふうなアーティストだったんだなあ、と改めて思いました。

しめっぽい演出などもいっさいなかったけれど、私がちょっとうるっと来たのは、やはり、'I Will Be There 'のリハーサルのときに、家族の名前を口にしたとき。兄弟には「愛しているよ」と、そして両親には 'God Bless You’ と言っていました。きっと、このコンサートを自分のアーティスト人生の集大成にするつもりだったのでしょうね。だから、これほど、念入りに丹念にリハーサルを重ねたのでしょう。ステージの演出もすばらしいものになるはずだったようです。でも、この極度の入れ込みが、もしかしたら彼の寿命を縮めてしまったのかもしれません。

I Will be There (大人のマイケル)
I Will Be There (子どものマイケル)

一緒に行った友達は、マイケルが若い女性ギタリストに「ここは君の見せ場なんだから、もっと目立つ音を出して。僕はここにいるから」(うろ覚えなので、少しせりふが違っているかも)、と言ったときにうるっと来たと言っていました。他にも、’共演者’をたてようとしているシーンがありましたねえ。多くの人がそう言っているように、優しい人だったんだなあ、と私も思いました。突飛で奇抜だけれど、心根は優しい人だったのだと思います。

そういえば、そういう人がもう一人いました。今日11月24日が命日の、Queenのフレディ・マーキュリーです。フレディもマイケルに負けず劣らず奇抜で、でも同時にとても繊細で優しい心を持った人だったと思います。今日、次女をピアノに送っていく車のカーラジオでQueen 特集をやっていて、なんとも言えず懐かしい気分に浸ってしまいました(一時とてもファンだったので)。久しぶりに聞いた、初期の曲、'Keep Yourself Alive’がかっこよかった。ブライアン・メイ作曲だけあって、ギターが独特。 

マイケルとフレディ、少し似ているところがあるようにも思えるこの二人、意気投合して共演しようとした時期もあるのです。私が知っている範囲では、「ステイト・オブ・ショック」という曲と、フレディのソロアルバムに入っている曲、「There Must be More to Life Than This」を一緒に歌っています。他もにあるのかもしれません。この二人、並べると濃いわ~。


今頃二人は、空の上で、また一緒に歌っているかもしれませんね。

by oakpark | 2009-11-24 23:26 | 映画 | Comments(4)