映画とファッション   

映画を観るときの楽しみの一つに女優さんのファッションがあります。素敵だな~と思うスタイルを見つけるとうれしくなって真似したくなります。真似しようと思っても手持ちの洋服に真似したいスタイルに合うものがなければ買いに走る場合もあります。そして、私に「即買い」をさせた映画というのは「スィート・ノーベンバー(2001)」であります。この映画でのシャーリーズ・セロンのファッションは、ほんとかわいかった。まず登場シーンがこれです。
e0123392_22244296.jpg

この後も色違いで何度も出てくる網目模様の三角ショールを買いました。それと、指先のないアースカラーの手袋。
これもかわいいですよね~。確か私がこの映画を観たときはフリース全盛だったのですが、すごくニットを着たくなったことを覚えています。
e0123392_22262078.jpg

スカート姿のこれも可愛い。
e0123392_2228329.jpg

病気が悪化したシーンなので、シャーリーズ・セロンの表情も洋服の色も地味ですが、おしゃれです。
e0123392_22304571.jpg


次に去年の5月に劇場で観た「ラブソングができるまで」のドリュー・バリモアのスカーフ使いも可愛かったです。その後私もいつもスカーフをするようになりました。もともとベストも好きなのでこの映画を観て昔のベストを引っ張り出し、5月中旬にあった子供の運動会はベストにスカーフといういでたちで行きましたら、夫に「どこにいるかようわかってよかったわ」と言われました。異様な雰囲気だったのでしょうか。
e0123392_23162347.jpg
e0123392_2317116.jpg

少し前の映画だと「ユー・ガット・メール(1998)」のメグ・ライアンのファションも好きでした。
カジュアルだけれどセンスがいいの。メグのように顔が小さくて首が長くて足が細くないと似合わないんだろうな~。このかんじが好き。下はグレーの短めのスカートに黒のタイツ。メグ・ライアンは私の中では「一番白シャツが似合う女優さん」
e0123392_2240512.jpg

クリスマス前後のシーンでは黒のシンプルなワンピースやジャンパースカートがかわいかった。春のシーンは柔らかな色合いのアンサンブルセーターやカジュアルなパンツ姿が素敵だった。病気で寝ているときにトム・ハンクスが突然見舞いに来て、あわてて玄関にかけてあったゆったりしたトレンチコートを羽織るのもかっこよかった。肩章なしのベージュのトレンチコートがほしいなあと思ったものです。

自分では真似できないけれど可愛いな~と思うファッションも映画にはたくさん出てきますね。「ある愛の詩(1970)」はモデル出身のアリ・マクグローが主演だけあって、可愛いファッションがたくさん。もう年齢的にこんな格好はできないけれど、あと30歳若かったら真似したかった。長いマフラーが素敵
e0123392_22442188.jpg

マクグローのスカートとマフラーが黄色系でライアン・オニールのセーターも黄色系。
e0123392_2246629.jpg

ウエストが細い
e0123392_22472145.jpg


そして最後に年齢的にはオーケーかもしれないけれど時代的にも体型的にも私には無理な憧れのファッション、1930年代ファッションです~。この手のスタイルをはじめて見たのは「華麗なるギャツビー」のミア・ファローで、でした。映画を観た当時、昔にこういうファッションが流行ったということも知らなかったので、へんな格好をしているなあと思ったものです。 先日話題に出た「五線譜のラブレター」のアシュレー・ジャドだとこんな感じ。
e0123392_22514149.jpg

髪はうねうねとウェーブしているのが特徴。水泳帽みたいなぴったりした帽子をかぶっている場合もありますね。ネックレスはじゃらじゃらと長く、背中の大きく開いたすとんとしたワンピース。そう、問題はここにあります。こういうタイプのワンピースって背中が大きく開いているから下着での体型の補正ができないわけですよ。だから、胸の小さい人は悲惨です。先日観た「つぐない」でキーラ・ナイトレイがやはり30年代ファッションでしたが、ほんとうにぺちゃんこだったな。
でも、妖艶で素敵なファッションですよね~。 一度着てみたい、、、、、ウソ。

