リヴァー・フェニックス映画「恋のドッグファイト」   

e0123392_2314996.jpg


私が映画好きになるきっかけが、リヴァー・フェニックスでした。当時、とてもストレスのたまる仕事をしていて、現実から逃避したくて、レンタルショップに行き、ふと手に取ったのがリヴァーの「旅立ちのとき」という映画でした。青春映画が好きなので、青春映画を観て元気を出そうと思ったのです。

この映画を観て、主演のリヴァー・フェニックスの、どことなく寂しげなまなざし、ひりひりとした無垢さ、傷つきやすそうな暗さ、そういった不思議なたたずまいに惹かれ、その後次々とリヴァー映画を観て行きました。そして、映画っていいなあ、と初めて映画のよさを意識したのです。「旅立ちのとき」については、また別の日に書きますが、この作品と1,2を争う、私の好きなリヴァー映画が、今回の「恋のドッグファイト」です。この映画はストーリーもさることながら、音楽がいいのです。音楽に疎いわたしは、何曲かは、この映画ではじめて聞き、あとになって有名な曲だと知りました。へ~、「恋のドッグファイトの曲だ」と思ったものです。やはり私は、音楽が印象深い映画が好きだなあ。
e0123392_23145275.jpg


1963年、明日から沖縄経由でベトナムに出征することになっている若き海兵隊員たちは、サンフランシスコでの最後の晩を楽しもうと、あるゲームを企画する。街に繰り出し、一番ブスの女の子をパーティ会場であるクラブに連れてきたものが勝ちという「Dogfight」というゲームだ。仲良し4人組、「フォービーズ(4B’s)」もこのゲームに参加することにする。彼らは、新兵時代、苗字がBから始まるということでいつも一緒に苦しい訓練に耐えてきた仲間だった。

エディ(リヴァー・フェニックス)は、雨を避けるためにたまたま入ったカフェで、片隅でギターを爪弾きながら歌を歌う少女を見つける。この店のオーナーの娘のローズ(リリ・テイラー)だった。彼女を連れて行こうと決心したエディは「ボブ・ディランはジム・スウェインに影響を受けたんだってね」とでっち上げの情報をえさにして彼女をくどこうとする。「楽しいパーティがあるから来ない?」というエディの熱心な誘いに、オーナーである母との関係を窮屈に感じていたローズは街に出て母から解放されたいと思い、エディの誘いに乗ることにする。これが「Dogfight」というゲームだと知らずに。

パーティ会場に行く道すがら、ローズとおしゃべりをするうちに、彼女の純粋さに心動かされたエディは、ゲームをやめようとするが、ローズは気づかない。ついにゲームが始まり、そのことを知ったローズは激怒。ひどく傷つき家に帰ってしまう。深く反省したエディは、彼女に家にあやまりに行き、本当のデートに誘う。

ここからがすばらしいの♪
二人の表情、恥ずかしがりながらも徐々に近づいていく様子がとてもリアルで泣ける。リリ・テイラーは本当にすばらしい女優さんです。

ここからのシーンで使われている曲は全部好き!
中でも、楽しいデートシーンに使われた、トーケンズの「ライオンは寝ている」、ローズがエディに歌って聞かせる、「雨を汚したのは誰(What Have They Done to the Rain?)」、ベトナムへ出征していく若者を映しながらの「We Shall Overcome」は時代を感じさせる選曲。そして、ハイライトシーン、二人が結ばれてから別れるまでのシーンで使われたボブ・ディランの「くよくよするなよ」は、もう、大・大・大好きです! この曲を聞くだけで泣けてくる~。
映画でチラッと映った、この曲が入っているレコードジャケットも素敵で、このCDを買ってしまいました。「Freewheelin'」というアルバム。ボブ・ディランが当時の恋人と楽しそうに歩いている素敵な写真。その後、何かの映画にもこのジャケ写真が出てきて、有名なアルバムだと知りました。
e0123392_23153893.jpg


最後のシーンがこれまたいい。

ここからネタバレですが、といってもこの映画なかなかレンタルショップにないので、皆さんが観ることのできる可能性は低い(と思う)ので、書かせてください! でも、読みたくない方は読まないでください。

