めちゃくちゃかっこいいニール・キャフリー(「ホワイト・カラー」の)   

引き続き、米テレビドラマ「ホワイト・カラー」のDVDをちびちびと見ています。現在第5巻10話まで観ました。本国アメリカでは第3シーズンが2月28日(火)に最終回を迎えました。第4シーズンも製作が決まっているようなので楽しみ。 DVDはまだ第2シーズンまでしかなく、一気に見てしまうとあとがなくなりさびしいので、少しずつ、最近は一週間に1巻のペースで観ています。

第1シーズンの最終回であんなことになり、ニールとピーターの信頼関係はどうなるのか?と心配しつつ始まった第2シーズンもようやく落ち着きを見せ、実生活で妊娠出産をしていて出番の減っていたピーターの奥さん役、ティファニー・ティーセン以外のレギュラーキャストは出番が増え存在感を増し、新しいメンバーがゲストも出演してますます面白いストーリー展開になってきています。

前回「ホワイト・カラー」のことを書いたとき、第5巻の10話でやられた、と書きましたが、第2シーズンもやはり第5巻の9話「次の標的 (Point Blank)」が、すっごくよかった。ニールかっこよすぎ。ここまでずっとピーターとうまくやってきたのに、この回ではあれ~~~、ニール、そんなことしちゃって!!な展開です。恋人のことが絡むと冷静でいられなくなるのね。でもやはり人はお行儀がいいだけではつまんない。〈ワル〉なときほど、かっこいい。だからみんな〈ワル〉に憧れるのかしら。今回のニールは、めっちゃ〈ワル〉でアブナイのです。ニール風にスタイリッシュに、しかし苦悩を滲ませて〈ワル〉な行為に及ぶその姿に胸キュンでございます。この’〈ワル〉な行為シーン’では音楽もいい。それまでインストルメンタルだったのがこのシーンだけ、ボーカル入りのかっこいい音楽に変わります。センスがいいわ!
e0123392_06693.jpg

e0123392_062871.jpg



それにしても、どんなシチュエーションでもニールのファッションは完璧です。FBIに雇われた元詐欺師のニールですが、ほとんどの場合スーツを着ています。アイテムとしては、シャツとネクタイとベストとスーツと帽子。それだけなのに、毎回組み合わせに工夫がこなされているのがよくわかります。スタイリストはStephanie Maslansky という人みたい。この人のセンスが私の好みともあっているようで、毎回ニールのファッションを見ては、いいわ~とうなっています。黒ではなく青や濃紺を多く使っているのが特徴のように思います。女性陣も紺をよく着ています。私の好きな水玉のネクタイもよく出てくる。これも渋い。かなり上級の着こなし。紺のシャツ少し濃い紺のネクタイ、そしてジャケットも紺だったと思う。日本人には難しい着こなしかも。
e0123392_09830.jpg

いつものニールはこういう青いシャツが多い。ネクタイピンのデザインがおもしろい。
e0123392_095135.jpg

青以外に薄い紫やピンクのシャツもよく似合う。黄色系のシャツはまだ見たことがない気がするな。夏のシーンではこんな着こなしあった。マルチカラーのベルトも私の好み。いつも胸にはポケットチーフ。ポケットチーフも、上のようにほんの少しだけ見えるだけのときもあれば、下のようにふわりとたくさん見せているときもある。
e0123392_0105171.jpg

e0123392_0152696.jpg

ニール演じるマット・ボマーはどこかのインタビューで、「今回の役で、いろいろ着こなしの勉強もしている。普段はTシャツにジーンズタイプだから」と語っていました。紳士服の着こなしも奥が深いね~。