でもまあ、とにかく、どんなファッションでも堂々としていることが大切でしょうね。似合っても似合わなくても。堂々としていれば自然に似合ってくるのかも。でも、年齢が上がるにつれ、できるファッションが限られてくるっていうのはさびしいなあ~。たまにがんばると娘に「おかあさん、いたい」と言われるし。でも、まだまだがんばりたい。

by oakpark | 2008-12-05 23:09 | ファッション | Comments(12)

Commented by willow42 at 2008-12-09 19:34 x
う~ん、楽しい。
映画の中のおしゃれの話って、大好き。
うんとゴージャスなのも良いけれど、やっぱりマネしたくなるような
身近な感じのおしゃれが出てくると、それだけでその映画への好感が
30%くらいアップするね!
3枚目の写真の、スカートと靴下の間から細い脚が見えてる感じが、可愛い。
前にもコメントで書いたけど、私が一番マネしたいのは『俺たちに明日はない』
のフェイ・ダナウェイの30年代ファッションよ。
このテイストは、年齢的にもまだまだ当分いけると思うわ(笑)。
あのVネックのシルクのブラウスが欲しいよ~~。
『つぐない』のファッションも素敵。特にあのブライオニーの少女ファッションが好きだわ。
キーラ・ナイトレイ胸が無いのは知ってたけど、下半身が今ひとつだってことに
この映画で初めて気づいたわ。
今までもっと古い時代のコスチューム・プレイしか見ていなかったので、
腰から下のプロポーションが不明だったのよ。
でも下半身をカバーして有り余る魅力があるのは間違い無い。
Commented by June at 2008-12-09 23:39 x
♪ willow 42 さん

登場人物がおしゃれな映画ってスタイリストさんがいいんだろうな~、って思いますね。話題の「セックス・アンド・シティ」はどうなんだろう。宣伝しか見たことないけれど、私の好みではなさそうな気がする。もっとさりげないおしゃれが好きだなあ。 willowさんも「つぐない」を観たんですね。そうそう、ブライオニーのローウエストのワンピースかわいかったね。わたし、中、高生の頃、ローウエストに憧れたけれど、母が絶対ウエストマーク派で、着せてもらえなかった。今これやると、年齢高すぎる妊婦?ってかんじですよ~。
「俺たちに明日はない」のフェイ・ダナウェイかっこいいよね~。ベレー帽も実は結構好きです。中学の修学旅行でかぶっていました。今は勇気ないですね(笑)。
キーラ・ナイトレイの足ってどんなだったっけ?O脚? そこまで見てなかったです~。やせっぽちだけど、色っぽいですよね。
Commented by willow42 at 2008-12-10 16:59 x
>キーラ・ナイトレイの足ってどんなだったっけ?

膝から下が短くて、脚そのものも短くて、形も悪い(ように見えた)。
実は前回コメントした時点では、『つぐない』まだ途中だったの。
今日見終わって、いくつかの意味で結構ハードな映画だったなぁ。
ラスト・シーンは、あれで良いような今ひとつのような…。
Juneさんはどう思った?
「セックス・アンド・シティ」私も宣伝しか見てなくて言うけど、なんか気合い
入ったファッションが多いのかな?
だとしたら、私もあまり好みでは無いかも。
Commented by June at 2008-12-10 21:03 x
♪ wiilow 42 さん

そっかあ。そういう足だったのですね。体つきからして、ちょっと日本人ぽいかも。ひざから下が長くてまっすぐな足ってのはあこがれですよね~。

>「つぐない」
あの、海岸のシーンが印象的だった(ダンケルクという場所らしいね)。最後、時間が前後して、あれ?と思うよね。エンディングは、そうね~、なんだか、狐につままれたようなかんじといおうか、え?ってなかんじでした。
まあ、よい映画だとは思うけれど、(確か、アカデミー賞をとったよね)、すごく名作かというと、そうでもないような気もした。こういうテーマって本で読むほうが味わいがあるのかも。原作は「贖罪」というタイトルらしいですね。でも、とても読みにくかったと、どこかに書いてありました。