戦場で親友3人を失い、自身も負傷して、思い出の地サンフランシスコに戻ってきたエディは友情の証に「フォービーズ」(4bees)つまり4匹の蜂の刺青をいれ、ローズのカフェを訪れます。出征前夜、エディがローズとデートをしていたときに、残りの3人がそれぞれ腕に一匹ずつ蜂の刺青を入れていていたのに、エディだけ入れることが出来なかったので、その償いに4匹の刺青を入れたのでした。

ローズのカフェに行く前に立ち寄ったバーでのおじさんたちとの会話もいいの。これも書きたいけれど、あまりにも全部書いてしまうことになるのでやめておきます。リヴァーは声もいいのです。ちょっとハスキーで。このシーンのリヴァーの声が好き♪

街はヒッピーがあふれ、一見してベトナム帰りとわかるエディは、すれ違った若者に「何人の赤ん坊を殺してきたんだ」と心無い言葉を投げつけられます。このときに流れていた曲が「Groovin'」。けだるいこの曲がこのシーンの雰囲気にぴったりはまっていました。つらい経験を経て、昔のやんちゃなエディではなくなっているのに、時代はそれとは関係なく、先に進んでいってしまっている。感情をなくしたようなエディの無表情さが悲しい。そして、自分を受け入れてくれるであろう唯一の人であるローズのいるはずのカフェの扉を開ける。。。。 初めてわずかに感情を表したエディ。ああ、このときのリヴァーの表情が最高です!!

なんて素敵な映画なんでしょ。それなのに、この映画公開当時の1991年に、日本未公開で、現在DVDにもなっていません。もっとしょーもない映画もDVDになっているのに、この映画もDVDになってほしいな!もしかして「ブスをゲットした人が勝ち」というストーリーがネックになっている?そんなことないよね!! だって、本当にすばらしい純愛の物語なんだから~~~。

監督は、女性の、ナンシー・サヴォカ監督。地味なエンディングに映画会社のお偉方が、もっと派手なものにしろと圧力をかけてきたそうですが、監督もリヴァーもリリ・テイラーも大反対し、この形のままになったのだとか。 たしかに地味なエンディングではあります。。でもそこがいいんです!ほんとお奨めです!

あと、音楽的には、パーティシーンで使われていた、リッキー・ネルソンの「Traveling Man」も印象深い。リッキー・ネルソンのことはエルヴィスファンになってから知りました。

それと、ブレンダン・フレイザーがほんのちょいやくで出ています。多分、これがデビュー作(?)撮影後のパーティでリヴァーと握手し「一緒のシーンがなくて残念だった」と言われたそうです。

by oakpark | 2008-06-19 23:35 | RIVER PHOENIX | Comments(32)

Commented by willow42 at 2008-06-21 11:06 x
へ~~!そういう話なんだ!すごく見たくなりました。紹介、うまいね ^-^

リバー・フェニックスって、あんまり知らないけれどなんかヨーロッパっぽいというか、
陰翳のある顔をしてるなぁと思います。
弟のホアキンといい、才能のある兄弟ですね。確かレインボー・フェニックという妹が
いたと思うけれど、この人は一度も見たことがないなー。どんな感じなのかしらん。

Commented by June at 2008-06-21 12:21 x
そうなのよ。リヴァーはアメリカ人だけれど、ヨーロッパ的な暗さがあるよね。ホアキンも、スペインとかポルトガルとか、そっち系の雰囲気があるし。妹は、Rain , Liberty ,Summer といて、全部で5人兄弟。Liberty 以外、全員芸能界にはいりました。レインはリヴァーと一緒のバンドで歌も歌いました。最初の頃はこの二人が路上に立って歌を歌い、生活費を稼いでいたらしい。レインは「カウガール・ブルース」という映画にでています。サマーも、結構才能のある女優で、「エスター・カーン」という暗い映画に出ていました。ベン・アフレックの弟のケーシー・アフレックと結婚しました。みんな、いかにもヒッピーの親がつけたっぽい名前ですよね♪ホアキンも本当は、Leaf という名前だったので。

