イベントいろいろ   

気持ちの良い季節です。
もう少ししたら梅雨になり、あつ~~い夏になります。
今のうちにいろいろやっておきたい。部屋の掃除や衣替えやいろいろ。と思うのですが、気持ちの良い季節だけにイベントも多い。先週は、最近特に気になっている映画評論家の町山智浩さんの講演会に行き、神宮球場にヤクルト阪神戦を見にいき、本日は恒例のエルヴィスイベント。 おかげで、仕事にしわ寄せがきて、超過密スケジュールの一週間でした。なにやってんだか、です。

でも、全部楽しかったです。
町山さんのイベントは、今回は映画の話ではなくて、アメリカ大統領選の話。アメリカ在住の町山さんだからこそ語れる裏話をいろいろ聞かせてくれました。 特に、トランプ氏の話は興味深かった。彼は、いわゆるポピュリストで、彼自身が明確な信念を持っているわけではない。 共和党から出馬しているが、打ち出している政策はどちらかというと民主党寄りである。 共和党の指名が確定し、本格的に大統領選を戦う段階になってきたので、今後言うことを変えていく可能性もある、などなど。白人の労働者階級が多く住む、オハイオ州、ペンシルベニア州あたりで、トランプが票を獲得すると、もしかしたら?の事態も起こりうる、というようなお話でした。そもそも、アメリカで貧富の差が広がりすぎていることが様々な歪みや問題を引き起こしているのでしょうね。アメリカ合衆国の大統領は、米軍の最高司令官(Commander in Chief)でもあるので、良識ある判断ができる人物になってほしいものです。
町山さんの新刊をその場で購入しました。面白そう。。
e0123392_0374912.jpg


本日の日本橋公会堂でのエルヴィスイベントは、映画「カリフォルニア万歳」と「イン・コンサート」。あれ?前回も同じ映画じゃなかったっけ?と思ったのですが、前回は「フロリダ万歳」でした。もう、紛らわしいんだから。しかも同じ女優さん、シェリー・フェブレイが出ているし。この映画も、まあにぎやかな、いい加減なストーリーの映画で。。。。。エルヴィスもやる気ないのか、すごいセリフが棒読み。でもね、やはり、歌はいいのですよ。ほんと。one of my favorite songs のこの曲もこの映画の中の挿入歌です。


どれだけにぎやかかというと、こんな感じ。 当時の若い女性のファッションやダンスがわかっていいでしょ。なかなか残っていないですよ、エルヴィス以外の映画では。どの女優さんが(ダンサー?エキストラ?)がどんな動きをするのか全部決められていたのかなあ、何度もエルヴィスの隣になる人もいるのですよね。。。。。


そして、そのあとで観た「イン・コンサート」は、観るのがつらい。エルヴィスのファンになった当初も、なかなか観ることができなかった映像です。ただ、(見た目が)かっこよくないエルヴィスだからこそ人間味があふれ、胸を打つ映像とも言えます。お父さんを「病気がやっと回復して僕のコンサートに来てくれたんだよ。ほら、ここに上がっておいでよ」と舞台に引っ張り出して肩を組むシーン。この、2か月後に自分がいってしまうなんて。客席に座る恋人のジンジャーを「恋人のジンジャーです」と紹介するシーンもかわいい。私の大好きな曲「知りたくないの」は、ずっと1970年の録音が好きだった。でも今日聞いた77年のもやはりいい。さらに哀愁がある。
ちょっとつらい映像だけれど、紹介します。


この映画の最後に、お父さんのヴァーノンがエルヴィスの死後届いたたくさんの贈り物や手紙の山の中で、ファンにお礼を言う映像が入っていて、さらにつらい。 本日のイベントもここで終わるのはあまりにつらいということで、最後に「オンステージ」から数曲流してくださいました。
昨日のオバマ大統領の沖縄訪問時にもずっと付き添っていったキャロライン駐日アメリカ大使のことを歌ったニールヤング原曲の「スィート キャロライン」も流れました。


そしてみんな満足して帰路につきました。次のエルヴィスイベントは8月です!

by oakpark | 2016-05-29 00:50 | 日常生活 | Comments(4)

Commented by macon at 2016-05-29 02:16 x
SPINOUTなど、この時期のこういう振付のシーン、私は、テリー・ガー探しをして楽しみます。後にアカデミー賞にもノミネートされたコメディエンヌですが、その他大勢ダンサーでエルヴィス映画9本やったそうですから。ここでは赤い上下のパンツ姿でブロンドショートカットの人ではないかと…。
Commented by TNelvis at 2016-05-29 15:12 x
久しぶりにコメントさせてください。
日本橋公会堂に私もおりました。
・"Spinout"、久しぶりに見ましたが、今でも十分に楽しめました。
 ハチャメチャなストーリなのが、逆にエルヴィス映画らしくて
 微笑ましいです。
・挿入歌はわたしも好きです。
 リズム感のある曲も、スローバラードも、いずれもエルヴィス・
 サウンドそのもので、素晴らしいです。
・「イン・コンサート」は私も77年10月に見て以来、
 もう見れなくて封印してました。
 2年前に見ざるを得ないこととなり、封印を解きました。
 今はエルヴィスが最後まで歌を、ファンを、愛し楽しんでいる
 ことがわかり、安心して見れるようになりました。
・エル友にもたくさん会えて、満足して帰途に着きました。
 
Commented by oakpark at 2016-05-31 21:14
♪ macon さん

テリー・ガーを調べてみました。150本も映画に出ているのですね。エルヴィス以外の俳優さんたちに注目しながら見るのも楽しいですね。最近の刺激の強い映画と比べると、この時代の映画はキラキラしていて楽しそうですね。たまにはこういう映画を見るのもいいなあ、と思いました。テリー・ガーの名前を教えてくださってありがとうございます。
Commented by oakpark at 2016-05-31 21:21
♪ TNelvisさま

イベントに来られていたのですね。私も、意外に'Spin Out' 楽しめました。エルヴィスのスーツ姿もかっこよかったですね。Am I Ready? という曲もよかったです~~。 「イン コンサート」は女性にはちょっと辛いですよね。男性ファンの方はあまり気になさっていないようにも思いますが。77年から2年前まで封印されていたとは。私も観るのにかなりの時間を要しました。でも、一生懸命心を込めて歌うエルヴィスは、どの時代も素敵ですね。

<< ツタヤ代官山 「洋楽を聴く会」というのに行ってきた >>