でしょ。「セックス・アンド・シティ」。ああいうのをいわゆる『おしゃれ』というのでしょうけれど、ちょっと気合はいりすぎのような。。。 willow さん好みのファッションの映画あったら教えてね~。
Commented by alisonm at 2008-12-11 23:49
ホントホント!楽しい語らい・・・♪
&この映画観たくなりました。シャーリーズ・セロンのファッション・・素敵です。willowぢゃんはフェイダナウェイのあのフッションがお好みなのね!そっかぁ~。わたしは、ネ!って訊いてない?仲間に入れてください。わたしはネ!マリリンモンローが、なんでもないかためのワンピースに、これまたなんでもないカーディガンを羽織ってた姿をまた!観たい!!なんの映画だったか・・・??&やっぱりメグライアンが花柄っぽいワンピースにカーディガンを羽織ってた(たぶん、めぐりあえたら)のが、好きだなぁ~。&オードリーの本屋さんのジャンパースカート姿。等々。。「セックス・アンド・シティ」←これはねぇ~・・・かなりの人を敵にまわすかもしれないけど、観たくない映画です。1950年代60年代あたりが好きかもです。デザイナーはジバンシーが好きです。
Commented by June at 2008-12-12 23:56 x
♪ alisonm さん

どうぞ、どうぞ、お入りくださいませ~。
私も、「麗しのサブリナ」でのオードリーのジャンパースカート好きです!この映画、どうしてもサブリナパンツのことが話題になりがちだけれど、最初の本屋のシーンのジャンパースカートが可愛いですよね。マリリン・モンローのって何の映画かなあ。もしかしたら、nandakanda46さんに勧められて観た「ノックは無用」かしら。マリリン、かなり地味めのファッションでした。 「めぐりあえたら」のメグはロングヘアで、スカートが多かったように思いますね。トム・ハンクスとの黄金コンビ! 
alisonmさんも「SAC」反対派?よかったあ~。わたし、なぜみんながあんなに大騒ぎするのかよくわからない。タイトルも女性の描き方もお下品な気がするのですよ。とかいって、私は一応レンタルになったら借りてみようかとは思っています。一応ね(笑)。

>1950年代60年代あたりが好きかもです
わたしもなのです。だから、最近上着もナイロン素材より、ウールやニットを好んで着ています。古きよき時代のファッションが好きです~。
Commented by alisonm at 2008-12-13 19:38
うふふ・・・趣味が同じな感じで嬉しいです。
マリリン・モンローのヒョウ柄もチョーおしゃれなの。全然ケバくなくて・・上品で。なんの映画だったか?ってまたこれだよ^^;)
「SATC」はねぇ~・・人間の尊厳をおびやか・・・見てないから、あんまり言えないけど、ありえない・・・と思う、今日この頃です。
ファッションが売りの新し目の映画で好きなのは、「プラダを着た悪魔」かな。って、新しくない?笑

>古きよき時代のファッションが好きです~。

ですよね。じゃぁ。千鳥格子の白黒orグレー白とか好き?
カーディーガンの一番上のボタンを留めてる姿に、
かなりノスタルジーを感じます。
&「サイダーハウスルール」のシャーリーズ・セロンの着てるもの、
全部素敵なのぉ~~((’’(
Commented by June at 2008-12-14 00:48 x
♪ alisonm さん

マリリンのヒョウ柄ですか。似合いそうですね~。 ヒョウ柄も着る人によって、上品に決まりますよね。でも何の映画か気になりますね~。『ノックは無用』では、ヒョウ柄ではなかったです。

『プラダを着た悪魔』は私も観ましたよ。主演のアン・ハサウェイの「ダサい頃」ということになっている前半のファッションも可愛かったです。後半はがんばりすぎているかんじだし、あまりアン・ハサウェイには似合っていなかった気がしたのですよね~。