いや、この映画は、好きですね~。うん。
Commented by nandakanda46 at 2008-08-23 16:54 x
結果オーライ、つまり離島でレンタル屋さんはVHSがほとんど。元々本作品のDVDはないのですか。劇場未公開ですか。今日はついてるな~。
(因みに日本ほどDVD化の遅い国はなく案外早いのがスペインです)
Commented by June at 2008-08-24 00:58 x
★ nandakandaさん

そうなのですよ~。DVDになっていないのです。おっしゃるとおり、アメリカではなっているのに。スペインも早いのですか!へ~~~へ~~~。
近所のレンタルショップも、つい2~3年前まではVHSも置いていたのに今では全部DVDになっています。よって「恋のドッグファイト」も「愛と呼ばれるもの」も置いていません。「モスキート・コート」は、なんたって、天下のハリソン・フォードと、最近旬(?)のヘレン・ミレンが出ているせいかいち早くDVDになりました。
Commented by nandakanda46 at 2008-08-24 01:00 x
最初から俗語オンパレードだけど字幕はほどほど。卑猥な話も仲間内だから許容範囲。この手はえてして観ているこちらが照れてしまうケースが多いけどそれをユーモラスに帳消しにするから恨めない。東京の仲間にメールしたらみんな絶賛で知らないのは私だけと言われた(笑)。
Commented by June at 2008-08-25 23:27 x
★ nandakanda46さん

そうでした。最初(といっても2番目か)のシーンは俗語のオンパレードでしたね。やんちゃな若者を演じているようですが、なんだか私にはリヴァーには似合わないというか、無理しているように感じました。

>東京の仲間にメールしたらみんな絶賛で
これってもしかして「恋のドッグファイト」のことですか?
え===!です。 私の友達のなかで知っている人に出会ったことは一度もありません。nandakandaさんのお友達ってどういう方なのでしょう~。もしかして、映画関係とか?
Commented by nandakanda46 at 2008-08-26 00:41 x
東京の連中(私もほんとはそうですよ。たまたま今は離島に来てるんで)がドッグ・ファイトを褒めていたのです。中にはレッドフォードとポワチエが出た?(失念)でも好演していたと言ってました。私は旧いのが専門だしましてやレッドフォードはノー・サンキューだから観てないのです。それから誰も業界関係ではなくただの映画馬鹿ですけど。
Commented by June at 2008-08-27 00:08 x
★ nandakanda 46さん

そうですか。「ドッグファイト」をご存知だとは。うれしいですね~。
お友達にお伝えください。リヴァーファンの一人が喜んでいた、と。

>レッドフォードとポワチエが出た
これは「スニーカーズ」という映画です。私はそれほど印象に残る映画ではありませんでしたが(リヴァーは脇役だったし)好演だったかも知れません(笑) 実はリヴァーはほかに「リトル・ニキータ」という映画でもポアティエと競演していて、わたしはそれで、シドニー・ポアティエの名前を知ったのです。ほんと、映画初心者でごめんなさい。 「リトル・ニキータ」の解説を読むといつも「あの名優、ポアティエと共演!」とあるので、どういう人なのかな~と興味を持ちました。

レッドフォード、ノーサンキューですか? わかる気がします。。。(笑)
私は、彼はずっと大根役者だと思っていたのですが、「追憶」の最後のシーンの表情は「よい!」と思いました~。
Commented by nandakanda46 at 2008-08-27 00:55 x
レッドフォードの事で悪く書くとカミソリの写真付きでコメント来ますよ(笑、マジ)。
Commented by oakpark at 2008-08-27 15:24
★ nandakanda 46さん

