マイケルとフレディ   

音楽ネタ続きます。
マイケル・ジャクソンの「This Is It」を観てきました!
e0123392_22201276.jpg


エルヴィスファンの方たちがブログなどで、とても褒めていたので、これは絶対観なければ、と思いまして、映画仲間のお友達を誘い、何とか時間をやりくりして観て来ました。映画館が満員なのを見るのは久しぶりだったかも。前のほうの席しか空いていなくて、大画面を見上げる格好でしたが、これがかえってよかったのです。大迫力でマイケルのステージを堪能できました。とってもよかった。感動しました。

ロンドンで開かれる予定だったコンサートのリハーサル映像から構成された映画と聞いていたので、きっと、うまいことつぎはぎして、過去の映像なども挿入しながら、感動的に仕上げているんだろう、などとたかをくくっていたのですが、全くそうではありませんでした。正味リハーサル映像のみ。一箇所、マイケルがジャクソン・ファイブ時代の名曲、'I Will Be There' をリハーサルしているときだけ、過去の映像が流れましたが、それ以外は、2009年のマイケルでした。

私はマイケル・ジャクソンのことはあまり知らないので、もしかしたら全盛期の頃と比べると、少しは衰えているのかもしれないけれど、私の目には、今でも十分凄いマイケルがそこにはいました。歌ももちろんいいのですが、ダンスがすばらしい。きびきびとリズミカルに独創的に動くマイケル。厳しいオーディションをくぐり抜けたマッチョな(意外!)ダンサーたちを従えて、全く遜色なく、いや、彼らをリードする形で動くマイケル。曲が終わっても息が全然乱れていない。ダンサーたちは肩で息しているのに。 そういう映像だけを使っているのかもしれないけれど、元気で若々しいマイケルがそこにいました。これで50才だなんて! すらっと細くて足が長く、手が大きいのですね。だから動きが映えるのです。こんなふうなアーティストだったんだなあ、と改めて思いました。

しめっぽい演出などもいっさいなかったけれど、私がちょっとうるっと来たのは、やはり、'I Will Be There 'のリハーサルのときに、家族の名前を口にしたとき。兄弟には「愛しているよ」と、そして両親には 'God Bless You’ と言っていました。きっと、このコンサートを自分のアーティスト人生の集大成にするつもりだったのでしょうね。だから、これほど、念入りに丹念にリハーサルを重ねたのでしょう。ステージの演出もすばらしいものになるはずだったようです。でも、この極度の入れ込みが、もしかしたら彼の寿命を縮めてしまったのかもしれません。

I Will be There (大人のマイケル)
I Will Be There (子どものマイケル)

一緒に行った友達は、マイケルが若い女性ギタリストに「ここは君の見せ場なんだから、もっと目立つ音を出して。僕はここにいるから」(うろ覚えなので、少しせりふが違っているかも)、と言ったときにうるっと来たと言っていました。他にも、’共演者’をたてようとしているシーンがありましたねえ。多くの人がそう言っているように、優しい人だったんだなあ、と私も思いました。突飛で奇抜だけれど、心根は優しい人だったのだと思います。

そういえば、そういう人がもう一人いました。今日11月24日が命日の、Queenのフレディ・マーキュリーです。フレディもマイケルに負けず劣らず奇抜で、でも同時にとても繊細で優しい心を持った人だったと思います。今日、次女をピアノに送っていく車のカーラジオでQueen 特集をやっていて、なんとも言えず懐かしい気分に浸ってしまいました(一時とてもファンだったので)。久しぶりに聞いた、初期の曲、'Keep Yourself Alive’がかっこよかった。ブライアン・メイ作曲だけあって、ギターが独特。 

マイケルとフレディ、少し似ているところがあるようにも思えるこの二人、意気投合して共演しようとした時期もあるのです。私が知っている範囲では、「ステイト・オブ・ショック」という曲と、フレディのソロアルバムに入っている曲、「There Must be More to Life Than This」を一緒に歌っています。他もにあるのかもしれません。この二人、並べると濃いわ~。


今頃二人は、空の上で、また一緒に歌っているかもしれませんね。

by oakpark | 2009-11-24 23:26 | 映画 | Comments(4)

Commented by そしてごっどはんど at 2009-11-25 16:50 x
おぉ、観ましたね、『THIS IS IT』

>少しは衰えているのかもしれないけれど
衰えは一切見られませんでした。
むしろ、歌もダンスも進化しているという
印象を受けました。

この映画により、ゴシップに隠れてしまっていた
マイケルの純粋さやヴィジョン、メッセージを
多くの人が知るきっかけになり、
さらに楽曲やパフォーマンスが再評価されている様子で
とても嬉しく思っています。
Commented by June at 2009-11-25 23:53 x
♪ そしてごっどはんどさん

観て来ましたよ~。 劇場では、歌手のS条H樹さんをみかけました。ご家族で来られていました。

歌もダンスも進化しているのですか!
私は、マイケル・ジャクソンがこんなにすばらしいダンサーだとはしりませんでした。動きにオリジナリティがありますよね。日々、鏡の前で研究していたのでしょうか。

>マイケルの純粋さやヴィジョン、メッセージ
そして、音楽への情熱ですよね。本当に音楽を愛している人だと感じました。

この映画を観て、「That's the Way It Is」を観たくなるかなと思いましたが、そうはならず(笑)、フレディのことを思い出しました。久しぶりにQueenCDを出してきて聴いたりしていました。

私の周りにも観にいきたいのに時間がないという人が多いので、もう少し上映期間が長ければいいのに、と思いましたよ。
Commented by yaya at 2009-11-26 00:43 x
評判がいいのでロングランになるんじゃないかと勝手に思っていたら、地元ではなんと明後日で終わり。
明日は無理なので最終日に行くことにしましたよ~(・_・;)

先日、深夜にNHKで保存版とかでかなり長い時間やってましたね。
「スリラー」も「バッド」もそれぞれ16分フルで流してくれてました。
どれもダンスに目を奪われました~。
ポール・マッカトニーとの共演もあリましたっけ(^^)
Commented by June at 2009-11-26 15:26 x
♪ yaya さん

うちの近所の映画館も27日までのようです。DVDになるのを待つという向きもありますが、この映画はやはり映画館で観たほうがよいみたいです。 音楽が好きな人は誰でも、好みは分かれるにしても、これを観ると
なにかしら感じるところがあると思います。

私は、ここで言っちゃうと、歌唱力はそれほどでもないなあ、なんて思ったりもするのです(ファンの方ごめんなさい)。以前にフレディと共演した音源を聞いたときも、フレディのほうがずっとうまいなあ~と思いました。でも、この映画を観て、マイケルのダンスのオリジナリティや、演出力、その他もろもろ、感じ入るところがあり、やはり、偉大なスターだったと思わずに入られませんでした。

音楽鑑賞の歴史が長くて深いyayaさんがどんな感想をもたれるかとっても興味があります。ぜひ教教えてくださいね。この映画鑑賞後「That's the Way It Is」を観たくなったかどうかも含めて(笑)。

<< 感動しました! 30年ぶりの再会 変わらないスタイル~ 「アリス... >>