おお、白黒の千鳥格子ですか。ノスタルジックで好きですよ。そういえば昔スーツを持っていたなあ~(遠い目)。

>『サイダーハウスルール』
なんと! 実はこの映画は私の中でかなり上位にランクします。この映画でシャーリーズ・セロンを知ったかも。でもファッションには注目していなかったな。もう一度観なくちゃ。ではではぜひ「スィード・ノーベンバー」もご覧になってください!ファッションを観るだけでも価値がありますよ~。 カーディガンと言えば、『奥様は魔女』のニコール・キッドマンの着こなしも可愛かったですよ。
ファッションのことって話がつきませんね!!
Commented by alisonm at 2008-12-14 09:37
juneさん
>『サイダーハウスルール』
なんと! 実はこの映画は私の中でかなり上位にランクします。この映画でシャーリーズ・セロンを知ったかも。でもファッションには注目していなかったな。

そうでしたかぁ~。いい映画ですよね。背景というか、風景もとっても
癒される場所ですよね。リンゴ園や小さな漁港や・・・。
物語も、考えさせられるシーンが多く、登場人物の心の中の葛藤が
それぞれ表情にあらわれていて、グッときました。
Juneさん観てるんじゃないかと、ブログの検索で探してみたのですが
なかった・・・あります?

>カーディガンと言えば、『奥様は魔女』のニコール・キッドマンの着こなしも可愛かったですよ

なぜか、カーディガン姿が好きです。
ニコール・キッドマンの50年代あたり?の背景の映画、未亡人の役で・・・名前がわからんーー;)人種差別を少し扱った
その映画も素敵でした^^;)
>「スィード・ノーベンバー」

是非!観たいです。
Commented by willow42 at 2008-12-14 19:17 x
『サイダーハウス・ルール』は私も好きな映画です(ブログにもちょっとだけ書いた)。
キーランl・カルキンがとにかく好きなのですが、この映画でもキーランが
とても良かったです。
というか、今まで見た出演作の中でキーランが悪かったのはひとつも無い。
子どもなのに、どうしてこんな大人でも難しいような深い心の動きが表現できるのだろう?
と不思議な気持ちになるほどです。

蟻助~、私もカーディガン姿というよりカーディガンそのものが大好きなの!
一時1940~60年代のカーディガンをコレクションしていたこともあるのですよ。
ebayで落札しまくっていました。
特に60年代のものは、なんだか笑ってしまうようなファニーなデザインのものが
あるのよね。
3Dのてんとう虫がたくさんくっついてるレモンイエローのカーディガンなんてのも
持っていました。
でもさすがにもう着られないなぁと思ったときに、全部オークションに出しちゃった。
あのてんとう虫のだけでもとっておけばよかったな~~…。
千鳥格子も好きだけど、チェックだったらグレンチェックが一番好き。
Commented by June at 2008-12-15 00:50 x
♪ willow さん

willow さんも「サイダーハウス」がお好きなのですね! わたし、映画ファンになった初期の頃にこの映画を観ました。だから5年前くらいかな。映画っておもしろい、すばらしい、とのめりこんでいくきっかけになった映画でもある。キーラン・カルキンくん、覚えていますよ~。施設の子でしたね。私はこの映画に関しては、登場人物の誰かと言うより、全体の雰囲気が好きだったなあ。

え~、昔のカーディガンってオークションに出ているの?へ~~~。
見てみたい! e-bay は、その昔、リヴァー・フェニックスにはまっていたころ、関連の雑誌をゲットするために使っていたけれど、衣類は落札したことないです。そんなのもあるのね。カーディガンはやさしい雰囲気が出ますよね。衣類って、自分では着なくてもコレクションとして所有しておく価値のあるものもあるのかな、って最近思っています。絵画を所有するようにね。私も失敗したことあるから、もう着ないとわかっている衣類も、気に入っているのは、大切に置いておこうと思っています。てんとう虫のついたカーディガンって見てみたかったな~。

Commented by June at 2008-12-15 00:50 x
>グレンチェック
そうそう、これが思い出せなかった。私も大好きなんです。昔、グレンチェックのギャザースカートを持っていて、それを近所の裁縫が得意なおぼあさんに、ボックスプリーツスカートに仕立て直してもらったことがあったな~~。

<< フィギュアスケート めちゃくちゃマニアックなエルヴ... >>