なるほど~。 わかります。
エルヴィスファンのおば様がた(自分も十分おばさんだが)のなかにもそういうかたおられます。ちょっとでも否定的なことを言うと、急に叱られたりなんてことが。。。でも、なんだかんだいっても、 レッドフォード、かっこいいですよ。全部見たわけではないけれど、やはり、「追憶」が好きです。衣装も含めて。
Commented by nandakanda46 at 2008-08-28 12:24 x
搭乗の前に2。
R・ベイマーお好きなんですね。言うのどうしようかなと思案したことがあるんです。ドッグファイトを観てて、あれれ「史上最大の作戦」のベイマーにちょっと似ているなと思いました。考えてみればアメリカ兵は皆GIカットだから頭すっきりだから似るかも?。旧い話ね。でも両方、海兵隊。それにしてもミリー・パーキンスもベイマーも泣かず飛ばずで自然消滅、残念。「マリーアー、I just met a girl named マリアー」。名曲は忘れず。
Commented by June at 2008-08-28 22:58 x
★ nandakanda 46さん

『ダイヤルMを廻せ』も『史上最大の作戦』も未見です~。「見たい映画ノート」に書いておきます。そうですね。そういえば、Rベイマー、少しリヴァーに似ているかも。 リヴァーの眉毛が好きなんですよ。眉毛をくいと上げる表情がいいな~、と。 R・ベイマーは「ウエストサイド~」と「アンネの日記」でしか見たことないです。 息の長い俳優さんと、すぐに消えてしまう俳優さんとがいますね。

海兵隊はmarine ですよね。海軍のnavyと仲が悪いのか、「ドッグファイトで」ゲームセンターのようなところで、けんかするシーンがあって、海軍側のメンバーとしてブレンダン・フレイザーが出ていますが、お気づきになりましたか?
Commented by nandakanda46 at 2008-08-29 00:26 x
ブレダン、「ちょっと出」が今じゃ絶好調!。ところで「ダイヤルMを廻せ!」を一回観ただけで理解出来れば尊敬します。「史上最大の作戦」はオール・キャストに唸り今では絶対不可能な当時のプロデューサーの力量に敬服するのみ。(マリアの所、I've just medが正解。'veが抜けてました)
Commented by June at 2008-08-29 20:41 x
★ nandakanda 46さん

ブレンダン、そうみたいですね。最近のコメディ作品は見ていないのですが。 髪の毛を細工しているのではないかと疑っています。だって、昔からそう多そうではなかったもの。 「ダイヤルM~」先ほどレンタルしてきました。私はきっとわからないでしょう。「三つ数えろ」もよくわからなかったくらいなので。「史上最大~」は見当たりませんでした。近所のショップは戦争映画、ウエスタン映画などのとなりがアダルトで、長居できない雰囲気があります。。。
Commented by nandakanda46 at 2008-08-30 01:32 x
深夜便です。今晩は。頼みもしないのに友人がVHSだけど気を利かし「旅立ちの時」を送って来た。さっき。うーん、明日から3週間出掛けるんで朝早いのに。今から観るか思案橋。
Commented by June at 2008-08-30 12:34 x
★ nandakanda46さん

もうおでかけですね。
「旅立ちのとき」は良い作品だと思いますが、ちょっと視点がぶれているようなかんじもありました。夫婦愛、家族愛、親子愛、思春期の恋愛、いろいろ盛り込まれています。お母さん役の女優さんも結構好きです。
Commented by nandakanda46 at 2008-08-30 15:39 x
まさに「旅立ち」に何とか寝ないで観てしまいました。juneさんがいずれupする時に入れるとして、ルメット監督作品とは知りませんでした。『視点がぶれている』とは鋭いですね。ルメットは社会ドラマが得意で晩年からシャロン・テイトの「グロリア」がそうですが娯楽作品は愚作ばかりでこの作品はいわば分岐点のギリギリのところで「良い作品」の範疇に入るのでは。が、「てんこ盛り」って大変ですよ。
Commented by June at 2008-08-30 22:18 x
★ nandakanda 46さん

ご覧になりましたか! そうそう、シドニー・ルメット監督です。今ちと調べたら1924年生まれで、今なお映画を撮ってらっしゃるのですね。『十二人の怒れる男』はよかったですね。