そういえば、マット・ボマーはついに2月14日(バレンタインデー!)に公の場で自分がゲイであることをオープンにしました。ほんのさりげなくですが。ある賞を受賞したときに、最後にこういうフレーズでスピーチをしめたのです。I’d really especially like to thank my beautiful family: Simon, Kit, Walker, Henry. Thank you for teaching me what unconditional love is. You will always be my proudest accomplishment.”(ぼくのすばらしい家族にも謝意を表したい。サイモンと、キット・ウォーカー、ヘンリー、僕に無条件の愛のすばらしさを教えてくれてありがとう。君たち家族のことをいつも誇りに思っているよ) 名前の挙がった4名は全員男性だっちゅうの。あとの三人は幼い子供ですが。

にしても、ゲイだということが気にならないくらい、ドラマの中ではかっこいいマット・ボマー君であります。こういう存在って今まであまりなかったような? まあ、今後どんなふうにキャリアを伸ばしていくか見もの(ちょっと心配)ではありますが。人間以外の役もできるような気がします。ヴァンパイヤとかスーパーマンとか。そういうのだと、あまり関係ないでしょ。あと、私としては1920年代あたりが舞台になった映画とかに出て欲しいなあ。

今回の「ホワイト・カラー」のニール役は苦労して勝ち取った役のようだし、熱演ぶりから、私は、なぜか、やはり大好きでいつも楽しみに観ている「カーネーション」の尾野真千子と重ね合わせてしまうんですよね。全然違うけれど。

人物設定もストーリーもファッションもインテリアも音楽も全てが気に入ってしまった「ホワイト・カラー」ですが、同じエピソードを3回は観ています。1回目は英語字幕で、2回目は日本語字幕、3回目にもう一度英語字幕。するとストーリーの流れがよくわかります。それに犯罪用語をいくつか覚えました。 tip off (密告する)fence(盗品売人)heist(強盗)scam (悪だくみ)なんて、何度も何度も出てきましたよ~。第2シーズンもお薦めです!

そうそう、第3シーズンではスタイリストが変わったそう。ファッションも注目している私としてはさらに楽しみ。はやくDVDになって欲しいです。

by oakpark | 2012-03-03 00:11 | 海外テレビドラマ | Comments(3)

Commented by ユッキー at 2012-03-03 11:39 x
うなるね。かっこいい。ここまで、かっこいい人、そこらは、歩いてないよね。映画のみでしょう。いいなぁ~~。映画だけでも、観られて。こっちの映画、暴力シーンが多くて、観ちゃあ、いられない。TVドラマも。あ~あ。またしても、ため息が残るだけです。

今日も、あっちっち。今日は、ランチがてら、日本から来てる若いカップルと近くの「アートビレッジ」に、行きます。いろんなアーティストがそこに住みながらアトリエで製作、販売をしているんです。静かな空間が、大好き。歩いて5分。行ってきます。
Commented by ユッキー at 2012-03-03 11:52 x
追伸です。
あのね。わたしのお気に入りシンガー。Robin Gibb Juliet で、Youtube観て、みてちょうだい。めがねかけて、オーケストラで歌ってるやつです。はじめに、ちらちらって映るドラマーのお兄さんがニールに、ちょっこし、似てるでしょ。わたし、彼で、がまんしま~~す(笑)
Commented by oakpark at 2012-03-03 16:59
ユッキーさん

聴きましたよ! ビージーズのメンバーの方ですね。ドラマーのお兄さんも見ました。う~ん、眉毛から目にかけてちょっと似ているかな。ニールのほうがもっと顔が細いですが。ユッキーさんは以前にイル・ディーボもお好きとおっしゃっていなかってでしたっけ?渋い好みです~。最近来日して話題になっていましたよ。

音楽とかアートとかって、生物として生きていくのに必須なものではないかもしれないけれど、人として豊かな気分にしてくれる、やはりなくてはならないものですよね。 私、「ホワイト・カラー」に出会えてよかったわ♪

そうそう「ホワイト・カラー」は犯罪もののドラマなのにほとんど暴力シーンがないのです。ニールも銃が嫌いという設定だし。なので、今回のエピソードは「よほどのこと」なのですよ。クリーンでスタイリッシュなので、夫婦で気に入っています。

<< 「ホワイト・カラー」シーズン2... パンのはなし   (その2) >>