いつか行ってみたいウインブルドン   

今年のウインブルドンは、女子がスペインのムグルサ選手、男子がスイスのフェデラー選手の優勝で終わった。35歳のフェデラー、強かった! 私は特にフェデラー選手のファンというわけではなかったが(私の周りのテニスファンには多い)、最近、お母様が南アフリカ出身という関係からアフリカのために基金を設立したり慈善事業をしているということを知り、一気に好感度が上がった。家族思いであるということも昨日のテレビ放送で知った。二組の双子のお父さんで、8歳の女の子たち、3歳の男の子たちが、何度もテレビ画面に映っていたが、きれいなお洋服を着せられているものの、その振る舞いは、どこにでもいる無邪気な子供たちそのもので(お行儀が特に良いというわけではない)、それがまた好印象だった。そもそも、3歳年上の奥さん、ミルカさんが、いつも試合観戦をしているのが素晴らしい。とっても仲が良いし、奥さんもテニスが大好きで、それは、フェデラー氏にとってもとても良いことなのだと思う。我が家なんて、夫がしょっちゅうシニアの水泳の大会にでているが一度も見に行ったことがない。一回くらい見に行こうかしら。

一方、女子のムグルサ選手は、スマートで攻撃的なテニスをしていた。第一セットはビーナスと拮抗していたが、第2セットはあっさりととったようだ。「ようだ」というのは、その時間、長女と次女から時間差で駅に迎えに来てほしいと連絡があり、20分くらい離れていた間に勝負が決まってしまっていたのだ! せっかく集中して観戦していたのに~

テニスと私の関係は今が一番いい感じかも? いろんなスポーツを見るのが好きで、スポーツ全般何でも好きだが、やはり、中学の時に出会ったテニスが一番自分に近いと思える。振り返ってみると、なぜあの時テニスだったのか。 小学生のときはバレーボールが大好きだった。バレーボール漫画が隆盛だったし、よく友達とバレーボールで遊んでいた。中学生になったらバレーボール部に入ろうと思っていた。でもある時、おぼろげな記憶ではあるが、近所に住む、やすこちゃんという大好きな友達が、テニスの話をして、がぜん興味を持った。父が英語が好きで、洋物が好きだったことも影響があるかも。日本人のテニス選手なんて誰ひとり知らなかったし、テニスというスポーツがどういうものかも一切知らなかったが、なんとなくかっこよさげだと思った記憶がある。女子のウェアもいいなあと思ったし。うん、それが原点かも。結局そこだな、きっと。 中学に入って部活でテニスを始めても、練習はブルマーと体操着、ラケットなんて触らせてもらえず、球拾いばかり。初めてラケットを持った時もうれしかったが、それ以上に初めてテニスウエアを買いに行ったときはもっと嬉しかったもの。芦屋のテニスショップでしたね。何人かの友達と一緒に行ったな。

なるほど。記憶を掘り起こしてみれは、そういうミーハーな動機だったから、いつまでたっても上手にならなかったのね。でも、まあ、それでいいじゃん。ここまでまだ続けているのだから。この前も、テニスのレッスンで、同じクラスの知らないおばさまから(自分もおばさんだが)、「あなた足長いね」と言われて、うれしかった。おニューのナイキの紫のスコートが足長効果だったのかも。これからも、ウェアを楽しみながら、体調に気を付けながら、ぼちぼちテニスを続けていこうと思ってます。テニス万歳!

ところで、ふと思ったのですが、ムグルサ選手って、少し錦織選手に似てませんか? この写真とか。
e0123392_09333339.png

あー、いつかウインブルドンに行ってみたいなあ。緑の芝、白いウエアがノスタルジーも掻き立てていいなあと思う。ただ、ぼーっと見てるとかどっちがどっちかわからなくなるけどね。

by oakpark | 2017-07-17 08:55 | テニス! | Comments(0)

<< 映画「エブリバディ ウォンツ サム」 本「あの頃早稲田で」 >>