>ばかりでこの作品はいわば分岐点のギリギリのところで「良い作品」の範疇に入るのでは

なるほど~。まさにそんなかんじですね。あの、お母さんの昔の男が訪ねてくるシーンはいらんのではないかと思ってしまいました。お母さん(クリスティン・ラーティ)とそのお父さんのシーンは泣けました。ご存知かどうかリヴァーの相手役のマーサ・トンプソンは『モスキート・コースト」でも共演していて、最初の恋人です♪
Commented by nandakanda46 at 2008-08-30 23:18 x
成程、この作品に限らず要らないいシーンって結構ありますね。ドッグファイトのが私にはウエルカムだな。「モスキトー・コースト」は都会脱出奇人変人以外は有楽町のマリオン(ロード・ショー時)なのに画面がやたら暗かった事だけしか記憶ありまシェーン。すんまへん。
Commented by June at 2008-08-31 23:19 x
★ nandakanda 46 さん

そうですね。わたしも「旅立ちのとき」でリヴァーに興味を持ちましたが、映画の作品的には「恋のドッグファイト」のほうが好きになりました。今でも時々見たくなります。 「モスキート・コースト」を映画館でご覧になったのですか! あれって、興行的にはどうだったのですかね。 破天荒なすとーりーですよね。原作は結構ヒットしたそうですが。 母親役のヘレン・ミレンが「エリザベス」などで、今でも活躍しているのがうれしいです。
あ、それと、リヴァーの一番目の彼女はマーサ・プリンプトンでした。2番目が一般人で3番目がサマンサ・マシスです。
Commented by nandakanda46 at 2008-09-01 00:40 x
子供らが小中学生だから彼らが決めたのは満員で仕方なくモスキトーに。がらがら。リヴァーの恋人の順番までご存知なjuneさんはかなり・・。
Commented by June at 2008-09-01 19:36 x
★ nandakanda 46さん

>モスキート・コースト
約20年前の作品ですね。もうお子さんたち立派に成人されていることでしょう。 小・中学生が見るにはちょっと退屈な映画だったのでは。 お父様と同じく映画好きになられているのでしょうか。 
そうですね~。ファンになると、かなり詳しいところまで知りたくなる性分です(笑)
Commented by Youさん at 2008-09-13 00:42 x
こんなとこに「旅立ちの時」があるのですね。私ビデオなら持ってますよ。家族が最後に街から逃げる時にオヤジさんに残っていいよと言われたリヴァーの顔はとても印象的でした。nanさんの長男の方に雰囲気似てますね。トラックはリヴァーを2周して去って行きました。良い作品ですね。
Commented by June at 2008-09-13 10:17 x
★ You さん

おはようございます!
え?え?え?え~~~?
リヴァーがnandakanda さんのご長男さんに似ている???
ぜひお会いしたいですね~、な~んて。  
Youさん、この映画のDVDを持ってらっしゃるのですか!私ももちろん持っていますよ~。リヴァーの作品は13作品、一応全部持っています~。「旅立ちのとき」を初めて見たとき、このラストシーンで号泣してしまいました。あの、なんともいえないリヴァーの表情がよかったです。

これを観たときはまだ子供が小さかったのですが、今、上の子が高校生になり反抗期もあり、この映画の両親の気持ちが少しわかる気がします。
Commented by Youさん at 2008-09-13 10:43 x
早起きして「旅立ちの時」を見ました。僕のはビデオテープです。字幕で「見れます」じゃなくて「見られます」が正解的な会話がありますけどそんな以前から社会問題?だったとは。考えれば親の犠牲になるのはここでも出てきたモスキトーコーストと麻原の娘?ですかね。見てて思ったのはnanさんのとこの長男さんでやっぱ寂しい感じが似てて髪が短いと金城武にもそっくりだ。オファーがあったけどnanさんは厳しい人だから行かせなかった。勿体ない。
Commented by June at 2008-09-13 14:26 x
★ You さん

そうなんです。「見れます」じゃなくて「見られます」ですよね~。
私も一応気になりつつ、ついつい「見れます」としちゃいます。うちの娘なんて「言葉は変わっていくものだから、そのうち「ら」抜き言葉が普通になるんじゃない?」なんてノーテンキなことを言っています。。。 「見る」と「観る」の使い分けも気になっているのです。以後気をつけます~。

親の影響力ってむずかしいですね。オリンピックなどを見ていると「親のスパルタ教育があったおかげかな」と思えるパターンもありますし。力のいれどころと抜きどころが難しいと感じる今日この頃です。

へ~、そうなのですか。私、画面上では「寂しいかんじ」に惹かれます。でも、一緒に暮らすには「明るい感じ」のほうが楽かな~。
Commented by nandakanda46 at 2008-09-18 22:37 x
juneさん、今晩は。異常気象で嫌になりますね。ちょっと書きにくいけど「旅立ちの時」で父親が彼女を評価していてリヴァーに「もう寝たか」と聞きますね。どきっとしたから何と喋ったか聞きもらしましたけど(笑)。
うちも男子が2名だったからそれぞれの彼女はじつ~に何回も遊びに来てもシャイな私は全く質問出来ませんでしたね(赤!)。いずれYouさんから借りて実際はなんて言ってるか確認しますけど。字幕だけだったりして。
Commented by June at 2008-09-19 00:30 x
★ nandakanda 46 さん

「旅立ちのとき」ですが、つい先日私も久しぶりに観ました。やはり良い映画だなあと思いました。元の仲間が訪ねてくるシーンもいらないと思っていたけれど、あれがあったからこそ、最後のラジオニュースの意味がわかるのであって、ニュースがあったからこそお父さんの翻意があったのですよね。どのシーンもやはり必要だわ。子供が思春期を迎えた今観るとまた違った感じを持ちました。

あのシーンはたしか「ローナだろ」とお父さんがいい、リヴァーが軽くうなづき、おとうさんが「あの子は元気があっていい」と言ったのだと思います。リヴァーはすぐ部屋に行こうとするのだけれど戻ってきてお父さんに抱きつきますね。お母さんにも抱きつくシーンがあるし。スキンシップを好むリヴァーらしい演技だなあ思います。お父さんと二人の会話は、あれだけできっと「もうねたのか」という意味になるのでしょうね。男同士だし。でもあれって高校3年生でしょ。そんなものなんですかねえ~。 

うちの長女もそうのうち彼氏なんて連れ来るのでしょうか。EXILEのボーカル(丸刈りのほう)のファンなので、あまりビジュアルにはこだわりがなさそうです(笑)。
Commented by nandakanda46 at 2009-07-17 13:09 x
juneさん、こんにちは。
言い忘れていました。
昨晩、『旅立ちの時』、また観ましたよ。
20年前にこんな良心作品があったなんて!。最近のハリウッドの堕落さと大違い!。かの黒澤が観ないといけない映画と言ったらしいですね。
★そして、はようアップして。
Commented by oakpark at 2009-07-17 22:22
♪ nandakanda さん

おお~そうですか!うれしいです!
「旅立ちのとき」は今まで見た映画でベストとは言わないけれど、私を映画の世界に引き入れてくれた思い出の作品なのです。親子愛、夫婦愛、兄弟愛、恋愛、が瑞々しく丁寧に描かれていますよね。そのときの私の心理状況にも関係があったのかもしれないけれど深く心打たれました。そうですね~、いつかアップするといいながら、まだしていませんでしたね。リヴァーの誕生日あたりにアップしようかな。
黒澤監督がそんなことを言ったのですが?どこ情報ですか?うれしいですね~。
Commented by nandakanda46 at 2009-07-17 23:23 x
今晩は。
黒澤の件は僕の好きなコメンテイターがいる「CinemaScape」に載っていました。毎晩、今頃はエラーばかりでなかなか繋がりませんよ。
Commented by June at 2009-07-19 20:31 x
♪ nandakanda さん

コメント、遅くなりました。すみません。
そうですか。「Cinema Scape」というサイトですね。リヴァー関係はかなり詳しくチェックしていたつもりですが、それは知りませんでした。蜷川幸雄さんが嵐(ジャニーズ)の二宮和也さんに「日本のリヴァー・フェニックスになれ」と言った、と聞いたときには、二宮和也ってだれだろう~とリヴァーファン一同注目していましたヨ。

<< 言ってもらいたいのよ♪ ... 映画「イン・ハー・シューズ」(... >>